画像: 実は大学生が危険? SNS時代におけるデジタルリテラシーの高め方

実は大学生が危険? SNS時代におけるデジタルリテラシーの高め方

フェイスブック ジャパンは17日、FacebookやInstagramの利用者にプライバシーやセキュリティーに関する意識を高めてもらおうと、表参道に期間限定カフェ「Facebook Cafe」をオープン。来店者はスイーツを味わいながら、SNSを安心・安全に使うための知識を学ぶことができる。オープン初日のメディア向けイベントでは、講演やトークセッションが行われ、デジタルプライバシーやリテラシーについて議論が交わされた。
はじめに、フェイスブック ジャパン 公共政策統括の小堀恭志氏は、日本におけるFacebookのプライバシーとセキュリティの取り組みを語った。欧米では、利用者に向けたイベント「It’s your facebook」を展開し、プライバシーツールの設定方法や、プラットフォームとしての活用をリアルな場面で積極的に提案しているという。
日本においては、シニア向けや保護者、教育者向けのレッスン・ガイドはあったものの、今回は、広く一般の利用者向けに、日本初となるカフェのオープンで、プライバシーやセキュリティー管理の意識を高めるイベントを展開した。カフェでは、アカウントを保護するための2段階認証の方法や、プライバシーセンターへのアクセスで、広告範囲や閲覧可能範囲などの設定を見直すことができ、安全・安心に利用するためのねらいを語った。
つづくトークセッションでは、デジタルプライバシーに詳しい株式会社企 代表取締役のクロサカタツヤ氏と、HIGH(er) magazine編集長のharu.が登壇。専門家とデジタル世代によってSNS利用の現状や未来についての議論が交わされた。
クロサカは、若い世代のデジタルリテラシーについて、実は世代によって認識が少し違うことを指摘。現在の小中高校生は、生まれた頃からスマートフォンが存在し、学校のリテラシー教育も充実しているという。一方で、見過ごされがちなのが大学生世代。「リテラシー教育をあまり受けてこなかった世代。でも年齢的には、18歳以上で、理解はあるはずだと判断されてしまう。リテラシーを学ぶ機会が少なかったのではないか」と分析した。
自身も大学を卒業したばかりのharu.も「友人で許可なしに載せてしまう人が多く、発言も気になる。自由に発言できることと、発言に責任を持つことのバランスが偏っているのではないか」と警鐘を鳴らした。「毎日のように使っているのに、友人同士でプライバシーやセキュリティー話はあまりしてこなかった。こうしたイベントをきっかけに、どこまで自分の発言を流すのか、コメントを管理するのか、といった自分の状況を話せるのは大事だと思う」と語った。
議論は、SNSの未来にも及んだ。国内では、2020年に向けた個人情報保護法の見直しが始まっている。ただ、クロサカは、「法律は罰することはできるが、守ってくれることは、実は少ない。プライバシーやセキュリティーの理解・対処を、変化を受け止めながら自身で理解することが大事」と予防策の必要性を訴えた。
Facebookが日本に登場して、まもなく11年。SNSにおけるコミュニケーションが当たり前となるなか、プライバシーの保護やセキュリティー管理は、誰しも考えるべき重要な問題になっている。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.