画像: チョコプラの「TT兄弟」にあべこうじ「Tは...昨日の今日なんで...」

チョコプラの「TT兄弟」にあべこうじ「Tは...昨日の今日なんで...」

「キングオブコント 2019」が今年も開催
今年で12回目となる「キングオブコント 2019」の開催決定会見が5月23日、東京都内のTBSで開催され、昨年優勝のハナコと決勝に残ったチョコレートプラネット、マヂカルラブリーの3組が参加した。
ハナコの秋山寛貴が「あの一夜でがらりと変わった。バイトもやめた。1年間仕事もじわじわと増えつつある」と言えば、司会を務めたあべこうじが「キングオブコントで優勝して仕事が増えていると実感したのはここ数年でハナコが初めて」とうなずいた。
菊田竜大はこの4月に結婚し、幸せな結婚生活を満喫中。これには秋山が「ネタも書かない、とびきり楽をしている奴が最初に結婚した」とぼやいた。
岡部大は「地元の秋田に営業で凱旋した時に、地元の同級生とかおばあちゃんが見に来てくれて、おばあちゃんは涙を流していた。そのときに、“やったぞ”と思った」などとそれぞれ優勝後のこの1年を振り返った。
もっとも秋山に言わせると「岡山で冠番組が決まった。でも冠番組はそれ1本で、霜降り明星当たりと比べると、すごくじわっとした感じになっている」とのこと。ここでもあべが「比べちゃいけない! この12年間、他と比べないと決めているのがキングオブコント」とフォローした。
チョコプラは優勝したら「田無にTTパークを造る。“T無し”じゃなくて“T有り”にする」
昨年は断トツの得点でファイナルステージに残りながらも2ネタ目を失敗し3位に終わったたチョコレートプラネットの長田庄平は「冠がここまできていたのに、すっと(ハナコに)行ってしまった...」とぼやきながらも「キングオブコントの後から売れました!」ときっぱり。バックボードにTBSの「T」見つけると、その原動力となった「TT兄弟」を披露したのだが、あべが「Tは...昨日の今日なんで。田口のT」とストップ。長田が「なんだ? Tの風評被害って」と返すが「田口も大麻もどっちもT」という声も...。
またチョコプラは優勝したら「TT兄弟が盛り上がっているので、小さくてもいいから田無にTTパークを造る。“T無し”じゃなくて“T有り”にする」と壮大なプランを明かす。逆に優勝を逃したら、松尾駿は「一度やってすごく滑った小池栄子さんのモノマネを封印する。まだ封印しきれていない」、長田は「小道具作る時に使っているお気に入りのインパクトドライバーを捨てます」とのこと。
マヂカルの村上は「優勝したらバーを買う。できなかったらボランティア100時間」
昨年7位のマヂカルラブリーは「寄席が増えた。5000円~6000円にギャラも上がった」とキングオブコント効果を振り返りながらも、今年の目標は控えめに「5位」。野田クリスタルは「ネタも体も未完成。脱ぐために絞り始めるところ」と言いながらシャツを脱いで上半身を披露。「決勝では体は仕上がっていますから」とのことだが、すでに仕上がっており、あとはネタの完成を待つばかり!?
また優勝の暁には野田は「去年、審査員の大竹さんに“脇汗がすごい”と言われたので手術しようかなと思っている」、村上は「バイトしていたバーがオーナーが変わるということで売りに出されている。100万くらいで買えるということなので、それを買おうかと」とかなり現実的な目標。できなかった場合には野田は「僕らは優勝しない確率がだいぶ高いので、5位じゃなかったら、すぐにばっと脱いだりするのをやめます」、村上は「初出場して優勝するコンビがいる中で優勝できないということは徳が低いということなので、ボランティア活動を100時間します」というが、果たして...。
ちなみにハナコは優勝賞金を3等分。「実家の外壁のリフォーム」という秋山に対し、結婚したばかりでなにかと物入りと思われた菊田は「服を買ったり、引っ越したり」で、結婚式については「半分親が出してくれる。それが菊田家のやり方」と開き直れば、岡部も「全く使っていない。狩猟の免許を取ったのでショットガンが欲しい。バイクの免許の教習にも通っているので大型バイクが欲しい」と予想外の使い道を明かした。
5月23日からエントリー開始
キングオブコントは昨年同様、優勝賞金は1000万円。プロアマ、所属会社は問わず。芸歴の制限もなし。ただし2人以上のユニットに限る。お笑い事務所に所属する芸人に限り、即席ユニットでの出場は不可。現在活動中のユニットでの出場に限る。アマチュアや劇団員の即席ユニットは可。5月23日からエントリーが開始される。
ルールは昨年と一緒でネタ披露時間は1回戦2回戦は2分。準々決勝以降は5分。準決勝は2ネタ披露。決勝は準決勝と同じネタ。決勝のファイナルステージ進出は3組となっている。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.