画像: 【インタビュー】BALLISTIK BOYZが切り開く、新しいエンターテインメント

【インタビュー】BALLISTIK BOYZが切り開く、新しいエンターテインメント

いよいよ彼らがデビューした。BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE(バリスティック・ボーイズ・フロム・エグザイル・トライブ)が22日、セルフタイトルのアルバム『BALLISTIK BOYZ』をリリースし、メジャーデビューを果した。メンバー全員がマイクを持って歌い、踊り、宙を舞う。個性的な複数のグループからなるEXILE TRIBEのなかでもフレッシュな存在だ。デビューを目前に控えた、7人にインタビューした。
――メジャーデビューの日が迫ってきました。ファンのみなさんには、3月に行った武者修行のファイナルで発表されたわけですが、みなさんは今、どんな気持ちでいられるんでしょうか。
深堀未来(以下、深堀):自分は小さいころからメジャーデビューを一つの目標として頑張ってきたので、武者修行のファイナルでみなさんに発表できたときには、やっとだという想いでした。ここからスタートですけど、ひとつの達成感もあります。
砂田将宏(以下、砂田):(メジャーデビューを)リアルに世に発表して、......焦っています。これまで以上に責任感を持って行動していかないとと思いますし、今のままでは勝ち残っていけないなと思うので、さらに身を引き締めていきたいと思っているところです。
海沼流星(以下、海沼):武者修行では、いろいろなことを学ばせていただきました。個人としてもグループとしても課題が見つかって、いい意味で、焦りが出てきました。これから先輩がたと同じ土俵に立って歩ませていただくことを考えると、まだまだ頑張っていかなければいけない。そのためにも個人のスキルやグループのスキルを上げ、デビューするその時には、もっともっと大きな目標や夢に向かってチャレンジしていこうと思っています。
――結成してからたくさんのステージを踏んできましたが、武者修行はひとつの締めくくりになりました。
加納嘉将(以下、加納):最初は、お客さんが僕たちのことを全く知らない状態での開催だったので悩んだりもしたんですけど、どうコールアンドレスポンスしていくか、どうしたら盛り上がるのかとステージを踏みながら、グループで話し合いながら進めてきました。
奥田力也(以下、奥田):ひとり一人やらなければいけないことがあし、MCも、始まったころはたくさん不安がありました。
加納:それが、ファイナルに近づくに連れて、お客さんが掛け声をかけてくれたり、振り付けを一緒にしてくれたり。ファイナルでは、お客さんと一緒に一体感のあるパフォーマンスができた気がしています。
奥田:ひとり一人に達成感があったよね。MCも良くなったと思うし、チームワークも強くなった。
松井利樹(以下、松井):全国を回らさせていただきながら、自分たちの新しい武器を追求してきましたから、1年前と比べると、自分たちのカラー、自分たちが持っている武器も明確に分かってきたと思います。
――メジャーデビューの準備は整った、というところですね。改めて教えてください、BALLISTIK BOYZってどんなグループなのでしょうか。
日髙竜太:BALLISTIK BOYZは7人のメンバー全員がマイクを持ち、メンバー全員でダンス、アクロバットもするグループです。LDHにはたくさんのグループがいますが、このスタイルは初めてです。メンバーのなかには、「PROJECT TARO」でニューヨークに留学していたメンバーがいて、ポルトガル語ができるメンバーもいます。それぞれが個性豊かで、変幻自在。世界を狙っていきたい、いや狙っていく!というグループです。
――気合が入ってますね! 本格的に活動をスタートしてから約1年でのメジャーデビューになるわけですが、みなさんにデビューが伝えられたのはいつごろのことだったんですか?
深堀:『小説王』(白濱亜嵐が主演するドラマ)の主題歌が決定して、メジャーデビューも一緒に知らされました。レコーディングもしなくてはならないし、その曲はデビューアルバムの重要な曲にもなるはずというのがあって、覚悟を持って臨んでほしいという思いがあって、その段階で教えていただいたようです。
――どんな状態で知らされたんですか?
