画像: 初防衛の浜崎朱加が山本美憂に警戒感【6・2 RIZIN】

初防衛の浜崎朱加が山本美憂に警戒感【6・2 RIZIN】

序盤はフレイの打撃に苦戦
「RIZIN.16」(6月2日、兵庫・神戸ワールド記念ホール)でRIZIN女子スーパーアトム級王者・浜崎朱加が初防衛戦に臨み、ジン・ユ・フレイに判定勝ちを収め初防衛戦に成功した。
フレイはかつて浜崎が巻いたInvicta FC世界アトム級の現王者で“最強の挑戦者”ともいえる難敵。
1Rから打撃における距離、主導権の奪い合いが展開される。
浜崎は打撃で勝負に出るが、フレイは強烈な左ロー。浜崎の右のパンチに合わせたフレイのクロスを被弾した浜崎の唇がはれる。
手数では負けていない浜崎の左フックがフレイの顔面をとらえる場面もあったが、フレイの打撃はパワフル。2Rには浜崎の左にフレイがカウンターの左フックをクリーンヒット。そしてフレイの左ローで浜崎の右足は徐々に赤くはれダメージが蓄積されてくる。
3Rはグラウンドで完全制圧
しかし3R開始早々にフレイのローの打ち終わりに浜崎は組み付くと投げて難なくテイクダウン。上を取って、素早くハーフをキープ。ヒジを落とし、足を抜いてサイドをキープ。
まだまだ時間はあり、浜崎はこつこつヒザを打ち込み、徐々にクリーンヒット。
させていく。最後はフレイの右腕を足で殺しパンチ、そしてヒジを連打しフィニッシュを狙うが、フレイもな体をずらしクリーンヒットを何とか回避。
ここで試合終了のゴング。極めきることはできなかったが、判定はジャッジ3者とも浜崎を支持。浜崎が初防衛を果たした。
浜崎は試合後のリングで「対戦したことがあるフレイ選手は強いことは分かっていた。試合前もこれまでにない緊張があった。ホッとしている。極めたかったがなかなかいいポジションが取れなかった。次はしっかり極めたい」と話した。
ハム・ソヒにも「勝ってもらって、挑戦してもらいたい」
また試合後の会見では「ユニファイドルールだったら、1ラウンド、2ラウンドは取られていたと思います。打撃勝負がしたくて打ち合いましたけど、いいのもらったので、3ラウンド目はテイクダウンで行こうかなとその時、思いました」と試合を振り返った。また、打撃を試してみたい気持ちもあって2Rまでは打撃で勝負したが、2R目からグラウンドで勝負する展開も可能だったよう。「一発いいのもらってたんですけど、それ以外は、なかった」と自身は特にフレイの攻撃に危機感はなかったという。
今後については「今回もINVICTAのチャンピオン連れてきてくれた。まだまだ他にも強い選手連れてきてくれると思うので、しっかり勝利して防衛したい」と話し、この日参戦が決まったハム・ソヒについては「勝ってもらって、挑戦してもらいたい」とした。またこの日、浅倉カンナに勝利を収めた山本美憂についても「数年前に比べたらかなり強くなっている印象があるし、何と言ってもフィジカルが強い印象があり、油断していられないというか、脅威じゃないですが、侮れない相手です」と話した。
「RIZIN.16」(6月2日、兵庫・神戸ワールド記念ホール)
◆第14試合/ISKA世界フェザー級タイトルマッチ ISKAユニファイドルール:3分5R(57.0kg)
●マーティン・ブランコ(アルゼンチン/LA PALESTRA KBOX)(2R2分19秒、KO)那須川天心(TARGET/Cygames)〇
◆第13試合/RIZIN女子スーパーアトム級 タイトルマッチ RIZIN女子MMAルール:5分3R(49.0kg)※肘あり
〇浜崎朱加(AACC)(判定3-0)ジン・ユ・フレイ(アメリカ/MOHLER MMA)●
◆第12試合/スペシャルワンマッチ RIZIN女子MMAルール:5分3R(49.0kg)
●浅倉カンナ(パラエストラ松戸)(判定0-3)山本美憂(KRAZY BEE / SPIKE22)〇
◆第11試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(120.0kg)※肘あり
●ロッキー・マルティネス(グアム/SPIKE22)(判定1-2)ジェイク・ヒューン(アメリカ/Unit 27)〇
◆第10試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(59.0kg) ※肘あり
〇中村優作(チーム・アルファメール・ジャパン)(判定3-0)トップノイ・タイガームエタイ(タイ/TIGER MUAY THAI)●
◆第9試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg) ※肘あり
●ダロン・クルックシャンク(アメリカ合衆国ミシガン州/Michigan Top Team)(判定0-3)トフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン/ORION FIGHT CLUB)〇
◆第8試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg) ※肘あり
〇魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS)(3R4分32秒、TKO)カナ・ハヤット(アメリカ/BODYSHOP FITNESS TEAM)●
◆第7試合/スペシャルワンマッチ RIZINキックボクシングルール:3分3R(59.0kg)
●国崇(拳之会)(判定0-3=29-30、29-30、28-30)堀尾竜司(TRY HARD GYM)〇
◆第6試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg)※肘あり
〇山本アーセン(KRAZY BEE/SPIKE22)(1R2分4秒、KO)ティム・エスクトゥルース(アメリカ/Scorpion Fighting System)●
◆第5試合/スペシャルワンマッチ RIZINキックボクシングルール:3分3R(63.0kg)
●山口裕人(山口道場)(判定0-3=28-30、28-29、28-30)白鳥大珠(TEAM TEPPEN)〇
◆第4試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(59.0kg) ※肘あり
〇征矢貴(パラエストラ松戸)(1R4分5秒、KO)川原波輝(総合格闘技スタジオSTYLE)●
◆第3試合/スペシャルワンマッチ RIZINキックボクシングルール:3分3R(60.0kg)
●一刀(モンスタージャパン)(2R18秒、KO)中村寛(BKジム)〇
◆第2試合/スペシャルワンマッチ(オープニングマッチ) RIZINキックボクシングルール:3分3R(56.0kg)
〇植山征紀(龍生塾ファントム道場)(1R2分42秒、TKO)拳剛(誠剛館)●
◆第1試合/スペシャルワンマッチ(オープニングマッチ) RIZINキックボクシングルール:3分3R(69.0kg)
〇憂也(魁塾)(1R2分45秒、TKO)田中STRIKE雄基(BFA-SEED)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.