画像: ライト級王者・林健太が凱旋試合でトルコの「若き天才」と対戦【8・24 K-1大阪】

ライト級王者・林健太が凱旋試合でトルコの「若き天才」と対戦【8・24 K-1大阪】

家族との沖縄旅行後に戦闘モードに切り替え
K-1が現体制になってからの大阪大会第2弾となる「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」(8月24日、大阪・エディオンアリーナ大阪)の第1弾カード発表会見が6月16日、都内で開催された。
3月の「K'FESTA.2」で当時の王者・卜部功也を破り、第3代K-1ライト級王座に就いた林健太が地元・関西に凱旋を果たす。
林は約半年ぶりの試合となるのだが「K-1の世界チャンピオンという響きにみんなも家族も喜んでくれた。去年は休む暇もないくらい試合をしたが、今回は久しぶりに半年くらい空いたので、ゆっくりとリラックスして家族と過ごした。心の充電もできたので、そろそろ試合に向けて動き出したい」と話した。
林は功也との試合後にこれまで苦労を掛けた家族との時間を持つことを話していたのだが、この間、念願の「ピザづくり体験」も実現。今月11日の息子の誕生日には奥さんも行きたがっていたというディズニーシーにも行った。昨年は試合とかぶることが多く行けなかった沖縄旅行については、「やっと行けそうになって予約した日に台風が直撃して飛行機が飛ばなかった。沖縄にはどうしても行かないといけないと思って、来週、家族で沖縄旅行に行って、いったんリラックスモードは終了。試合に向けて戦闘モードに入ろうと思う」とのこと。
相手のコメントに「18歳なら百歩譲って、健太君か健太さんじゃないと」
対戦相手のデニス・デミルカブはトルコの18歳。プロ戦績こそ8戦しかないが、アマチュアと合わせると70戦以上のキャリアを誇る「若き天才」といわれる強敵だ。
林はデニムについて、そのコメント中に林のことを「健太」と呼び捨てにしていたことに触れ、「18歳なら百歩譲って、健太君か健太さんじゃないと」と突っ込み、「映像を見てないので何とも言えないが、ちゃんと健太君か健太さんと呼ばせられるようにボコボコにしてやろうと思う」「名前も聞いたことがない相手。こんな奴に負けたら功也君に申し訳がない。しっかりKOで倒したい」などと話した。
そして「ゴンナパーにリベンジしなければというのはある。僕自身、いつまでもあの右フックで瞬殺された映像を使ってほしくないので、そろそろリベンジしたい」と今後についてはゴンナパーへのリベンジを挙げた。
また林は兵庫出身で兄・将多と弟・勇汰と兄弟3人揃っての大阪大会出場を目指しているのだが「3兄弟で大阪大会に出たいと言い出したのはお兄ちゃん。“それを目指して頑張るわ”と言って5月に復帰したんですが、しょっぱなでこけやがったんで余り偉そうなことは言えない(笑)。でも7月にK-1 KRUSHで試合を組んでいただけたので、“しっかり挽回してくれよ、お兄ちゃん”という感じ。弟は6月のK-1両国大会に出るのでしっかりといい勝ち方をしてもらって、お兄ちゃんにももう1回いただけたチャンスを無駄にせず、しっかりといい勝ち方をしてもらって、3人で大阪大会に出たいという気持ちはいっぱいある」という。果たして大阪大会で林3兄弟の揃い踏みは実現するのだろうか...。
「山崎秀晃vs平山迅」バチバチの打撃戦は必至!
