画像: 篠原涼子、最新作で反抗期の娘に弁当で逆襲「いずれ来るのかな」

篠原涼子、最新作で反抗期の娘に弁当で逆襲「いずれ来るのかな」

映画『今日も嫌がらせ弁当』の完成披露試写会が28日、都内で行われ、主演の篠原涼子をはじめ、主要キャストが登壇した。篠原は「すごくワクワクしています。自分の息子を届けるみたいな気持ち。試写会のときも2回も見てしまって、それくらいおもしろい」と、あいさつした。
人気ブログ『kaori(ttkk)の嫌がらせのためだけのお弁当ブログ』をまとめたエッセイ本『今日も嫌がらせ弁当』を映画化したもの。 八丈島に暮らす料理好きで働き者のシングルマザーのかおりが、反抗期で話しかけても返事もない高校生の娘の双葉に、娘の嫌がるキャラ弁を作り続けて逆襲していくというストーリー。
篠原は、かおりとは「(共通点は)母親っていうところぐらい」と笑い、「どちらかっていうと、私、男の子育ててるので、育て方とか教育方針とか違うんですけど、いずれ自分の息子が中学生高校生になったときに、思春期を迎え、反抗期っていうのがこうやってくるのかなって想像しながら撮影に臨みました」と、コメント。
反抗期真っただ中の娘・双葉を演じた芳根京子は、篠原と親子を演じたことについて「本当に夢のようで、本当に幸せでした」。また「緊張とうれしさと、いろんな感情が爆発して、前日に体調が悪くなって、ぶっ倒れてしまいまして......」と、改めて篠原への想いを爆発させた。
イベントには、劇中で弁当出演(キャラ弁のキャラ)を果たしているダンディ坂野、そして、ざわちんがサプライズゲストとして登場。ざわちんは篠原涼子に扮して「篠原涼子弁当」となっての登場で、キャストはざわざわ。篠原は横に立つと「似てる......どうやったんですか?」とそのテクニックに興味津々。芳根も松井も関心しきりだった
松井玲奈は「お弁当を作ってもらったことがある、誰かの手作りのお弁当を食べたことがある方にはきっと届く温かい作品になっていると思う。大好きな1本なので、みなさんにも好きになってもらえたら」とPR。
村上知子も「おもしろくて、かわいらしくて、すごくほっこりする」と、アピールしていた。
映画は6月28日公開。
佐藤隆太と佐藤寛太「基本ニコイチで」
佐藤隆太は、あいさつで、「芳根さんの話を聞いていてちょっと思い出したんですけど、これ本人にも誰にも言ってないんですけど、僕は(佐藤)寛太君との共演がすごいうれしいんです」 。会場がさらにほんわかとするなか、佐藤は「以前、ツイッターだったかなんだかで、“寛太くんが出るのかと思ったら佐藤隆太じゃんか ” みたいなのがあって......それがトラウマというか、かなりややこしいことになっていると思って。今回は一緒に出ていますから、僕のことを寛太君だと勘違いしていても(寛太君も)ちゃんと出ている! 」と熱弁。「これからできる限り共演していきたい 」 という隆太の熱いラブコールに体をのけぞらせ、「基本一緒に。ニコイチで」という隆太に「ぜひ!」と答えていた。
ちなみに寛太は自身の挨拶の際に「僕も一言いいですか......二子玉で熱血教師をしているのを見てました!」と告白返ししていた。
隆太は苦手な料理や家事と格闘するシングルファーザーを、寛太は芳根演じる双葉のおさななじみで八丈太鼓を世界に広めるという夢を持つ青年を演じている。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.