画像: パラトライアスロン谷真海、世界の壁感じ悔し涙

パラトライアスロン谷真海、世界の壁感じ悔し涙

東京2020大会があと1年へと迫るなか、パラトライアスロンの谷真海はレース後、涙を流していた。
世界パラトライアスロンシリーズ第2弾の横浜大会が18日、神奈川・山下公園特設会場で行われ、PTS4クラスの谷は3年連続優勝を逃し、1時間18分43秒で2位に終わった。
リオデジャネイロ大会からパラリンピックの正式競技になったパラトライアスロンは、1人で3つの種目(スイム、バイク、ラン)を連続して行い、その合計タイムを競う。レースの距離はオリンピックの半分で、スイム750m、バイク20km、ラン5kmの計25.75kmでレースを繰り広げる。障がいの内容や程度により6つのクラスに分かれ、谷のクラスは立位クラス(PTS2〜5)。上・下肢の切断や機能障がいなど、肢体不自由者が対象で、障がいの重い方から順に、2~5に分けられる。
失いかけた、東京大会への道
谷のクラスは、PTS4。実はこのクラスは、昨年11月までパラリンピックの出場資格を失っていた。競技人口の少なさから、実施種目から除外されていたのだ。谷はアテネ、北京、ロンドンと陸上競技の走り幅跳びでパラリンピックに3度出場し、2016年からトライアスロンに転向。東京大会の招致にも参加し、4大会目の出場を目指していた谷にとって、苦しい時間が続いた。
その後、一時はオフに入っていたものの、昨年11月のITU国際トライアスロン連合の理事会で、すべての障害クラスの選手に出場の可能性が与えられるようルールが改正。PTS4は、障害程度が軽いPTS5と混合で実施されることが決まり、東京大会への道が拓けた。
世界との実力差を感じたレース
迎えた今シーズン初の国際大会。横浜大会では、PTS3〜5クラスが同時にスタートし、ルール改定以降、PTS5の選手と肩を並べて走る初の機会となった。「PTS5と同じスタートなので、最初から力抜かずに思い切っていこうと思った」と谷はレース前の心境を振り返る。
得意のスイムまでは第2集団に位置し、良い流れをキープ。しかし、トランジション(種目から種目への移動)で7人に抜かれ、課題としているバイクで、さらに3人に抜かれる展開に。最終的な順位は、PTS4クラスでは2位だが、同時スタートした他のクラスの選手と合わせると、6位。レースを終えた谷の顔に、笑顔はなかった。「完全に力負けしたな、という感じ。全然敵わなかった。力の差を感じた」と涙ながらにコメント。東京パラリンピックに向けてより本気度が増した海外選手を前に、世界の壁に屈した結果となった。
義足を一本化し、タイムを短縮
一方で、新たな変化が実を結んだ場面も。「第4のパート」とも呼ばれるトランジションは、次の種目へと移る重要なポイント。トライアスロンは、選手がウエットスーツを脱いだり、シューズを履き替えたりする時間もレースタイムに含まれるため、合計タイムに大きく影響するトランジションは、いかに時間を短縮するかが戦略の鍵だ。
今シーズンから谷は、バイクとランの義足を一本化。これまで3回あった履き替えを2回に減らし、タイム短縮を試みた。「バイクからランへのトランジションは、スムーズにいった。タイムが縮まるので良かったと思う」と一本化への手応えを感じていた。
課題は、義足への慣れ。一本化にしてから、わずか2ヶ月ということもあり、バイクで漕ぐときにパワーの入りにくさを感じたという。「グラグラしていて、パワーが伝わりにくい感じがあった。これまでローラーバイクで固定して強化してきたが、まだ実走に弱い可能性があるのかも。そこは見直していきたい」と振り返った。
気になる東京大会へのゆくえ
来月から、パラトライアスロンは東京2020大会出場に向けた選考期間が始まる。海外での選手権に加え、8月には、本番の会場であるお台場海浜公園でワールドカップが開催される。これまで3度パラリンピックを経験する谷だが、やはり自国開催への思いは強い。「今回、自分の国で試合をする力強さ、声援に後押しされるのを感じた。もし東京大会に出られるのなら、そのパワーを感じたい」。思いを馳せたその大舞台に、彼女は立てるのか。世界の壁を越えて、新たな景色を私たちに見せてほしい。
(取材と文・丸山裕理)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.