画像: 【徳井健太の菩薩目線】第27回 ネットニュースをどれだけ摂取しても栄養素にはならない

【徳井健太の菩薩目線】第27回 ネットニュースをどれだけ摂取しても栄養素にはならない

“サイコ”の異名を持つ平成ノブシコブシ・徳井健太が、世の中のあらゆる事象を生温かい目で見通す連載企画「徳井健太の菩薩目線」。第27回目は、ネットに散乱するクソのような記事について、独自の梵鐘を鳴らす――。
独饅頭のようなネットニュースをどれだけ摂取しても栄養素にはならない
結局、ネットは現実社会とつながっている
インターネットの中に転がっている情報は、本当に怖いよね。
俺は考え事をしているときに、自分のヒゲを抜く癖がある。ある時、ネットサーフィンをしていると、“再び生えてくるけど、ヒゲを抜くと肌が荒れて病気になるかもしれないから抜いてはいけない”という記事が飛び込んできた。記事とは言えないような粗雑な文章だったけど。
ところが、他のサイトを見ると、“髪の毛を抜くと、生えてこなくなることがあるから抜いてはいけない”と書かれていて、“眉毛も自分で抜いてしまうと生えなくなるかもしれない”と書いてあった。なぜヒゲだけ生えてくるんだ? 髪の毛だって生えてくるじゃないか。専門医が見解を述べているわけでもなく、情報源も特に書かれていない。そもそも、これを書いている奴は、どこのどいつなんだ。
最後まで、記事とは言えないその文章を読むと、最下段に美容クリニックなどの広告が貼られていた。「ああ、インターネットだな」と思った。広告をワンクリックさせるための駄文が散乱している。本当に得たい情報を得ることは難しく、上位表示されるように意図的に設計された糞尿情報ばかりをつかまされる。インターネットってのは、恐ろしい独裁国家のような一方通行の世界が広がっていると、俺はヒゲを抜きながら思った。
俺自身、決してネットリテラシーが高い方じゃない。でも、信用できるか、信用できないかのアンテナは、そこそこ高い方だと思っている。ところが、こんな情報がいまだ検索上位に散乱し続けているってことは、どうやらネットリテラシー以前に、「この情報は信用できるか否か」の判断力に乏しい人がたくさんいるということなんだろう。毒饅頭かもしれないのに、嬉々として口の中に放り込んで、満足してしまうユーザーが少なくないってのは、恐ろしいもんだ。
毒饅頭は、やがて身体を蝕み、普通の饅頭との区別すらつかなくなる。廉価版の麻薬。当たり前のことだけど、自分が気に入ってお金を出して購入したものの方が尊い。情報は食料と一緒で、栄養価の高いものほど、自分にプラスをもたらすに決まっている。感想文みたいなそこらへんに転がっているネットの情報は、暇つぶしには最適かもしれないけど、どれだけ摂取しても栄養素にはならない。
あえてバカがはびこれるようにしているようにも見える
今やネットでウケる発言は、それなりに効果を持つようになった。俺たちがテレビで話した内容も、ネットでウケる部分ばかりが切り取られ、勝手にクソニュースに転用される。ネットTV番組にコメンテーターや論客として登場する人にしても、あえてネット向きの発言をしているなって横で見ていて感じることも多い。
媒体によって、スタンスを変えること自体は否定しないけど、ネットで支持されそうな意見、ネットリテラシーの低い人たちに迎合したアクションをしたところで、この先に何があるんだろうと思ってしまう。先述したような“髪の毛は生えてこない”ってレベルの情報がまかり通るような荒野で支持を得る。文字通り、不毛だと思うんだけど。まぁ、自己満足にはつながるのかもしれない。
俺たちは、舞台の上に立ったり、スタジオで話をしたりすると、反応がダイレクトに返ってくる。それこそお金を払って見に来てくれているお客さん、お金をかけて番組を制作しているスタッフが目の前にいる。ウケたらほっとするし、スベれば穴に入りたくなる。目の前で反応が分かるからこそ、自分たちに対する評価も受け止めることができるし、「気を抜いていると死ぬ」と感じることができる。そういうリアルな感覚とは違う評価を求めている人って、何に渇望しているんだろうか。
例えば、SNSの“いいね”とか“リツイート数”。あれって結局、何の評価なの? 信者よろしく熱狂的な固定ファンがいれば、内容の良し悪し関係なくネットにおける評価は好意に満ちたものになるわけだよね。その数字は、化けの皮が剥がれる前までは第三者にも通用するのかもしれない。だけど、フォロワー数をお金で買っていたなんてニュースがあったように、結局、その評価が当てになるのかって言われると、疑問符の連続だよ。
ネットの中の数字が、本当に評価できるものなのか否か。万能とも言われていたインターネットの世界で、いまだそれをクリアにしていなのはどういうことなんだろう。完璧に治る風邪薬を開発しちゃったら困る、というような話と近いものがあるのかもしれないね。
ネットを信用しすぎちゃいけない。ネットでしか幅を利かせられない人も信用しすぎちゃいけない。結局、真贋を見極められるかどうかは、日々の実生活の行いと直結しているんだから、滑稽だよ。ネットを上手に活用できる人って、とどのつまり現実社会でもうまくやっている人。インターネットのご利用は計画的に、ってことだよ。
※【徳井健太の菩薩目線】は、毎月10日、20日、30日更新です
【プロフィル】とくい・けんた 1980年北海道生まれ。2000年、東京NSC5期生同期・吉村崇と平成ノブシコブシを結成。感情の起伏が少なく、理解不能な言動が多いことから“サイコ”の異名を持つが、既婚者で2児の父でもある。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.