画像: GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第26弾 見つけるのではなく、見つかるもの。きっとそう

GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第26弾 見つけるのではなく、見つかるもの。きっとそう

君は君のままでいい。
最後はこの言葉で終わる
今回はそんなエッセイになりそう。。。
最近、とうとう恋い焦がれていた
春がきた。
全国どこを見ても春を迎えたと言ってもいいように
全国が春を迎えた。
日本を探せば春を通り越したような気温の所も出てくるだろう。
燦々と降り注ぐ朝日の中
悪い夢を見ていても最後は暗いトンネルを抜けだすように
眩しい光で起きる連日。
前日の疲れを背負ったままの気怠い体でも
1人で、「おはよ」と言ってしまいたくなる。
そんなポジティブキャンペーン中の僕。
先日、春の訪れを感じ洋服の衣替えをした僕は
冬の時点から感じてはいたが
それが確信に変わった。
パーカーが異様に多い。
去年の年末からずっと思ってた
可愛いTシャツを買っても見せる機会がない。
それはそうである。
だってパーカーを上に着るから。
なんなら下のTシャツの色と合わせるかの様に
同じ色のパーカーを着てたりする。
私は狐に騙されているのか?
パーカーも赤色
脱いだらTシャツも赤だったり。
この間も通販で買った服が
オレンジを頼んだと思ったらネイビーだったり。
ネットで買ったものが2個届いたり
携帯の電池がすぐに無くなったり
イヤホンを失くしたり。
すでに鯉が登った季節なのに
私は狐に騙されているのか?
くるくると回りを回られて何処かでクスクス笑ってるのか?
最近「夜は短し歩けよ乙女」を読んでいるからか
少しファンタジーっぽくなってるのはご了承いただきたい。
でもそう思うほどパーカーが多いのである。
僕は世間で言うお洒落さんではない。
GENERATIONSの他のメンバーの方が服に詳しいし情報通だ。
僕は服をいっぱい持ってるからお洒落さんだとは思わないし
かっこいい事がお洒落さんでもないと思う。
やはり季節に合ってトレンドを作って
臨機応変に場の空気に洋服を合わせられる、
そして1つの固定概念に囚われない人がお洒落さんである。
あくまで僕の持論ですが。
そうなると僕は
好きなブランドの服しか買わないし
お気に入りの物があれば毎日それでも構わない。
唯一対応できるのは式典でスーツを着るくらい。
そういう自分の持論を持っているから
自分はお洒落な人の枠には該当しない。
そしてそうでは無いと自覚はあっても
このパーカーの偏り具合は考えものである。
結果、格好をつけたい自分と自分の持論に
葛藤していた春の訪れ前に
こんな記事を見た
E-girls 山口乃々華がエッセイをスタート!!
ほほう。
まさか僕と違う方向から
エッセイをスタートさせてる
LDHアーティストがいたなんて。
とても興味が湧いた。
君は一体どういうエッセイを書くんだい?
エッセイを書き始めて1年経ち
少し鼻の伸びた僕は
コラムを読んだわけだが
そのコラムを読んだ僕の鼻はすぐに縮こまったのである。
ののペディア
というタイトルでやっており
五十音の中で1文字ずつ
タイトルを決めて綴っていくスタイルなのだが
僕が読んだ回は
「う」で嘘をテーマに書かれた物だった
内容はぜひ検索して読んでいただきたいのだが
「嘘を自分自身についてきたからこそ自分との信頼関係を持てるようになった。」
かなり要約しているが
その様な事が書いてある。
なんだと?
そして何だろうか
この心の奥で冷え切った水が
沸騰していくような気持ちは。
今まで、ノノリキと深く話したことはないが
こんなにも素敵な気持ちを持った子なのか。。。
そして隠しきれない僕との違いすぎるエッセイの形。
会議中の便意の話や
天候の話
春が好き過ぎるアピール。
僕のこれはエッセイなのか?
ノノリキの素敵過ぎる言葉を伝えるのが
エッセイなのでは?
