画像: この夏、東京近郊で見られるパラリンピック競技が目白押し!【観戦ポイントにも注目!!】

この夏、東京近郊で見られるパラリンピック競技が目白押し!【観戦ポイントにも注目!!】

いよいよ1年後に迫ってきた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会。世界中からトップアスリートが集まるスポーツの祭典に、わくわくしている読者も多いはず。先月のオリンピック観戦チケットの申し込みに加え、この夏には、パラリンピック観戦チケットの販売が始まる。実は、パラスポーツは、独自のルールや見どころが満載! 夏季シーズンの今、東京近郊で見られる大会もあるので、来年に向けてぜひチェックしたいところ。今回は、先日開催された大会のリポートとともに、パラリンピック競技の見どころ、注目選手を紹介。
感覚を研ぎ澄ませ!
ブラインドサッカー日本一決定戦が開幕
走る足音、ボールの音、相手の気配や息遣い。あらゆる感覚を研ぎ澄まして行うスポーツが、ブラインドサッカー、通称ブラサカだ。ブラサカは、アイマスクを装着して行うサッカーで、選手たちは、音の鳴るボールによってボール位置を把握し、プレーする。「見えない」からスロープレーだと思ったら大間違い。「ボイ!(スペイン語で「行く」の意)」という掛け声とともに、選手たちはピッチを縦横無尽に動き回り、果敢に相手ボールを奪いに行く。一度生観戦したら、そのスピードと迫力にきっと驚くだろう。
6月1日には、全国のブラインドサッカーチームの頂点を決める「第18回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権」が東京で開幕した。今年は初となる東京・福島2会場での開催が決まり、沖縄勢は初出場となった。東京会場の予選ラウンドを制したのは、文京区拠点のfree bird mejirodai(以下、目白台)。3度目の出場で、初の決勝進出を決めた。
目白台は、平均年齢23歳の若いチーム。これまでは日本代表経験のあるエースストライカー、鳥居健人が得点源となり、プレーを牽引する試合が多かったが、今回は違った。初日から園部優月や丹羽海斗など、若手選手が続々とゴールし、勝利の立役者に。準決勝まで全勝で勝利のリレーをつないだ。「チーム全員が得点を狙っていけるチームになりたかった。こういう大会で決めてくれたというのは、本当にうれしい」と鳥居。若手の才能が開花し、チーム全員でつかんだ決勝進出だった。
ブラインドサッカーのプレーには、「静寂と熱狂」が入り混じる。試合中、選手たちは、監督やキーパー、ガイドからの指示、味方の声、ボールの音など、あらゆる「音」に集中している。そのため、ピッチ外の観客は音を立てずに試合を見守ることが求められる。静寂のなか繰り広げられる激しい攻防戦は、ブラインドサッカーならではの魅力だ。もちろん、ゴールが決まったときは一緒に声を出して喜ぼう。
日本一が決まるFINALラウンドは7月7日。東京・調布を舞台に、決勝戦と3位決定戦が開催される。過去最多22チームの頂点に立つのはどのチームなのか。ピッチを駆ける選手たちの激闘に注目だ。
ガイド(コーラー)の指示に注目
ゴールの後ろにいるガイドは、ゴールまでの距離や位置などをフィールドプレーヤーに声で伝える重要な役割。「味方の位置や、相手のディフェンスの並びなど、目に見える情報を的確に伝えるようにしています。選手によって、欲しい情報が違うので、普段の練習でどういう情報が欲しいか聞くようにしていますね」と語るのは、目白台のガイド・高橋めぐみさん。試合中には、シュートを放つ角度を「10時の方向」など、時計の針に例えて分かりやすく伝えているのも聞き取れる。
16年ぶりシッティングバレー国際大会が開催!
最年少アスリートにも注目!
「せーの、いっぽん!」
コート上に選手たちの威勢の良いかけ声が響き渡るのは、シッティングバレーボールの試合会場。5月23〜26日、日本で16年ぶりの開催となるシッティングバレーの国際大会「シッティングバレー チャレンジマッチ2019」が千葉ポートアリーナで開催された。
シッティングバレーは、その名の通り、座ったままプレーするバレーボール。ルールはオリンピックの6人制バレーボールとほぼ同じで、バレーボールを見たことがある人なら、誰もが楽しめる競技。常に床にお尻をつけた状態でプレーするため、ネットの高さやコートの広さが小さく設定されているのが特徴で、床面ギリギリのレシーブや、ジャンプしないからこそ可能なスピーディーな攻撃は、見どころのひとつ。
日本では16年ぶり、2回目の国際大会となった今大会。4日間行われた大会では、4000人を超える観客が来場し、中国、カナダ、イタリア、日本の計4カ国が熱戦を繰り広げた。アジア王者で世界ランキング2位の中国が、今大会でも強さを見せつけて優勝。2位はイタリア、3位にカナダ、日本は4位という結果だったが、強化してきたサーブ力を生かし、格上の相手に健闘した。
シッティングバレーの魅力は、一体感あるプレー。お尻を床につけたまま移動するので、選手ひとりひとりが動ける範囲は通常より狭く、そのため、全員で拾い、全員でつなぎ、全員で攻める「全員バレー」が求められる。それを実現させるために、シッティングバレーは、ほかの競技に比べて、コミュニケーションが盛んだ。プレーごとに交わされる掛け声や、アイコンタクト、ハイタッチなど、選手同士の距離とともに、気持ちの距離も近いチームスポーツ。年齢もばらばらな選手たちがプレーを通じて生み出す強い一体感には、思わず目を奪われるはず。次回の国内大会は、7月に台東区で行われる夏パラバレーボール選手権。バレーボールの新たな魅力を発見できるかも。
今後の主な大会情報
●7月6〜7日【陸上競技】第24回関東パラ陸上競技選手権大会(町田市立陸上競技場)
●7月7日【5人制サッカー】第18回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権FINAL(アミノバイタルフィールド)
●7月13〜15日【シッティングバレーボール】第22回夏パラバレーボール選手権大会(台東リバーサイドスポーツセンター)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.