画像: いつでもどこでも王座に挑戦できる「24/7王座」新設【WWE】

いつでもどこでも王座に挑戦できる「24/7王座」新設【WWE】

ミック・フォーリーが発表「1日24時間、週7日」王座戦が可能に
WWE「ロウ」(米国現地時間5月20日、ニューヨーク州オールバニ/タイムズ・ユニオン・センター)にミック・フォーリーが登場し、新王座を発表した。
フォーリーは「新しいタイトルは24/7王座だ! いつでもどこでもレフェリーがいればどのブランドのスーパースターでも王座挑戦ができる」と新設の王座について説明した。この「24/7」というのは「1日24時間、週7日」という意味で文字通り「いつでも」王座戦が可能。
するとバックステージからルーク・ギャローズ、カール・アンダーソン、EC3、セドリック・アレクサンダーらスーパースターたちが走り込んできて24/7王座戦がスタートし、ベルトを奪い合ったが、最後はタイタス・オニールが王座を獲得した。
いきなり王座は転々も最後はRトゥルースが奪取
タイトル奪取に喜ぶオニールだったが、ステージで待ち伏せていたロバート・ルードに襲われてピンフォールを奪われると、あっと言う間に王座移動。
新王者のルードがバックステージを所狭しと逃げ回ると、Rトゥルースが自身の車にルードを隠して救済する。しかしこれはRトゥルースのワナ。Rトゥルースは油断したルードから3カウントを奪い24/7王座を奪取するとそのまま車で立ち去った。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.