スーパー・ライト級のスーパーファイトで「K-1 AWARDS 2018」で年間ベストバウト賞を受賞した山崎秀晃が平山迅を相手に復帰戦を行う。
山崎は昨年12月の大阪大会の安保瑠輝也戦がベストバウトに選ばれたのだが、その試合で頬骨を骨折。そのケガも癒え、今回の復帰となった。
対する平山は倒すか倒されるかの試合を信条とするK-1ジャパングループ指折りのハードヒッター。Krushウェルター級戦線では歴代王者たちとも対戦し、敗れはしたがいずれも先制のダウンを奪うなど、タイトルまであと一歩の状態が続いていた。今年から所属ジムもシルバーウルフへ移籍し、4月のKRUSH後楽園大会を前にスーパー・ライト級へ転向し、KO勝利を収めている。
このスーパー・ライト級は6月の両国大会ではゲーオ・ウィラサクレックvs安保瑠輝也のタイトル戦が行われ、KING OF KNOCK OUT 初代スーパーライト級王者の不可思がK-1初参戦を果たすなど、なにかとにぎやかな階級。
山崎が「ハードパンチャーでバチバチに打ち合ってくれそうな選手なので楽しみにしていてほしい。僕にしかできない試合というものがある。お客さんに“やっぱり山崎の試合だな”と言われるような試合を見せたい。それを平山選手とならできると思う」などと話す。
これに対し平山は「俺はそんなに打ち合わないと思う。もっと長く格闘技を続けたいんで、賢くいこうと思います。すいません」と言いつつも「山崎選手とやったら自然とバチバチになると思う。でも今の気持ちは冷静にいきたいと思っている」と続ける。
これを聞いた山崎は「僕も毎回気持ちは冷静なんですよ。多分、平山選手とは性格的に似ているところがあると思う。面白い試合になると思う。第1試合とかオープニングでもいいんで、会場に火をつけたい」とやはりバチバチの展開になりそうな雰囲気となった。
野杁はムエタイの強豪と対戦。「1RKO目指す」
3月の「K'FESTA.2」で日本人無敗を誇るジョーダン・ピケオーに挑むも敗れてしまった野杁正明がウェルター級のスーパーファイトで復帰を果たす。
対戦相手はタイのシンスリヤー・サクチャイチョート。シンスリヤーはムエタイの殿堂ルンピニーとラジャダムナン両スタジアムのランキング1位に名を連ねる強豪。K'FESTA.2で武尊と対戦したヨーキッサダー、6月の「K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント」に出場するペッパンガンに続いて、中量級でも強豪ムエタイ戦士がK-1に襲来することとなった。
野杁は「再起戦の割には相手が強過ぎるかな、とは思っているが、そういう本物の相手とやることを僕も望んでいる。ムエタイ最強といわれているなかで、今年の3月に武尊君がK-1最強ということを証明してくれたんで僕がここで負けるわけにはいかない。しっかりマットに沈めてK-1最強を改めて証明したい」と話す。
相手については「ムエタイで活躍しているが、K-1ルールに向いているのではないかと思う。映像を見て穴も見つけたので問題ない。蹴りの威力は向こうかもしれないが、技のバリエーションは僕のほうが多い。トータル的にも負けてないと思う」などと自信を見せた。
また改めて「打倒ピケオー」を掲げ「そこを目指すにあたって、大したことのない選手とやってもいいアピールはできない。こういう強い選手とできるのはうれしい。分かりやすく倒さないとダメ。12月の大阪大会のように1RでKOを目指して、がつがつ行って必ず倒したい」と話した。
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」(8月24日、大阪・エディオンアリーナ大阪)
〈この日発表されたカード〉
◆スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)林健太 vsデニス・デミルカプ(トルコ/Elite Training Center/Team)
◆スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)野杁正明vsシンスリヤー・サクチャイチョート(タイ/Sakchaichot GYM)
◆スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)山崎秀晃vs平山迅(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
◆スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R
(日本/谷山ジム)城戸康裕 vsカルロ・ドンヤシュフィリ(ジョージア/Mejiro Gym Worldwide)
◆スーパーファイト/K-1女子-52kg契約/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)KANA vs真優(日本/月心会チーム侍)
〈参戦予定選手〉
皇治(TEAM ONE)
大和哲也(大和ジム)
篠原悠人(DURGA)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.