画像: 御茶ノ水で、お茶なビアガーデン! ビールやハイボール、料理まで日本茶づくし

御茶ノ水で、お茶なビアガーデン! ビールやハイボール、料理まで日本茶づくし

5月から夏のような日が続き、すでにビアガーデンシーズンが本格的に始まっている。そんななか、今日1日から、御茶ノ水の日本茶レストラン「レストラン 1899 お茶の水」で、一味違ったビアガーデンが始まった。抹茶ビールなど6種類のお茶ビールや、抹茶ハイボールと、お茶料理を提供する「抹茶ビアガーデン」だ。
今年で5年目を迎える同レストランの人気企画。一番人気は抹茶ビールで、ビールに抹茶を合わせるヘルシーなビアカクテル。飲み放題のお茶ビールは、ほうじ茶黒ビールや、和紅茶ビール、抹茶黒ビール、和紅茶黒ビール、ノンアルコールビールを使ったノンアル抹茶ビールと、抹茶ビール含めて計6種類。もちろん、通常もあり、計11種のビールを飲み比べられる。
新たに登場した抹茶ハイボールは濃い緑色のユニークな見た目のハイボール。宇治抹茶のすっきりとした苦みとウイスキーのコクが調和、口に含むと抹茶が香り、どんどんグラスが空になる。店舗では、「鶏の唐揚げ抹茶マヨネーズ添え」をペアリングする“抹茶のハイカラ”を推している。
さらに、白ワインに抹茶をブレンドした抹茶ワインもある。
「煎茶ローストビーフ」や、お茶のポテト・ソーセージ・ピザなど、お茶料理も楽しめる。
店内40席と屋外のビアテラス22席。飲み放題は2時間制で、3500円(税込)。9月30日まで。
▼RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU:http://1899.jp/ochanomizu/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.