画像: 【FRONT LINE in 韓国】SCULPTOR人気の秘密は繊細なデザインと幅広い視野にあった

【FRONT LINE in 韓国】SCULPTOR人気の秘密は繊細なデザインと幅広い視野にあった

世界中どこでもファッション&ビューティにみんなが夢中。今はインスタで地球の裏側のトレンドだって、1タップでチェックできるけど、やっぱり現地で自分の肌で感じるものこそが本物の最先端、トレンド!【FRONT LINE】は、モデル、DJ、コラムニストとしても活躍する、一木美里が現地に飛び、最前線をリポート。世界からファッション&ビューティのリアルなトレンドを発信します。 第1弾は韓国。 K-POP、K-Beautyと世界から注目を集める韓国の最前線をリポートします!
今回は韓国の日本でも人気の高いファッションブランドSCULPTORのアートディレクターGAYOUNG KIMさんへインタビューをしてきました!
ーーーブランドのはじまりを教えてください。
「SCULPTOR」は2012年にはじまりました。ブランド名は彫刻家を意味しています。彫刻をしているようにパターンやシルエット、スタイルなど一つひとつ繊細にデザインをしていく、という意味を込めて、この名前をつけました。基本的に女性をメインに展開をしていますが、最近はユニセックス商品の展開もあるので、男性のお客様も増えています。今後は男性をターゲットをしたラインも拡大を考えています。
ーーー女性の洋服はどのようなサイズ展開があるのでしょうか。
もともとはフィット感があるサイズ感を中心に展開していました。今はニーズにこたえるために、スモール、ミディアム、ラージと増やして展開しています。スカートはスモールとミディアムサイズのみですが、今後はサイズを増やそうと考えています。
ーーー先日、日本でもポップアップをしていましたが、他の国でも展開を考えているのですか?
韓国以外ですと、まずは日本のお客様を一番に考えて展開しています。なぜかというと一番日本のお客様が多いからなんです。中国やヨーロッパやアメリカからもダイレクトメールをもらっていますが、日本の方の声がとても多いので、日本だけの専用ラインを発売しようと検討しています。
ーーーオススメの商品はありますか。
春先はカモフラージュやグリッター、ヴィンテージ加工をしたものがオススメです。スカルプターはツーピースが多かったりするので、そちらもオススメです。
ーーートレンドを知るためにチェックしているものはありますか
興味を持っている分野が多様なので、洋服をつくるために洋服のデザインだけを見るのではなく、インテリアやささまざまなデザイントレンドをチェックするのが大切だと考えていますが、日常生活から得るものもあります。トレンドを分析して作らなくちゃ!というよりは、これまで自分が見てきたものや歴史、例えば私だったらアメリカで海外留学をしていたときのインスピレーションだったり、2000年代のデザインを参考にすることもありますし、昔の映画や雑誌を参考にすることもあります。実際に今は、昔どのようなデザインがあったのかをみながらオリジナリティを活かしたヴィンテージ感をやっています。
ーーー具体的にどのようなものを参考にしたりするのですか
日本によく旅行に行きます。1年に7回ぐらい行くほど参考にしています(笑)。日本のファッションは韓国と違いとても多様です。なので、渋谷のどこかに座って通っている人をみるだけでもとても勉強になります。ショップも個人ショップがたくさんあって、そういったところも韓国と違いかっこいいなと思うところです。日本では、古着屋に行くことも多いですね。古着屋には昔のスタイルのものが多いので、それを見るのもとても参考になります。
ーーーいま韓国で流行っているものってなんでしょうか
最近はスリムフィットが流行っていて、ガーリッシュなスタイルも多くなりました。日本からきた言葉かもしれませんが”アメカジ”スタイルも最近韓国では流行っていると思います。少し前まで、韓国は流行に敏感で追いかける人が多かったと思いますが、最近は日本のようにライフスタイルが変わってきていて、”人の目を気にせず自分自身の感性を大切に”という人が増えてきています。最近日本では韓国のスタイルが流行っていると聞きますが、むしろ韓国では日本のライフスタイルやファッションスタイルが注目されているので、流行が逆なんだなと思うことがあります。
ーーー最後に日本の「SCULPTOR」ファンへメッセージをお願いします!
日本の方は、旅行の忙しいスケジュールのなかで、韓国のショールームによくきてくださる方が多く、本当にありがたいなと思っています。とてもうれしいですし、感謝しかありません。今後日本での展開を増やしていこうと考えていますので、これまでのようにこれからも「SCULPTOR」を愛してくれるとうれしいです。
ーーーありがとうございました!
<SCULPTOR>は名前通り、彫刻家のように パターン、シルエット、スタイルなど一つひとつ繊細にデザインしています。 ”Inspiring Youth”をブランドシンボルと掲げ、青春の繊細な感性をブランドストーリーとして伝ていきます。 今後は、ファッションだけじゃなくブランドの世界観を ユニークな感性でライフスタイルとしても表現していく予定です。
nstagram:@sculptor-jp ( https://www.instagram.com/sculptor_jp/?hl=ja )
日本語サイト: http://sculptor.co.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.