画像: 2年半ぶり再戦の浜崎「相手は成長していない」と勝利を確信【6・2 RIZIN】

2年半ぶり再戦の浜崎「相手は成長していない」と勝利を確信【6・2 RIZIN】

現Invicta王者のジン・ユ・フレイを相手に初防衛戦
「RIZIN.16」(6月2日、兵庫・神戸ワールド記念ホール)に出場するRIZIN女子スーパーアトム級王者の浜崎朱加が5月27日、東京都内で公開練習を行った。
浜崎は今大会ではジン・ユ・フレイを挑戦者に迎え初防衛戦を行う。フレイとは2016年に対戦。当時Invicta FC世界アトム級チャンピオンだった浜崎にフレイが挑戦し、浜崎がカットによるTKO勝ちを収めている。その後、フレイは浜崎が王座を返上したことにより行われた王座決定戦で勝利を収め、現在、同王座に君臨。今回は約2年半ぶりの再戦となる。
普段の公開練習ではグラウンドのスパーリングを行うことが多い浜崎なのだが、この日はボクシングのミット打ちを2分間行った。
これについては所属するAACCの代表である「阿部さんが受けてくれるということだったので...」とさらりとかわしたのだが「打撃も少しずつ自信がついてきているので、打ち合えるところは打ち合いたい」と打撃の攻防になることも視野に入れてのことのよう。
「右のフックは当たれば倒れる」
相手のフレイについては「一発一発振り回してくる。パワーがあるので当たれば怖い。フィジカルも組んだら強い」と警戒しつつも「私と戦った時より打撃は上手くなっていると思うが他はそんなに成長しているとは感じない」とし、打撃については「こっちのほうが全然(笑)」と自信を見せた。
試合については「打撃プラス極めの精度を高める、得意技を磨く練習をしてきた」と対策は万全のよう。また打撃の展開になっても「右のフックは当たれば倒れるんじゃないかと思う」と打投極どの局面においても勝利をつかむ準備は整っているようで「こういうカードを組めるのもRIZINならでは。現世界チャンピオン相手にしっかり一本かKOで決めたい」と話した。
MSG出陣のRENAについては「調整とか心配」と気遣う
先日、盟友のRENAのMSG出場が発表されたのだが「RENAちゃんにとって初めてのアメリカでの試合なので、調整とか大丈夫かなという心配のほうが大きいですね。時差とかもあるので」と気遣った。RENAとは「(神戸で)ケガしなかったらついてきてください、という話をしたくらい。しなかったら行かせてもらいたいと思っています」とのこと。
自身のMSG出陣については「できればやってみたいですけど(笑)。まずはRENAちゃんの試合を見守ります」と話した。RIZINではBellatorをはじめ海外のプロモーションとの交流が活発化しているのだが自身の海外参戦については「そういう機会がいただければやりたいなとは思う」とも話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.