画像: 【インタビュー】スガダイロー「スガダイロートリオ」5年ぶりのオリジナルアルバムが6・19リリース

【インタビュー】スガダイロー「スガダイロートリオ」5年ぶりのオリジナルアルバムが6・19リリース

ジャズピアニストのスガダイロー率いる「スガダイロートリオ」が5年ぶりのオリジナルアルバム『公爵月へ行く』を6月19日にリリースする。5年ぶりといっても3年前にメンバーチェンジがあったので、実質初のアルバムといってもいいかも。またスガ自身、この5年の間に演劇の音楽を担当するといった新しい出会いもあり、ピアノとの向き合い方にも微妙な変化もあった。そんな意味でも注目度の高い作品となっている。
ここ数年取り組んできた「人の曲を弾く」「勉強する」がいい感じに形になったアルバム
そもそもなぜメンバーチェンジを?
「前々からその3人でやることには行き詰まりを感じていたんです。あとはだんだん3人のスケジュールを合わせることが大変になってきた。そんなことが重なって、こういうことになりました」
今回のアルバム、タイトルからしてデューク・エリントンをコンセプトの軸に置いた作品のようだが...。
「もともと『公爵月へ行く』という曲があるんですが、それを発表しようと思ったら、たまたまエリントンさんの生誕120周年でした」
その曲を作ったのは?
「2年くらい前ですね。ライブでは弾いていました」
今回のアルバムはオリジナル曲とエリントン、セロニアス・モンク、ジョージ・ガーシュイン、ハービー・ニコルス、市野元彦といったミュージシャンの曲のカバーで構成されている。この面々は自分の中ではリスペクトする存在?
「たまたまですけど」
たまたまリスペクト?
「(笑)いや、たまたま選んだらそういう形になった」
数あるリスペクトするミュージシャンがいる中で今回はこのメンバーを選んだ?
「コンセプチュアルに選んだわけではなくて、たまたま。そういえば3人ピアニストになっているな、とか。デューク・エリントンとジョージ・ガーシュインは多分同い年くらいじゃないかな」
昔から聴いていた?
「3年前に『マハゴニー市の興亡』という舞台で音楽監督をやった時にドイツのクルト・ヴァイルさんという作曲家の曲をやって、それでユダヤ人とジャズについていろいろ調べていたんです。そこでガーシュインやエリントンに興味が出てきて、最近は意識して聴いていました」
3年前から?
「もっと前から好きなんですけど、俺はあんまり人の曲は演奏しないんです。でも最近は人の曲をちゃんとアレンジして研究して演奏してみようかなという気持ちになって、そういうことをやりはじめていたんだけど、だんだん形になってきて、曲も増えてきた。だから今回このアルバムを作るために取り上げたわけではないです」
ライブでやってきて熟成されてきた?
「そう。いい感じに育った曲を入れてみたという感じなんだけど、結果としてまとまりはあるものになったとは思う」
やっていく中で?
「結果的にまとまった」
いつもそうじゃない?
「結局それしかない(笑)」
市野さんは? メンバーの千葉広樹とともにrabbitooというバンドを組んでいるが。
「前から今回カバーした曲が好きだった。知り合いとしては俺のほうが古いですね」
「I loves you porgy」というガーシュウィンの曲。原曲はかなり静かなのだが、アルバムではものすごく激しい曲になっている。
「すごくアレンジした曲もあるし、ほぼそのままじゃんというのもある。そこもあまり意識していないんです」
モンクもスガ同様、即興を得意としていた人。モンクの曲に譜面なんてある?
「あるっちゃあるんですけど、本人は譜面を書かなかったらしいんで誰かが再録したんだと思う。俺も一冊持ってます。モンク自身も時期によってちょっとずつ変わったりはしているけど、いつ聴いてもだいたい常識の範囲というか、この曲だな、と分かる範囲では演奏していますね」
今回、モンクはそこまでは外れていない?
「モンクの曲は外れてます。ほとんど外れちゃってる。譜面通りに弾く曲もあるんだけど、たまたま今回の曲は弾いているうちにそういう形ができて来ちゃった。ニコルスの曲はほぼ原曲のまま変えずに弾いています」
モンクの数多くの曲の中でこの曲を選んだのは?
