画像: 魚井フルスイングが独自トレーニング披露「目を離すと打球をとらえられない」とと謎のコメント【6・2 RIZIN】

魚井フルスイングが独自トレーニング披露「目を離すと打球をとらえられない」とと謎のコメント【6・2 RIZIN】

地元・神戸でRIZIN初参戦
「RIZIN.16」(6月2日、兵庫・神戸ワールド記念ホール)に出場する魚井フルスイングが5月29日、東京都内で公開練習を行った。
魚井は修斗世界ストロー級王者の猿田洋祐を相手に1分×3Rのマススパーリングを行った後にロープを使ったトレーニング、そしてバットに見立てた傘を何度もフルスイングするというサーキットトレーニングを2セット行った。
マススパーでは修斗では禁じ手のサッカーボールキックを狙う動きを見せるなどルール面も含めRIZIN参戦へしっかりとした準備ができているよう。猿田のタックルを食らいテイクダウンを許す場面もあったのだが「そんなことありましたっけ? 覚えてないな~」と意に介した様子もなく「全部うまくいっていた」。ロープを使ったトレーニングは魚井得意のフルスイングのフックの威力の源泉を感じさせるパワフルでハードなものだったのだが、傘のトレーニング中に「ボールをよく見ろ」という声がかかっていたことについては「目を離すと打球をとらえられないので」とけむに巻いた。
「格闘技をちゃんとできているだろう、俺、って感じ(笑)」
魚井は神戸出身で格闘技を始めたのも神戸。その後、現在所属する和術慧舟會HEARTSに移籍してから頭角を現し、バンタム級世界3位にまで上り詰めた。今回は地元での試合となるのだが「不思議な気分。よりによって神戸なんだ。縁だな~って感じ。あそこから抜け出して、“河岸を変えて”という気分でこっちに来たのに、キャリアで一番の大舞台で呼び戻されたとなると、いろいろ考えました。“逃げられないのかな?”みたいな(笑)」としたうえで「2つの思いがある。一つは凱旋。もう一つは言葉は悪いが“ざまあみろ”って感じ。格闘技をちゃんとできているだろう、俺、って感じ(笑)。すごく変な気持ちですよ」と話した。
魚井のフルスイングというリングネームはジムの代表の大沢ケンジ氏が命名。「最初は気にしていなかったんですが、そのうち会場の声が“フルスイングするんだよね”“フルスイングしなきゃだよね”といった感じになって、そういうものに引っ張られて、“とにかく振らないと”というふうになっていると人に言われ、自分でも“打撃打撃”になっているな、と思っていた時期はあったんですが、今はバランスが取れていい感じ」とのこと。文字通りのフルスイングのパンチでKOの山を築き、昨年1月には祖根寿麻との環太平洋バンタム級王座決定戦に臨むも判定負け。続く根津優太戦も判定負けと足踏みしたが、そこからまた3連勝と完全復活している。
HEARTS仕込みのグラウンドにも自信
今回対戦するカナ・ハヤットについては「体重とか戦う時期を問わないということなので、逃げないタイプなんだろうなと思う。右のフックも強そう。当てられた時に僕がどういうリアクションをするのかお客さんには見てもらいたい。そこでひよるのか、どういうふうに出るのか。逃げの姿勢で打撃に付き合うとか、逃げの姿勢でグラウンドに行っているかは僕の表情を見れば、遠い席からでも分かる人は分かると思う」
試合については「しっかり自分が腹を決めてちゃんとやれればお客さんは満足してくれるかな。あまり試合の展開とかはそこまで気にしていない」と話し「(ジムには)寝技が強い選手とか、ONEでほとんど一本で勝つ選手とかムンジアルに出ている選手もいる。そういう選手に鍛えられているのでそのへんも見てもらえれば」とフルスイングの打撃はもとより、グラウンドでの攻防でも積極的に一本を狙うつもりのようだ。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.