画像: 木村ミノルがK-1の現状に危機感。「本当の格闘技ファンに満足できるものを提供できていない」【6・30 K-1】

木村ミノルがK-1の現状に危機感。「本当の格闘技ファンに満足できるものを提供できていない」【6・30 K-1】

近藤戦のダメージは回復。公開練習で順調な仕上がりを披露
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」(6月30日、東京・両国国技館)に出場する木村“フィリップ”ミノルが6月4日、都内で公開練習を行った。
木村はウェルター級のスーパーファイトでK-1初参戦となるオーストラリアのクルーズ・ブリッグスと対戦する。
この日は1分半のミット打ちを披露した。
木村はK-1 KRUSH FIGHTの5月大会で近藤魁成と対戦。KO勝ちを収めたのだが、自身も1度ダウンを喫し、ダメージが心配されていたのだが、練習後の会見では「コンディションは運よく万全のまま、少し休んで回復も順調にいっていて、ばっちりだと思う。問題ないと思う」と仕上がりについては順調なよう。
その近藤戦について「改善点が見つかったのは良かった。次の相手もムエタイスタイルなので課題は一緒かなと思っている。でも近藤選手のほうがやっかいな相手。前回の試合があってさらに気も引き締まったのでいい経験ができた」などと振り返った。その改善点については「蹴りが全くない(笑)。近藤選手だからそういう試合になったということもあるが、僕だけ別競技をやっていた。本当はもっとオールラウンドにパーフェクトな試合をしたかった」などと話した。
今回の試合については「今はダメなところを直す意識を持って練習している。強豪相手にどれだけのことができるか自分でも楽しみ。今までの試合が反省ばかりではないので、いいところを残しつつ、どうアレンジしたり付け加えられるかが課題。強い相手とやるとなるとそこは必要。次はそれを課題にしたい。パンチで豪快に倒すボクシングスタイルは“ミノルはすごい”というのはもう十分分かってもらえたと思うので、次はパーフェクトなコンビネーションとか、そういう鮮やかな面も見せて、“ああ、こういう一面もあるんだ”というものを見せる日にしたい」などと進化した姿を見せるつもりのよう。
「WWEの神様が味方をしてくれると確信している」
大会の前2日間、両国国技館ではWWEの日本公演が開催されるのだが、WWEユニバースでもある木村は「2日間やるとなると結構、両国国技館にWWEの神様が深くしみ込んでいると思う。WWEの神様が好きな選手といえば僕なので、味方をしてくれると確信している。楽しみ。勝ち方までWWE的になると、また逆転とかになっちゃうんで、今回は圧勝したい。WWEを2日間見た人でもK-1を見て、“すげー”と迫力を感じられるような大会にできると思う。3日公演だと思って来いと言いたい(笑)。K-1とWWEのコンセプトは一緒。ワールドエンターテインメント。同じ場所でやるということは比べられる。比べてもらうものがあるだけでも幸せ。そこでインパクトで勝ちたい。結果として自分の試合のほうが面白かったと言われれば間接的に勝ったということになる。それを狙っている」などと闘志を燃やした。
ちなみに木村の好きな選手は「ジョン・シナ、レイ・ミステリオ、ショーン・マイケルズ、トリプルH」とのこと。その理由は「一生名前が残るスター。ダーティーとクリーンなイメージの中間にいるような選手で、どっちかに偏りすぎないという感じがすごく好き。そこに男を感じる」などと話した。WWEについては「エンターテインメントだけど、リングの中のパフォーマンスも素晴らしいし、それ以外のストーリーもあって映画を見ている感じがして好き。選手は体つきを見ても徹底的に鍛え上げているし、節制もしている。発言も考えてやっているし、パフォーマンスも素晴らしい。アスリートとして見習うところばかり」などとその魅力を解説した。
「あの頃のK-1はエナジーとパワーとバイブスとかすげえものをもらって帰った」
また木村は昨今、K-1の在り方について口にすることが多かったのだが、この日は少し踏み込んだ発言をした。
木村は「前のK-1に出ていた選手とかファンの人に“何で今、こういう選手が有名だったり、この試合内容でフォーカスされるのかが分からない”とよく言われる。そういう意見を聞くと、まだ本物を分かる人がいるんだということを感じてすごくうれしい。そんななかで逆に申し訳なくも思った。今のK-1は本当の格闘技を好きな人が満足できることがなくなっている。本当の格闘技が好きな人が満足できるものを提供できていないと思う。だから僕はそこを救ってあげたい。まあ、それは俺が間違っているならそれでいいんですけど。そう思うから、今の状態を変えたい。変える一歩として、何も言わないでリングで見せ続ければ何かが変わると思う。今は本物のファンがかわいそう。本物のファンを満足させてあげたいというのが大きなモチベーションになっている」などと話した。
そして「あの頃のK-1は本当に救われた人がたくさんいた。今のK-1は何か悩み事があって、試合を見に行った時になんて思いますか? 記者会見で立派なことを言って、ダラダラした試合をして勝って、“俺すげえだろう、有名だろう”って言ってそれに何か元気をもらえますか? それで次の日に会社に行く元気が出ますか?って。だからみんなSNSとか発言ばかりが元気になる。前のK-1は違うし、僕も救われた。見に行けば何かをもらえるんですよ。エナジーとパワーとバイブスとかすげえものをもらって帰った。それは今のファンがもらえないのはかわいそう。同じお金を払って、同じ会場に行くのなら同じものを提供しなければいけないから、すごく申し訳ない気持ちになる。あなた方が見て来たK-1というものを僕たちが新しく作ったつもりで、全く違うものになっているのは全く申し訳ない。これは言う人がいないと変わらないと思う。僕は変えたい。本当に変えたいと思うから口では言わない。行動で示していく」などと続けた。
「今は盛り上がっているんじゃなくて笑われている」
また「今回、自分以外で注目しているのが玖村兄弟。同じジムだから言うわけではない。彼らはとびぬけた発言をするわけではないし、何か注目を集めるようなことを言うわけではないが、試合の中のパフォーマンスは素晴らしいものがあるし、結果も素晴らしいものを出し続けている。何より顔がいいし、カッコいいし、華やか。彼らは全部本物。彼らの試合って見てて面白いじゃないですか。格闘技好きで彼らの試合が面白くないという人はモグリだと思う。このトーナメントでは彼らがどう活躍するかがK-1を救う起爆剤になる」などと「K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント」に出場する玖村修平と玖村将史への期待を口にした。
そして最後に「彼ら2人と僕。僕が思い描いていることができたら、K-1はすごく変わると思う。みんな勇気をもって変える方向に進んでほしい。変わった先にすごい景色が見えます。今の人は目先のことを求めすぎる。何か言ったらユーチューブで再生回数が上がる、人気が出たと勘違いする、脳がバグる。ドラッグと一緒。そのときばかりに溺れて、結局何も残らない。そんなものは絶対に作りたくない。僕は僕の思い描くK-1を作りたい。今は盛り上がっているんじゃなくて笑われている。それを再生回数がいいとかで勘違いしている。目先じゃない。ひとつ奥に、深いところにいけばみんな幸せになると思うし、K-1が職業として立派なものになる日が近いと思うので、僕に任せてくださいって感じ」などとK-1の現状に対する危機感と未来への手がかりを話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.