「モンクの曲はいろいろ弾いているんですが、今回はアルバムのバランスを考えてこの曲にしました」
他の人の曲は?
「デュークは...コラージュみたいにしたくて、いろいろぐちゃぐちゃにしてみました」
映画『男はつらいよ』の車寅次郎の台詞からインスパイアされたという非常に長いタイトルの曲がありますが...。
「曲名が思いつかなくて(笑)」
寅さんは?
「大好き。全部見ているんだけど、もう3周しました」
イメージの中には渥美清がいた?
「寂しい曲だったんだけど、“毎年返ってくるツバメが帰ってこなかったら寂しいな”と、ふと思いつきまして(笑)」
映画の中にこういう台詞がある?
「あります。寅さんがケンカをして成り行き上出て行かなきゃいけないんだけど、実は止めてほしい。そういう“止めるんなら今だぞ”という時に必ず言うセリフ。“止めろよ”ということを長ったらしく言っているだけ。普通に、“サクラ止めるなよ”と言うときもあれば、これを言うときもある。すげえカッコつけてて面白い(笑)。あと、すげえ長いタイトルをつけたかったというのもあった(笑)」
『君の見る夢』は結構古い曲。俺、演奏した記憶がなかった
去年はソロでオリジナルアルバム『季節はただ流れて行く』を発表した。そのほかにもスガダイロートリオ、リトルブルー、スガダイロー・中村達也 DUOとさまざまなバンド、ユニットで演奏するが、やりたいことによってその形態をチョイスしている?
「そこはあまり関係ないですね。計画的にはやっていない。同じ曲でもやる人によって違ってくる。やっていくうちに曲はだんだん育っていくんですが、誰とやるかで育ち方も変わってくる」
意図的に“こう育てよう”というわけではなくて?
「やってみて、“さて、どうなっていくんだろう?”というようなやり方。あまり押し付けたり、細かいコンセプトやビジョンはなくて、やっているうちに見えてくる感じ」
すべてがフリー?
「だいたいそう。たまにコンセプトを決めてやることもあるけど、結局なるようにしかならない」
スガのアルバムは曲が熟成された段階で録れる曲は録ってしまい、その中から選曲して1枚のアルバムにするという形を取るという。コンセプチュアルなアルバムは最初から決めて録ることもあるが、最初からそういうことを考えないでスタートし、決めないで録ってその中から選ぶ。こういうアルバムの作り方は特有? ジャズってそういうもの?
「それは人によると思う。俺は氷山の一角みたいなやり方が好きなタイプ。“これしかない”というものを出すのは嫌。いくらでもある中から“今回はこれを出す”みたいな感じがいい」
ライブではアルバムの中から演奏しながらも、出さなかったところからも演奏したり。
「そう。それくらい余裕のあるほうが俺は好き。たくさんある中からその時その時に一番いいものを出す。いろいろなカードを持っているといった感じ」
野球やサッカーも底辺が広いほうが強い。
「“この11人しかいない”って感じじゃ、ダメ(笑)。俺はそういうタイプ。でも育たなかったら容赦なく切り捨てる。新曲でも“こりゃダメだな”と思ったら」
でも10年くらい寝かして良くなる曲もあるかも。
「演奏しなくなっても一度曲の形にしたものは、ブロックじゃないけどばらしてもなんとなく組める。新しいパーツにしたりとかもできるんで、そこも無駄じゃない」
4~5年経って、心境の変化があって引き出すことも?
「ある。だからあまりむきになって演奏もしない。ひっこめちゃう」
それを待ってるファンもいるかも。
「たまに言われます。“あの曲やらないんですか?”って。突然言われてもだいたい弾けない。忘れちゃってて(笑)」
ずっとライブを追いかけて、5年ぶりくらいにそんな待っていた曲が聴けたらその人は幸せだ。
「今回の一番最後の曲『君の見る夢』はそんな感じ。これは結構古い曲。俺、演奏した記憶がなかったんだけど、演奏したのを聞いたことがあるって人がいた」
そういう曲はまだまだある?
