画像: TENGAはプレジャー、カルチャー、ヘルスケアをつなげる

TENGAはプレジャー、カルチャー、ヘルスケアをつなげる

今年3月、大規模リニューアルオープンを遂げた「阪急メンズ東京」の6階に、株式会社TENGAが国内では初となる常設店「TENGA STORE TOKYO」を出店した。
同社の製品は、現在、全世界 60カ国以上で販売され、累計出荷本数は7700万本を突破。今期の売上高は、前年同期比で125%。発売から14年が経つ今なお、成長の一途を辿っている。一般流通も拡大し、2018年には大丸梅田店に女性向けセルフプレジャーアイテム「iroha」の期間限定店が登場するなど、「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」という同社のスローガンを、まさに有言実行中だ。
とはいえ、百貨店のフロアの一部にセクシャルアイテムも扱う常設店を構えるというのは、見方によってはリスキーにも映ってしまう。人によっては、拒否反応を示すのではないか。
「阪急メンズ東京6階は、東京をベースに活動し、メインストリームと相容れない“異端”の空気漂うクリエーターファッションが集結するフロアをコンセプトにしています。ルールや時流に縛られず、自分らしく個性を装う男性を応援したい。突き抜けたファッションのヒントが詰まったこのフロアで、TENGAの展開はポイントと思っています」
そう語るのは、阪急メンズ東京広報担当者。今回の出店は、百貨店サイドからオファーを依頼したと明かす。
「私たち百貨店は、ファッションをベースにフロアを構成しがちですが、今回は逆の発想で考えました。ファッション以外にも音楽やアートなどはムーブメントの幹ですし、裏原宿などにはそこから派生し、見て見ぬふりをされるようなカルチャーがたくさんあります。そういったものの先にファッションがあるとすれば、枝葉から考えることで多様なストリートカルチャーを表現できるのではないかと。TENGA導入は、とても自然な流れでした」(阪急メンズ東京広報担当者)
実は、 2005年に商品化されたTENGAは、発売から14年経過する中で、そのイメージも大きく変わってきている。株式会社TENGA広報宣伝部の本井さんは説明する。
「昨年9月に実施したTENGAの男性認知度アンケートでは、20代89.3%、30代86.0%、10代86.0%、40代72.0%、男性平均は83.6%に上りました。かつては、「テレビで芸人さんが話す姿をきっかけに知った」という方が多かったのですが、昨今は「気が付いたら知っていた」という意見が多い(笑)。男の子同士がプレゼントするということも珍しくないほどです」
発売当時は、男性の自慰グッズとして面白おかしく扱われていたTENGAは、認知度が向上するとともに、ウケ狙いの道具から日常的に使うプレジャーアイテムとして浸透。「一人で寂しくオナニーなんて......」といったマインドから、「せっかくだったらより気持ちよく」という“プレジャー”的思考が広まったことで、TENGAは“カルチャー”としての展開を目指しているというわけだ。
「一方で、TENGA=オナホールという認識で止まってる方も多いです。我々も常設店を構えることで、TENGAが単にセクシャルアイテムを提供する場ではなく、性を通じたカルチャーを発信する場所ということを伝えていきたい」(本井さん)
「10代、20代前半のお客様やさまざまな業界からも問い合わせがあり、好調に推移しております」と 阪急メンズ東京広報担当者が語るように、オープンから約3カ月が経過し、反響は高い。カップルで来店する人も多く、本井さんによれば、「売上の約17%はTシャツ」とのことだ。プレジャーグッズに加え、アパレルの売上も上々。まさに、性を楽しむカルチャーの発信拠点になりつつある。
“ヘルスケア―プレジャー―カルチャー”を結ぶ、性のハブ「TENGA」
5000個売れればヒットとされた時代に、100万個を売り上げたTENGAは、瞬く間に業界のトップランナーに上り詰めた。だが、あぐらをかくことなく、視線はさらにその先をとらえている。
「我々が2017年に行った『オナニー国勢調査』(男性2000人を対象)の中で、「性の悩みを誰かに言えますか?」と質問したところ、7割の男性が「言えない」と答えています。笑いのネタとして冗談半分では話せるけど、本当に悩んでいるような真面目な話をできない人が少なくないんですね。「TENGA STORE TOKYO」では、そういった方々に対してもサポートできる場所でありたい」(本井さん)
まだまだプレジャーに至ることができない人たちがいるとすれば、カルチャーとは異なる視点が必要ではないか――。そんな疑問から、TENGAは、2016年11月にTENGAヘルスケアを設立する。泌尿器科医などと連携し、性機能サポート(主に射精障害の改善)用のオナホールや、妊活サポートのためのサプリメント、精液運搬用保温器などを開発・販売している。
自分でカンタンに精子を観察できるスマートフォン用精子観察キット「TENGA MEN’S LOUPE」、国内に270万人いると言われている膣内射精障害男性の悩みを解消するべく製造された「メンズトレーニングカップ」といった商品は、「TENGA STORE TOKYO」でも購入することが可能だ。
「TENGA STORE TOKYOの店長は、もともと営業を担当していました」という本井さんの補足も興味深い。TENGAは、バラエティショップを筆頭に販路を拡大してきた背景を持つが、中でもドラッグストアから理解を得る際は、大変な労力と時間を要したという。セクシャルアイテムを展開する企業ではなく、性を真剣に考える企業であることを伝え続けた結果、現在、約1万2000店舗のドラッグショップに置かれるまでになった。
「どうしても拒否反応を示す方々はいます。ですが、真摯に耳を傾け、理解をしていただいた結果、今に至っています。そういった営業経験を持つ人間が店長としてショップスタッフの育成をする意味は大きいと思っています。単なるショップスタッフではなく、悩んでいるお客様と向き合ったときに、「TENGA STORE TOKYO」だからこそ可能なケアができたら」(本井さん)
TENGAは、もはやセクシャルアイテムの製造販売を行うだけの企業にとどまらない。
「5月からは、「セクシャルウェルネスフォーラム」と銘打ち、現代社会が抱える性の問題について考えるセミナーを定期開催していきます。TENGAだからこそできる性のサポートを、さまざまな視点から考えていきたいです。 性を楽しむ人、性に悩む人、 TENGAがそういった方々のハブ機能になれたらと思っています」(本井さん)
プレジャーとカルチャーとヘルスヘアを連環させるTENGAの挑戦。19年前、アダルトショップで見かけたただただ卑猥だった当時のセクシャルアイテムを見て、「ものづくりに誠実さが感じられない、性を誰もが楽しめるものにしよう」と決意した松本光一代表取締役社長。その熱量は、まったく衰える気配がない。
(取材と文・我妻弘崇)
▼阪急メンズ東京:https://www.hankyu-dept.co.jp/mens-tokyo/
▼TENGA STORE TOKYO:https://tenga-store.com/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.