画像: 二度目の王座挑戦の左右田が中澤戦のトラウマ払拭へ本気のベルト獲り【8・31 K-1 KRUSH】

二度目の王座挑戦の左右田が中澤戦のトラウマ払拭へ本気のベルト獲り【8・31 K-1 KRUSH】

二度と踏み台にはされたくない
「K-1 KRUSH FIGHT.104」(8月31日、東京・後楽園ホール)の第1弾カード発表会見が6月12日、都内で開催された。
K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級王者・鈴木勇人(王者/K-1ジム五反田チームキングス)が左右田泰臣(挑戦者/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)を挑戦者に迎え初防衛戦に臨む。
左右田はこの日もマスク姿で会見に登場。
「自分はあくまでもK-1スーパー・ライト級のベルトが目標で、それは今でも変わらない。でも今、一番欲しいのはK-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級のベルト。もし今、この場にこのベルトに挑戦したいという方がいるのであれば立候補していただきたい。大丈夫ですか? 誰もいないということなので、この僕が挑戦させていただきます」と相変わらずつかみどころのないトークを展開。
しかし「目標はK-1のベルトであるのは変わりないが、それを取りに行くために必要なベルトと思った」と話し、以前、当時の王者・中澤純に挑戦するも敗れたことに触れ「負けてベルトを取れなかったことはもちろんそうですが、その時のチャンピオンだった中澤純さんにごりごりに踏み台にされてしまったので、そういう思いは二度としたくない。しっかりと今回は本気で取りに行きます」と中澤戦のトラウマを払拭すべく、今回は本気でベルトを目指すことを表明した。
鈴木は「ここで勝つか負けるかでは今後の格闘家人生に大きく影響してくる」
一方、鈴木は王者として受けて立つ立場なのだが、これまでの実績では左右田のほうが上とあり「K-1のトップで活躍されている左右田選手と試合をすることができて、いまからワクワクしていて楽しみ。自分はチャンピオンで迎え撃つ立場であるとは思うが、挑戦者のつもりで全力で行って、左右田選手を越えたい」などと挑戦者のマインドで臨むことを明らかにした。そして「ここで勝つか負けるかでは今後の格闘家人生に大きく影響してくると思う。尊敬するファイターではあるが、ここは何が何でも勝って、上に行かせてもらう」と強い決意を口にした。
また互いの印象については左右田は「どの選手も相手が決まればネットなどで相手のことを調べると思うんですが、僕も鈴木選手のことをインターネットを使って調べました。そうしたらいろいろと出てきました。以上です」、鈴木は「ボクシング技術があるのとディフェンス力が高いと思う。フィジカルが強いと思う。自分は映像を見ても分かるタイプではないので、実際に向き合った時に感じるものがあると思う。そんな感じ。パンチは警戒したい」などとそれぞれ話した。
「K-1 KRUSH FIGHT.104」(8月31日、東京・後楽園ホール)
〈この日発表されたカード〉
◆K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/K-1ジム五反田チームキングス)鈴木勇人vs左右田泰臣(挑戦者/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
◆初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
(K-1ジム福岡チームbeginning)K-Jee vs RUI(K-1ジム蒲田チームキングス)
◆K-1 KRUSH FIGHT女子-52kg契約/3分3R・延長1R
(スウェーデン/Allstars training center)ヨセフィン・ノットソン vs 壽美(日本/NEXT LEVEL渋谷)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.