画像: 令和元年に昭和・平成なおもちゃで遊んでみる【東京おもちゃショー2019】

令和元年に昭和・平成なおもちゃで遊んでみる【東京おもちゃショー2019】

昨年は来場者数が16万人を超えた「東京おもちゃショー」は、昭和37年に「第1回日本玩具国際見本市」として始まったイベントだ。今年は6月13日から16日までお台場のビッグサイトで開催されている。
今回の「東京おもちゃショー2019」では約3万5千点の商品が出品されているが、TOKYO HEADLINEでは担当編集者が昭和生まれということもあり、大人向けのアイテムに注目していこうと思う。
こだわりを感じる懐かしみアイテム
まずは紹介したいのがタカラトミーアーツの「昭和スマアトテレビジョン」。昭和のブラウン管テレビといえば、ダイヤルをガチャガシャ回してチャンネルを切り替えて、時々やってくる砂嵐が画面に現れると本体を叩いて直す......そんなことを思い出させる外見に昭和生まれはグッとくるはず。
「昭和スマアトテレビジョン」は“昭和時代のテレビ体験”が出来るアイテムで、本体に専用アプリをダウンロードしたスマートフォンをセットすると昭和風なレトロな画質で動画を再生することが出来る。操作はもちろん“ダイヤル”でチャンネルを切り替える事ができ、動画の画質も「白黒」「カラー(1960年代風)」「カラー(1980年代風)」「地デジ」の4種類を選択が出来る。
さらに驚きの機能が「砂嵐手振動修復方式」。これは「地デジ」以外のモードで動画を再生すると画面が乱れ砂嵐を、テレビ本体の天面を手でコツコツと叩くと修復できるといった機能。こだわりが凄すぎます。
他にもUSB電源で可動する「昭和扇風機」やBluetoothスピーカーを搭載した「昭和レコードスピーカー」、録音も可能な「昭和ミニラジカセ」などの商品も見逃せないアイテムだ。
昭和スマアトテレビジョン
定価:4298円(税込)(株)タカラトミーアーツ
約2000パーツで構成されたνガンダムは伊達じゃない
昭和生まれの編集者が注目しないわけがない「ガンダム」。1988年に公開されたガンダムでは初の完全新作劇場作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場した主役MS「RX-93 νガンダム」が、アニメや設定画以上のリアル表現で立体化した完成モデル「METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム」。
このνガンダムは、約2000パーツで構成され“実物するもの”として内部構造までイメージした全高約370mmの超精密完成品モデルで、各部装甲の展開ギミックや、メンテナンスハッチオープンや全身に渡る彩色とマーキング。さらに発光ギミックも内蔵しておりユーザーの「鑑賞」と「遊び」の心を満たす内容になっている。
パーツの構成などは“実際に動かす時になにが連動して動くのか、生産ではどこで分割されることが適正か、整備時はどこを開けるか......”などの重なられた考察の上で完成されたガンダムを手にとって自分なりの解釈や理解を深めたいと思うベテランガンダムファンも多いだろう。
「METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム」
価格:93000円(税抜)2019年12月発売予定(予約受付中)株式会社BANDAI SPIRITS
リカちゃん人形やレトロゲームの令和版を再確認
昭和から愛されているリカちゃんの東京2020大会記念バージョンや、1988年に誕生したセガ5番目の家庭用テレビゲーム機メガドライブの復刻版「メガドライブミニ」。他にも2008年に23年間、愛されていたおもちゃ屋さん「ハローマック」が「ハローマック」ブランドとして復活など昭和生まれでも見どころ満載のイベントだ。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.