日髙:......結構、深刻な感じで連絡がきたんです。
深堀:いきなり、来てくださいってね。
日髙:みんなが怒られるんじゃないかなって思ったよね(笑)。
みんな:思った(笑)。
深堀:その前に個別で面談もしてたし。スタッフさんも演技入ってたな(笑)。......で、まさか、と。
ーー深堀さんは、先ほどは「やっとだ」って言ってましたけど、その時は「まさか」の反応だったんですね。
深堀:それぞれ積み重ねてきたものがありますし、僕個人としては「やっとだ!来たっ!」ですけど、やっぱりグループとしてはまだまだでしたから。びっくりしました。
海沼:その当時は、たまにイベントに出させていただいたりしていた感じでしたし、本当に実感がなかったです。武者修行をして、ファイナルで発表があって、ようやく実感が沸いた。そこからまた責任と覚悟がうまれて......いま固まり始めてきたという感覚です。
ーー日髙さんが言っていた、世界を狙っていく、という気持ちが!
砂田:とにかく本物感があるグループで在りたい、実力派と称されるグループでいなければと思うんです。歌もラップもダンスも、レベルの高い状況で表に出ていきたいって。
松井:僕らのパフォーマンスには、いろいろな見せかたがあるから、一つひとつ丁寧に取り組んで、レベルアップにつなげたいよね。それで、今まで、誰も見たことがないグループになっていきたいんです。
日髙:先輩たちが築き上げたものを受け継ぎながらも、自分たちで新しいものを作っていきたい。
加納:新しいエンターテインメントをね。
ーーその意気込みがアルバムからも感じられます。
日髙:楽曲の一つひとつに対して、今の自分たちが持てるもの全部で挑んだという気持ちが強くて、それが詰まっているのがこのアルバムです。全体的に勢いのある楽曲が多いです。メジャーデビュー最初のアルバムなので、歌も楽曲に負けないような、勢いを出そうと意識しています。
ーー「テンハネ -1000%-」や「PASION」を筆頭に、良い意味で、フレッシュで勢いや熱が有り余っている感じが気持ちがいいですね。
加納:制作にあたって勢いやフレッシュ感は強く意識しています。リズム感や力強さがあるなかで、それぞれが個性や自分の持ち味を存分に出せるように、と。
日髙:自分が任されたパートとか、得意な部分、声のいいところだったりを、限られたパートのなかで最大限に見せたり聞かせたりできるかというところは、妥協なしでやりました。
加納:みんなが主役になっているし、みんなが立っています。
ーー今はやはり「テンハネ-1000%-」や「PASION」のイメージが強いですから、アルバムでは新しい魅力にも触れられました。
日高:ライブではまだ披露していない曲もあるので、もっと、びっくりしてもらえそうです。反応がすごく楽しみです。
ーーライブといえば、7月にはJr.EXILE世代のグループが集結する「BATTLE OF TOKYO」がありますね。このライブは......
日髙:いまお話しできることは発表されていること以外、ほぼないんですよ......それまでは、MUSIC VIDEOを観ながら、楽しみに待っていてください!
ーー最後になって、この質問なのですが、BALLISTIK BOYZはリーダーっていらっしゃらないんですね。居なくても、全然気にならなかったですが。
日髙:それぞれが引っ張るし引っ張れる。リーダーがいないというか、全員がリーダーぐらいですね。年齢も関係なくやってます......年上としてやるべきことは、まあ、するかな、ぐらいで。
砂田:いなくてもいいですよね。ちゃんと、7人の関係性でやっていければ。
ーーそれもまた、新しいスタイルなのかもしれないですね。
▼次ページに、メンバーによるデビューアルバム『BALLISTIK BOYZ』推し曲!
BALLISTIK BOYZのメンバーに聞く、敢えての推し曲!
全身全霊で7の楽曲に向きあっただけにアルバム収録曲すべてが推し曲であることは間違いない! そこを敢えて、推しのなかの推しを聞きました!
