画像: 宇垣美里&EXIT辛いお寿司にエキサイト「味は激うまぷんぷん丸!サイコー&ガーファンクル」

宇垣美里&EXIT辛いお寿司にエキサイト「味は激うまぷんぷん丸!サイコー&ガーファンクル」

フリーアナウンサーの宇垣美里と、お笑いコンビのEXITが17日、都内で行われた「かっぱ寿司の夏 新商品発表会」に出席した。
寿司ネタのように旬でフレッシュな顔ぶれとして登壇。宇垣とEXITは初対面で、兼近が「はじめま、ですね」と、あいさつ。りんたろー。が「でもなんか初めての気がしませんね......」と続けて、大盛り上がり。2人に挟まれた宇垣は「こんなに近くで聞けるなんて!」と大喜びだった。宇垣の印象を聞かれた兼近は「何度もしつこく連絡先を聞いたけど、教えてくれたないので、結構カタい子っすね」。宇垣は「一度も聞かれてない!」とカラカラと笑った。
発表会では、復活を果した人気メニューのえびそば一幻監修「えびラーメン」、大トロとウニもしくイクラを合わせた手巻き寿司感覚で食べられる「三段つかみ寿司」、寿司を味変して楽しむ「シビ辛ソース」を試食。
感想を聞かれると、宇垣は「お寿司だけじゃなくてラーメンも、ピり辛もいろんな味が楽しめるので楽しいんじゃないかなと思った」。兼近は「味は激うまぷんぷん丸!サイコー&ガーファンクル! まさかあの音が聞こえるとは。どんな歌を歌っているかは分からないんですけど」。りんたろー。は「サイドメニューなのにあんな本格なものを食べられると思っていなかった。時代は変化したなと思いました」と、しみじみと語った。
「M-1は、そんな興味ない」それなのに「正直、仕上げてきている」
イベント終了後の取材では、漫才頂上決定戦の「M-1」が話題に。
兼近は「M-1は、そんな興味ないっすね。やっぱ、おじさんたちがただ見ているだけでしょ。俺らは令和の芸人だから。そんなのどうだっていいです。漫才を新しく作り変える、それがEXITなんじゃないんですかね......どうだい?(笑)」と、いつもの調子。りんたーろー。は「ネタ書いているの俺なんです......」と、苦笑いでうつむいた。
もともと、兼近が出場したいとM-1を目指して始まったコンビ。先日行われた「M-1」開催会見では2019年の大会へ「ダメージスーツ」を準備をして臨むと宣言している。
ちなみに、コンビの目標は「海外に進出して、世界中のみんなを笑わせたい」(兼近)。りんたろー。は「初めて聞きました。でも彼の夢をかなえたいという気持ちはあるので、行きたかったらついていく覚悟です」と、語った。
この日もダメージジーンズでポンポン言っちゃった兼近だったが、「ナンバーワン一発屋とも言われている。みんなが応援してくれれば、そういうふうにはならないので、これからもよろしくお願いします」とあいさつし、会場を後にした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.