画像: 松木氏が17歳でA代表入りの久保に期待「僕の若い頃を思い出す」

松木氏が17歳でA代表入りの久保に期待「僕の若い頃を思い出す」

「日本を応援する人は予選からしっかり見て」
サッカー解説者の松木安太郎氏が6月8日、「コパ・アメリカブラジル2019」に出場するサッカー日本代表に檄を飛ばした。
松木氏はこの日、スポーツチャンネル「DAZN」と大型スポーツ専門店の「ゼビオ」がパートナーシップを締結したことを記念して行われたトークイベントに出演した。
松木氏は「コパ・アメリカはW杯より優勝することが難しいといわれている大会。一番多く優勝しているのがウルグアイで15回。ブラジルは8回しか優勝していない」と解説。その理由として「W杯のグループリーグはさまざまな地域の国が入り混じっての戦いとなるが、コパ・アメリカのグループリーグは歴史ある南米の国だけ。そこが本気でくるから予選では何が起こるか分からない」と話し「だから日本を応援する人は予選からしっかり見てほしい」と詰め掛けたサポーターに呼びかけた。
日本と対戦する各国については「第1戦のチリは連覇がかかっているから気合が入っている。注目する選手はビダル、サンチェス。でも1戦目の日本戦に出てくるかは分からない。1戦目としてはチリにとっては日本は嫌なチームだと思う」
日本代表には「予選を突破してほしい」「エクアドルには勝ってほしい」と要望
2戦目のウルグアイは「この前、日本が勝った。今回、ウルグアイは相当気合を入れてくる。そういうウルグアイは怖い。注目はスアレス、カバーニ。ただ若手の成長の場にしたいというニュアンスもあるので、将来を見越したチームで臨むかもしれない」
3選目のエクアドルについては「FIFAランクでは日本が上だが要注意。3戦目で勝負がかかるとフルパワーでくる。でもエクアドルには勝ってほしい」などとそれぞれ解説した。
日本については「南米のチームはコパ・アメリカになるとガラッと変わる。どれくらい戦えるか。優勝と言いたいけど、それは難しい。予選を突破してほしい」と話した。
松木氏はこの日のトークでは17歳でA代表入りを果たした久保建英の名をたびたび上げるなど期待の高さをうかがわせ、その際には「久保を見ていると僕の若い頃を思い出す」といつもの松木節も飛び出した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.