深堀未来「Crazy for your love」
収録されている7曲のなかで、この曲以外の6曲は勢いがあって、みなさんがBALLISTIK BOYZと聞いてイメージしやすい自分たちらしさが存分に出ています。「Crazy for your love」は、ストレートで、自分たちの等身大のラブソングです。普段イメージしないBALLISTIK BOYZを感じていただけたら。
奥田力也「BADDEST FIRE」
タイトルが示すように、炎が舞い上がるような力強い曲です。サビもキャッチーで聴いたら誰でも踊れる曲。この曲を聴いていただいて、みなさんと一緒に盛り上がりたいです。
砂田将宏「PASION」
情熱というタイトルどおりの熱い曲。メロディーも歌もラップも、サビのビートも、1度聴くと頭から離れない、病みつきになる曲です。ライブ、パーティーや祭りの始まりのようなアルバムの中では1番盛り上がれる曲。武者修行でも1曲目にパフォーマンスしていた曲なので、何か始まる予感がします。
日髙竜太「テンハネ -1000%-」
アルバムのリード曲です。歌詞が今の自分たちにぴったりというか。勢いがあって、怖いもの知らずな曲。BALLISTIK BOYZは、全員がマイクを持つというスタイルのEXILE TRIBE初のグループです。先輩たちが築き上げたものを受け継ぎながらも、自分たちで新しいものを作っていかなければならないという、勢いや覚悟が語られています。
加納嘉将「NU WORLD」
「NU WORLD」と「PASION」はBALLISTIK BOYZになってから最初にレコーディングした曲。フレッシュ感や気合、意気込みがどの曲よりも詰まっています。「NU WORLD」は新世界を切り開いていく曲。僕らは新元号でデビューさせていただきますし、7人でマイクを持ってパフォーマンスするEXILE TRIBEとしては初のグループ。そういう僕たちが新しいエンターテインメントを届けていける曲だと思います。
海沼流星「Make U a believer」
今の自分たちについてきてほしいという強い想いが、歌詞にも込められている曲。自分たちのこれからを期待してもらえるようなかっこいい曲です。歌詞や曲、振り付けにも注目してみていだたけたらと思います。
松井利樹「Blast Off」
リリックも楽曲も力強い曲です。自分たちのこれから、日本で、そして世界に向かって戦っていくという意味でもリンクする部分がたくさんあります。僕たちの思いも一緒に聴いていただければ。
▼リーダ不在のBALLISTIK BOYZ! メンバーの関係性は?
リーダー不在のBALLISTIK BOYZのメンバーの関係性
リーダー不在も、グループ内にいいバイブスが流れているBALLISTIK BOYZ。「関係性があればいい」とのことでしが、その関係性ってどんな感じ?
深堀未来
奇才で多彩。才能がすごい。クリエイティブです。(日高)
奥田力也
ムードメーカー。疲れたときとか......おもしろくないギャグをやってくれる(深堀)。
砂田将宏
最年少であるけれども、セクシー担当(深堀)
男前!(加納)
しっかりしていて、視野が広いんですよね。グループ全体を観てくれる(海沼)
日髙竜太
......最年長なので、という役割ですね。(自己申告)
加納嘉将
加納:「いじられ」と「つっこみ」です。バリはボケが多いので、いつもいじっています(自己申告)
海沼流星
バイブス担当。いざっていう時に、バイブスで押し切る。第一走者みたいな感じ(深堀)
グループに勢いをつけてくれる(日髙)
松井利樹
「癒し」(深堀)
しゃべっているとゆったりするよね(日髙)
いつも笑ってくれる(砂田)
(TOKYO HEADLINE・酒井紫野)
■デビューアルバム『BALLISTIK BOYZ』5.22リリース!
白濱亜嵐主演のフジテレビ系ドラマ『小説王』の主題歌「テンハネ‐1000%‐」、同エンディングテーマの「PASION」を筆頭に、全7曲を収録。DVDには「テンハネ‐1000%‐」「PASION」のミュージックビデオを収録している。
■Jr.EXILE世代が集結「BATTLE OF TOKYO~ENTER THE Jr.EXILE~」7月開催!
【日時】7月4日(木)、5日(金)、6日(土)、7日(日)全日程18時開場 / 19時開演
【会場】千葉・幕張メッセ 国際展示場ホール
【出演】GENERATIONS from EXILE TRIBE、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、FANTASTICS from EXILE TRIBE、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
【料金】オールスタンディング1万1000円 ※整理番号付きブロック指定、6歳以上有料、5歳以下入場不可
▼BALLISTIK BOYZ:https://m.tribe-m.jp/Artist/index/195

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.