画像: 山本舞香が“目玉”をパクリ!? “東京喰種”のコラボカフェで喰種気分を満喫

山本舞香が“目玉”をパクリ!? “東京喰種”のコラボカフェで喰種気分を満喫

「東京喰種:re CAFE」内覧イベントが4日、会場となる池袋パルコ「THE GUEST cafe & diner」にて行われ、映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』(7月19日公開)で新たにヒロインの霧嶋董香(トーカ)を演じる山本舞香が登壇した。
石田スイの人気原作を実写化した映画『東京喰種 トーキョーグール』の続編。人を喰らわないと生きられない“喰種”と人間のハーフとなってしまった主人公カネキ(窪田正孝)の前に、美食家〈グルメ〉と呼ばれる史上最悪の喰種・月山(松田翔太)が現れ、喰種VS喰種による死闘が描かれる。
劇中の衣装で登場した山本は、その一見グロテスクなメニューにやや躊躇(ちゅうちょ)したもののカネキの隻眼カレーや「美食家」月山のローストビーフなどを試食すると「おいしい! お肉も柔らかい!」とご満悦。最後にはモッツァレラチーズで作った“目玉”もパクリ。「実際、味は大丈夫かなと疑っていたんですけど、おいしくてびっくりしました」と笑顔を見せた。
「まず写真を撮れるのが面白いじゃないですか。それに喰種の気分になって食べられるのも楽しいし、味もしっかりおいしい」とコラボカフェの内容に大満足。
さらに公開を控える作品について「前作よりパワーアップしている」と意気込みを見せた山本。「アクションシーンが大変でした。今回はワイヤーアクションがあって、自分の自由がきかないというか、釣られて引っ張られて、なので。コントロールが難しかったんですけど、すごいカッコいい仕上がりになっているので期待していただければと思います」と胸を張った。
最後に山本は「ラスト20分の喰種対喰種のバトルももちろん見どころなんですが、人間と喰種のドラマもすてきなのでそこも注目していただきたいなと思います。映画を見る前にこのカフェに来ていただいて、喰種の世界に浸っていただきまして、それから映画を見てください。そうしたら親近感がわくかもね!」と映画とカフェをアピールした。
「東京喰種:re CAFE」は池袋パルコ(6月6日〜7月15日)など全国4会場にて開催。映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』は7月19日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.