画像: ショートフィルムの祭典が「令和」を迎え新たなスタート

ショートフィルムの祭典が「令和」を迎え新たなスタート

米国アカデミーへの道がさらに開ける!「SSFF & ASIA 2019」開幕
国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2019」のオープニングセレモニーが5月29日、都内にて行われ、上映作品の出演者や審査員、プレゼンターなどを務める豪華な顔ぶれが登場した。
華やかなオープニングで注目部門の受賞作を発表
新元号・令和となった今年、ついに21年目の開催を迎えた「SSFF & ASIA 2019」。冒頭、映画祭代表を務める俳優の別所哲也とフェスティバルアンバサダーを務めるLiLiCoは「平成が始まった1989年は自分たちにとっても思い出深い年」と語り、LiLiCoはデビュー、別所はハリウッドデビューを果たした年だったと振り返った。今年からオフィシャルコンペティションのグランプリ「ジョージ・ルーカスアワード」に加えインターナショナル、アジア インターナショナル、ジャパン各部門の優秀賞と「ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社」の優秀賞が、アカデミー賞の短編部門の参加資格を得ることとなったことも紹介。
オープニングを迎えたこの日は「Shibuya Diversity Award」、「第8回観光映像大賞(観光庁長官賞)」、「第5回ブックショートアワード大賞」、「地球を救え!部門 supported by リンレイ 優秀賞」などの受賞作が発表された。「Shibuya Diversity Award」のプレゼンターを務めた長谷部健渋谷区長は、受賞したヴィト・パルミエリ監督作について『街角のワールドカップ』を手がけた「多様性は渋谷の大きな原動力。いろいろな多様性があるなか、本作は国籍の多様性というテーマで大変勉強になりました」と語った。
オープニングを迎えたこの日は「Shibuya Diversity Award」、「第8回観光映像大賞(観光庁長官賞)」、「第5回ブックショートアワード大賞」、「地球を救え!部門 supported by リンレイ 優秀賞」などの受賞作が発表された。「Shibuya Diversity Award」のプレゼンターを務めた長谷部健渋谷区長は、受賞したヴィト・パルミエリ監督作について『街角のワールドカップ』を手がけた「多様性は渋谷の大きな原動力。いろいろな多様性があるなか、本作は国籍の多様性というテーマで大変勉強になりました」と語った。
おとぎ話などの二次創作小説を募集し映像化する「ブックショートアワード大賞」では、昨年の受賞作を映像化した『名前って、ふたつ以上の鐘の音』を披露上映。名前にコンプレックスのある青年の成長を描く物語について主演の大和孔太は「台本を読みながらずっとニヤニヤしていました」と振り返り共演の柳ゆり菜も「コンプレックスは他者の視線があって生まれるものだけど他者の存在によって受け入れることもできるんだと気づきました」、同じく小池亮介は「コンプレックスにいかに無神経でいられるかを意識して演じました」と振り返った。LiLiCoが、劇中で見せる大和の“お尻”を「きれいだった!」と絶賛し会場の笑いをさそう一幕もあった。
「地球を救え!部門 supported by リンレイ 優秀賞」の表彰では、審査員を務めたモデルの冨永愛が「自分がこれから何ができるか考える機会になった」と振り返り、同じく宮沢和史が「環境というテーマで、これだけの切り口があることに驚いた。地球環境がこれほど危機に瀕しているということを見せることも大事だが、これだけ地球が素晴らしいんだということを子供たちに伝えることも未来を切り開く力になるのかなと思います」と本部門の意義を語った。
映画を通して女性映画人の思いを発信する「Ladies for Cinema project」プレゼンターの木村佳乃は「たくさんの国の作品を拝見させていただき、女性たちがまったく違う悩みだったり、まったく異なる文化でも同じような悩みを抱えているのだと知り勉強になりました」と振り返った。さらに「CINEMA FIGHTERS project」第3弾に出演するEXILE AKIRA、佐藤大樹も登壇。豪華ゲストがステージに勢ぞろいしセレモニーは終了。
SSFF & ASIA 2019は29日から6月16日まで都内5会場とオンライン会場にて、一部有料イベントを除き無料で上映。
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 (SSFF & ASIA 2019)
【開催期間】5月29日(水)〜6月16日(日)
【上映会場】東京 計5会場予定 およびオンライン会場 ※開催日時は各会場によって異なる
【各上映期間】6月11日(火):赤坂インターシティコンファレンス the AIR/6月11日(火)〜6月14日(金):アンダーズ 東京 Andaz Studio/6月13日(木)〜6月15日(土):シダックス・カルチャーホール
【料金】無料上映(一部、有料イベントあり)
【鑑賞方法】オフィシャルサイトにて予約申し込み ※当日券あり
【URL】https://www.shortshorts.org/2019

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.