画像: EXILE AKIRA、佐藤大樹から主演作を絶賛され「後輩に優しくするといいことがある」

EXILE AKIRA、佐藤大樹から主演作を絶賛され「後輩に優しくするといいことがある」

国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2019」のオープニングセレモニーが29日、都内にて行われ、EXILE AKIRAや佐藤大樹、女優の木村佳乃ら、豪華映画人がレッドカーペットに登場した。
オープニングを迎えたこの日は「Shibuya Diversity Award」、「第8回観光映像大賞(観光庁長官賞)」、「第5回ブックショートアワード大賞」、「地球を救え!部門 supported by リンレイ 優秀賞」などの受賞作が発表されたほか、今年の目玉企画の1つ「Ladies for Cinema Project」を紹介。プロジェクトプレゼンターを務める木村佳乃は、女性クリエイターを応援する同プロジェクトについて「たくさんの作品を拝見し、女性たちが近い国でも全く違う悩みを抱えていたり逆に全く違う文化でも同じような悩みを抱えているんだとさまざまなことに気づかされ勉強になりました」と語った。
第2部ではオープニングスペシャルスクリーニングとして「CINEMA FIGHTERS PROJECT」第三弾の中から三池崇史監督、EXILE AKIRA主演の『beautiful』と、井上博貴監督、佐藤大樹主演の『魔女に焦がれて』を初披露。上映前には、大歓声に包まれてAKIRAと佐藤が登壇。作品への意気込みを語った。
AKIRAは「短編はファーストシーンから終わりまで、短い時間野中でストーリーをきちんと伝えなければならない。監督をはじめ関わるすべての人の技量が必要。テーマの魅力を表現するのは難しかったのですが自分としてはこれまでにないものを表現できたと思いますし、三池監督の作品としても新しいものになっているのでは」と鬼才・三池崇史監督との初タッグに胸を張った。佐藤は「今までは明るい役やよくしゃべる役が多かったんですけど、今回は物静かでおとなしい役。セリフが少なく表情で見せなければならなかった。自分はしゃべりたいタイプなので難しかったです」と振り返った。
すでにお互いの作品を鑑賞したというAKIRAと佐藤。AKIRAは佐藤の主演作について「“ザ・青春ストーリー”でありながらも同世代はもちろん、学生の世代だったり、僕らの世代にも楽しんでもらえる作品だと思いました」と太鼓判。そこで別所が「歳を重ねたからこそ演じられる役もあるけど、そのときにしか演じられない役ってありますよね。僕らはもう学ランを着るわけにはいかないですね」とAKIRAに言うと、AKIRAは「別所さん、ぜひやりましょうよ」と返し、会場を笑わせた。
一方、佐藤はAKIRAの作品について「僕が見てきた『CINEMA FIGHTERS PROJECT』の作品の中で、一番刺さっています。AKIRAさんの絶妙な話し方の間合いとか表情もすごいし、見終わったときには物語を2つ見たような気持ちになったんです。ものすごくオススメします!」と大絶賛。その言葉にAKIRAは「後輩に優しくするといいことがありますね。これからも大樹にたくさん優しくしていこうと思います」とうれしそうな笑顔を見せ「他の作品も豪華な作品となっているので楽しみにしていただければ」と、同プロジェクトをアピールした。
SSFF & ASIA 2019は29日から6月16日まで主に東京の各会場とオンライン会場で開催される

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.