画像: 趣味合わないカップルに聞く【相手の“不思議”受け入れ法】

趣味合わないカップルに聞く【相手の“不思議”受け入れ法】

世の中のカップルは何か共通の趣味がきっかけでくっつくことが大半だろう。しかし、何から何まで趣味や好みが一緒というカップルはそうはいない。付き合い始めて初めて分かったパートナーのあんな癖こんな癖。我慢できずに別れてしまうカップルも多いだろうが、ちょっと待て! 世の中には正反対の嗜好を持ちながらも互いに理解しあって楽しく生活するカップルもいる。そんな3組のカップルに相手の「不思議」を受け入れるコツを聞いてみた。
CASE.1「ペットの好みが違いすぎるカップル」
自宅にヘビ5匹を飼う畠山幸子さん。ヘビと暮らす生活は一体どういったものなのか?果たしてご主人は受け入れているのか?本人に暮らしぶりを聞いてみた。
――ご自宅にヘビを飼っているとか?
神社で龍を見たのをきっかけに、龍に似て縁起がいいヘビを飼ってみようと思い立ちました。ピンクやラベンダーなど、きれいな色のヘビがいて可愛いんですよ。家に5匹いますが、一番上が9才のオスのミルキーちゃん。鳴き声もないし、散歩に行かせる必要もないので、すごく飼いやすいんですよ。
――ご主人は畠山さんのヘビ好きをどう思っているんでしょう?
実は20歳年上の主人。最初は驚いていましたが、ヘビに出会ったのも「ご縁だね」と温かく受け入れてくれています。夜行性なので夜中にガサガサ音がしたり、トイレの臭いを嫌がることもありますが、今では職場でネタにしているみたい。大変なのは、月に一度の餌やり。冷凍のマウスを袋から取り出して、解凍して与えています。たまに私が忙しい時に餌やりをお願いすると、「それだけは絶対いやだ!」と断ってきます。普段餌用のマウスはビニール袋や新聞紙に包んで見えないように保存しているんですけどね。私は慣れちゃいましたけど、やっぱりハードルが高いみたいです。
――マウスの餌やりは確かにインパクトがあるかも... でも畠山さんの話ぶりはとっても楽しそう。お互いどうやって受け入れているんでしょう?
相手が絶対に譲れない事、たとえば主人なら「餌やりは嫌」ということは守ってあげるようにしています。相手の最低限の要求を受け入れることが、お互いを尊重することではないですかね。あとは、ちょっと変わった趣味があっても、それも含めて丸ごと愛されるのがポイントかもしれないです!
CASE.2「たばこのにおいがどうしてもだめな妻」
最近ますます拡大する禁煙エリア。なんとなく肩身の狭い思いをする愛煙家も多いのでは?そんななか、独自にマイルールを決めて、ご家族と円満にたばこライフを楽しむ高久仁さんに、その秘訣を聞いた。
――長年たばこがお好きなようですね。
もう20年以上愛煙しています。仕事中、たばこを吸うことが自分の休憩のタイミングで、唯一のリラックスタイムなんですよね。あと、ほかの部署の人と話ができたり、喫煙所が職場の人とのコミュニケーションスペースになっていました。それが習慣になっている感じですね。
――ご自宅で吸われるときは、奥様に何か言われますか?
特に言われることはないです。ただ、妻は病院に勤めているので、臭いについてはけっこう言われますね。娘もカフェや結婚式場で働いていたりするので、洋服に臭いがつくのを気にしているみたい。
――確かに、たばこの臭いが気になる方は多いですよね。喫煙スタイルも変わったそうですね?
それまでは、あまり場所を気にせずベランダとかで吸っていたんですけど、妻が妊娠したときに変わりました。子供たちの健康を考えて、たばこを吸う場所を決めました。基本的に自宅2階のトイレと、自分の部屋だけ。家族みんなが生活する場所や子供がいる所では吸わないです。
――奥さまに言われて変えたんですか?
いえ、家を建てるときに自分で作ったルールです。今でもそうですね。とはいえ、長時間のドライブなどではやっぱり吸いたくなります。そんなときは、プルーム・テックを愛用中。煙や臭いが気にならないので車の中でも吸えるし、奥さんも嫌がらないのでプルーム・テックならリビングでも吸えますね。そうやって場所や使い方のマイルールを作っています。
CASE.3「ギャンブルはレジャーと言い張る夫」
鈴木博子さん(仮名)のご夫婦は旦那さんがギャンブル大好きで奥さんは大嫌いというカップル。
――旦那さんが結婚前からギャンブルが好きというのは知っていました?
知っていたんですが、まさかここまでとは思っていませんでした。
――どこかからお金を借りてまでとか?
基本的にはそこそこ当たる人なので、その部分では今のところは問題ないんですけど...。その言い草が気に食わないというか(笑)。だいたい土日で2万円くらい使うわけです。となると月8万円ですよね。でもそこそこ当たるのでマイナスは多くて2万円くらい。それをならすと1日2000〜3000円くらいの負けになるんですが、となると旦那曰く“1日3000円でこれだけの時間楽しめるんだから競馬はレジャーだ”とか言うんですよ。でも実際のところ2万円くらい負けているわけじゃないですか。おまけに大勝ちする時もあるので、そうなるともうやめませんよね。でも、そんなこといつまで続くか分からないじゃないですか。それにこういう話になると、最後は“競馬はロマンだ”とか言って煙に巻こうとするんです。
――ではどうやって折り合いを?
取りあえずはお金を借りてまではしないということは約束してもらいました。そしてやるのは仕方ないとしても、旦那はインターネットで馬券を買っているのでその口座は私が管理をすることにしました。負けが込んでも口座にお金がなければ買えませんから。旦那が勝手に入金しないというこのルールは守ってくれているので、ここで折り合いをつけたという感じですね。
――世の中の同じようなカップルに何かアドバイスできることはありますか?
数字のマジックでこっちを納得させようとしたり、ロマンだとか言いだしたりするので、そこで丸め込まれないことですね。とりあえずやることは許したうえで対応策を練る、ということじゃないでしょうか。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.