画像: K-JeeとRUIがクルーザー級王座を賭け九州頂上決戦【8・31 K-1 KRUSH】

K-JeeとRUIがクルーザー級王座を賭け九州頂上決戦【8・31 K-1 KRUSH】

K-Jeeは「いつかやるとは思っていたが、結構早かった。俺も覚悟を決めないといけない」
「K-1 KRUSH FIGHT.104」(8月31日、東京・後楽園ホール)の第1弾カード発表会見が6月12日、都内で開催された。
今年の1月大会からスタートした「初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメント」の決勝戦、K-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)vs RUI(K-1ジム蒲田チームキングス)の一戦が正式に発表された。
K-Jeeは1回戦で工藤勇樹を、準決勝では杉本仁をともにKOで破り決勝へ。RUIは1回戦で愛鷹亮をKO、準決勝では植村真弥を判定で破り、決勝に上がってきた。
2人はともに九州出身で、福岡の名門ジム「リアルディール」でともに切磋琢磨した仲。
今回の対戦にあたりRUIは「1回戦からK-Jee選手とやりたいと言っていて、8月31日にとうとう試合が決まった。うれしい。その一言に尽きる」、K-Jeeは「いつかやるとは思っていたが、結構早かった。試合をするにしてもタイトルマッチという舞台でできるということはすごく良かったと思う。全力で来てほしい。RUIは1回戦で負けると思っていた。まさかここまで勝ち上がってきたので、俺も覚悟を決めないといけないという感じ」などとそれぞれ話した。
K-Jee「学校が一緒、バイトも一緒、ジムも一緒」、RUI「遊ぶ時も、飲みも一緒」
今回かかるK-1 KRUSH FIGHTのベルトについてはK-Jeeが「始めた時からK-1のベルトが欲しかった。KRUSHのベルトが欲しいなんて一度も思ったことがないので、ベルトにかける思いはない。ただこのトーナメントが組まれて、ここを通過するのがK-1への近道。実績も詰めるし、いいことしかない。K-1への過程にこれがあるだけ」、RUIも「僕もK-1のベルトが欲しい。目の前にあるベルトは国内最強のベルトととらえている。しっかりと巻いて、この先の景色を見たい。そのために必要なものだと思うので、しっかり取らせてもらう」とともにもっと大きな夢への通過点という意識のよう。
2人は10年来の付き合いでK-Jeeが「学校が一緒、バイトも一緒、ジムも一緒。そんな感じ(笑)」と言えばRUIは「後は遊ぶ時も、飲みも一緒」と続ける。やはりやりづらさはあるようでK-Jeeは「あんまりやりたくないですよ。俺は優しいんで、殴れないかもしれないです」とジョークまじりも、今後再びグローブをまじえる可能性については「理想はK-1のベルトをかけて...。やらなくていいならやりたくないですけど、もしほかにそういう強い選手が現れなかったらそうなると思う。その時は思いっきりやります」と話した。
RUI「彼を越えていかないと、その先にはたどり着けない」
一方のRUIは「結局、彼を越えていかないと、その先にはたどり着けないので、ここは避けては通れない。一人の人間として大好きで実の兄のように慕っていますが、今回は試合なんで。タイトルマッチだし、プロとしてしっかり切り替えて勝ちます。今回は日本一が決まる。これからお互い勝ち上がっていくと、またやることも出てくると思う。その時は世界最高峰、K-1のベルトを賭けてやりたい。そうすると夢がまた膨らむ。地方ももっと盛り上がってくる」などと話した。
「K-1 KRUSH FIGHT.104」(8月31日、東京・後楽園ホール)
〈この日発表されたカード〉
◆K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/K-1ジム五反田チームキングス)鈴木勇人vs左右田泰臣(挑戦者/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
◆初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
(K-1ジム福岡チームbeginning)K-Jee vs RUI(K-1ジム蒲田チームキングス)
◆K-1 KRUSH FIGHT女子-52kg契約/3分3R・延長1R
(スウェーデン/Allstars training center)ヨセフィン・ノットソン vs 壽美(日本/NEXT LEVEL渋谷)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.