画像: ロリンズが王座防衛!そしてレスナーもカーブストンプでKO!【6・7 WWE】

ロリンズが王座防衛!そしてレスナーもカーブストンプでKO!【6・7 WWE】

WWEのサウジアラビア大会「スーパー・ショーダウン」(現地時間6月7日、ジェッダ/キング・アブドゥッラ・スポーツシティ・スタジアム)でユニバーサル王者のセス・ロリンズがバロン・コービンを相手に防衛戦に臨んだ。
前回のロウでMr. MITB”ブロック・レスナーに襲撃され、脇腹を負傷したロリンズはコービンにそこを狙われて劣勢となるも、スリングブレイドやトペ・スイシーダ2連発を繰り出して反撃を狙う。
さらにロリンズがコービンのディープシックスをカウント2で返すと、イラついてパイプ椅子攻撃を狙うコービンと制止するレフェリーが口論に発展。するとロリンズはその隙を逃さず、背後からコービンを丸め込んで3カウント。ロリンズが辛うじて試合に勝利した。しかし納得のいかないコービンは試合後にエンド・オブ・デイをロリンズにお見舞い。
するとそこへレスナーが代理人のポール・ヘイマンと共に登場。倒れ込んだロリンズに対してキャッシュイン(権利行使)するかと思われたが、ヘイマンがロープに引っかかってMITBブリーフケースをリングに落とすと、その隙にロリンズがローブローをレスナーに炸裂。
「ストンピング・グラウンズ」でロリンズvsコービンの再戦決定
さらにロリンズは「キャッシュインしてみろ!気分はどうだ」と叫びながらパイプ椅子でレスナーを滅多打ちにすると、最後はカーブストンプを食らわしてとどめを刺した。
また、バックステージではコービンの抗議が受け入れられ、PPV「ストンピング・グラウンズ」(現地時間6月23日、米ワシントン州タコマ/タコマドーム)でロリンズvsコービンの再戦が行われることが決定した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.