僕は大至急調べた。
パソコンの画面で地図を見るかのように
隅々まで文字を読む。
フォントの違いまで気にした。
そして見つけた言葉。
コラムは「円柱」を意味するラテン語に由来し、円柱状のものや縦の列(カラム)を意味するようになり、新聞などの「縦の欄」の意味も持つようになった。 更に、そこに書かれる記事も意味するようになり、コラムは短い評論の意味でも使われるようになった。 エッセイ(エッセー)とは、自由な形式で書かれた散文。 随筆。
らしい。
要は。
僕のもエッセイらしい。
そしてTOKYO HEADLINEさんで連載しているから
コラムでもあるらしい。
僕のもエッセイ。
なんていい響きだろうか。
「ひとりぼっち」
この言葉を聞くとみんなきっと寂しいイメージをするでしょう。
でも、1人になるからこそ、周りの全ての事を必要として求めるようになるのです。
1人になることはマイナスなことでは無い。
全ての要因があり、たくさんの要素があってできた自分を一度空っぽにすることで出会える自分もいる。
全ての出会いに感謝したくなるそんな自分になりたくて、
今ひとりぼっちの自分に’戻ってみた’
ここからがスタート。
やらなきゃ始まらない。
「ひとりぼっち」はマイナスでもプラスでもある。
どう?
なんかそれっぽいのも書いてみたけども
恥ずかしい。(笑)
僕は僕。
貴方は貴方。
このスタイルは曲げないぞ!
君は君のままでいいんだよ。
って誰か僕に言って。。。(笑)
さて1年を迎えた小森の小言!!
#世間の小言 見ていきましょう!
『改めて、小森の小言に思う事!』
隼くんはコメントうまいね!
けど、たまにむっつりすけべがでてるよ笑
僕はただの男であります。
世間の男子は全員むっつりなのではないでしょうか?
回数を重ねるごとに小森くんの文章力が上がっていて毎回感動しています笑
木曜日の楽しみの一つです!
楽しみと言っていただけるのはとてもうれしいです!
もっともっと頑張ります!
10年後の自分は何をしてるか!
どんな風な大人へとなってるか
とか、未来予想図みたいなの話をしてほしいです
未来予想図をイメージしてコラムを書くのも
面白いかもですね!!
メモメモ。。。
毎回読み終わると心が温かくなります。
はやとくんの文章はユーモアがあってクスッと笑わせてくれたり、ほっこりと癒しを与えてくれます。
本当に毎回楽しみで大好きなコラムです。
隼くんが中学生で上京した頃のお話を書いてもらえたら嬉しいです。
上京して来た時の記憶が。。。
なんせ中学1年生だったので。。。
でも昔話も話してみたいです!
メモメモ。。。
いつもすごく楽しく読ませてもらってます!!特にトイレの話が共感すぎて友達と話しながら爆笑してました。
最近はもう小言レベルじゃない量の話で読むの時間かかるけど話が面白いので読むのも楽しいです。
また楽しみにしています!
トイレの話。
いずれ機会があれば、また小森の小言で話します!
文章長くなってますよね!(笑)
でもこれは僕のただの小言です!
お時間ある時に適当に流し見してみて下さいね!
小森さんの言葉を通して伝わってくる感性や優しい気持ちがとても好きです。1年経って感じる手応え、読者も一緒に感じられるのが嬉しいです。
小言の2年目はどんな目標を掲げられてますか?これからも楽しみにしています。
本当にゴーストライターがいるんでは無いかと自分でも思う
代わり具合ですよね!(笑)
1年目は自分のスタイルを探す年だったので
2年目はさらにレベルアップしたいです!
そして、もう少しレベルアップしたら
短編小説とか書いてみたい野望があります。。。
小森の小言を読んでくださっている、みなさんだけへのここだけの内緒話です。
令和も始まり
早くも3週間が経ちました!
平成から令和に。
過ぎ去る時代と訪れる時代。
そして何の偶然か
小森の小言が始まったのも5月。
新時代突入ということで
次回の世間の小言は
みなさんからの質問に答えていきたいと思います!
僕に聞きたいこと言いたいこと
ぜひお送りください!
回答はTwitterやInstagramにて
「#世間の小言」を付けて
投稿してくださいね!
【プロフィル】小森隼(こもり・はやと)...1995年6月13日生まれ、三重県出身。EXILE TRIBE新世代ユニット、GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー。2012年11月にシングル『BRAVE IT OUT』でデビュー。2016年は初のアリーナツアーも開催。2018年元旦にはベスト盤『BEST GENERATION』をリリース、中国公演も行った。GENERATIONS初の単独ドームツアー GENERATIONS LIVE TOUR 2018 “UNITED JOURNEY”も成功させた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.