「どれくらいあるかは分かんない。でも引き出しを開けたら、“あれ? これなんだっけ? あああれか?”みたいなことはよくあるし、出してみたら意外に良かったというのはある」
今回カバーした中でハービー・ニコルスは他のミュージシャンと比べちょっと異質な感じがする。
「ハービー・ニコルスというのはマイナーで不遇なピアニスト。モンクやエリントンみたいにみんなが演奏するような曲じゃない。あまり演奏する人もいないし研究も進んでいないから、何をやっているのか分からないという謎のピアニストなんです。それでここ1年以上、ライブでこの人の曲を取り上げて演奏していました」
謎のピアニスト?
「謎ですね。他のピアニストでこの人の曲を演奏しているのを聞いたことがない。謎です」
でもその存在や、曲自体はみんな知っている?
「誰も手を出さない。手出し無用というか」
手出し無用とは?
「なんか理論がよく分からない。それに技量が試されちゃうんで怖いなって思う。どうやって料理するか。聴く人が聴けば、どれだけ自分がその人と対峙できているかが見えてしまう」
ハービー・ニコルスは謎のピアニスト。他のピアニストが演奏しているのを聞いたことがない
今まで対峙したことがある人がいないから、その対峙の仕方が正しいかどうか分からない?
「うん。だからやってみたって感じ。今回はその中でも1番わけの分からない曲を選んだ」
確かにこのニコルスは情報が一番少ないかも。
「そう。すぐ死んじゃってるし。不遇ですね。弾けば弾くほどイライラしてくる(笑)。“なんなんだよ、この曲は?”ってなってくる(笑)」
自分の中でとらえきれない?
「そういうところを結構狙っているというか、とらえられないようにしているんだろうなって」
そういう人は今までは。
「うーん、なかなかここまでの人はいないかな。くせがなかなかのもの。何度真似してみても“この人、何でこういうふうに弾いたんだろう?”というのはよく分からない」
今まで手を出してこなかったものに今回なぜ取り組んでみようと?
「特に理由はなかった。思いつき。こうなったらやってみようと。去年あたりから“ちょっと勉強不足だな”と思って、人のやってることも勉強しなきゃダメだということを自分に課した時期があった。それでニコルスは聴くのは好きだけど弾くの嫌だなって思っていたんだけど、ちょっと弾いてみようと思った」
今回収録した『Wild Flower』は原曲に比べてアレンジは?
「してないです。ニコルスのは結構原曲通りに弾いている曲が多いかな」
それはニコルスをとらえきれないなかであまりアレンジしてしまうのは怖かったとか?
「そうですね。自分の中にもっとこの人が自然に入ってきたときに変えられるかな、みたいな。だから今回は俺の中では。絵でいえば模写に近い感じかも」
逆にいうと今は模写しかできない?
「できない。自分なりのニコルス像が出せない」
これは後々どうなるかというのは聴く側も本人も楽しみなのでは?
「そう。でもニコルス自体、聞く人がいないから、これをいろいろアレンジしても誰にどう認識してもらえるんだろう?みたいなところはある(笑)。モンクなんてポピュラーだからファンも多いし、いろいろ変えたら“おお、こういうふうに変えたんだ”って聴き方ができるけど、この人の場合はなにがなんだか(笑)」
模写しているのに変えていると思われたりして。
「模写しても認識されないんじゃないかとか(笑)。それくらい変な曲」
地道に有名にしていく作戦?
「そう。いろいろなところでちょこちょこ弾いて、仕込んだりしてる。いろいろな人と共演した時に譜面とか渡しているから、ちょっとずつ知られてきているんじゃないかって(笑)」
スガのオリジナル曲の中にも気になる曲名の曲がある。『Acoustic Kitty』とか。
「Acoustic Kittyというのは1960年代にCIAが35億円かけて作った兵器の名前。猫に盗聴器を仕掛けて、人になつかせて盗聴させるっていう」
SFの話じゃなくて?
「本当に作ったらしいですよ。ただAcoustic Kittyは実戦投入されて、数十秒でタクシーにはねられて死んでしまった(笑)。余計なものがついているから朦朧としていたのかな。はねられて35億円がパーになった(笑)。ブルーピーコックっていう生きている鶏で温める爆弾っていうのもあって、一時期、そういう“トンデモ兵器”が好きになった時期があった。いや、今でも好きだけど(笑)。変なことやっていて日の目を見ないものが面白い」
スガの曲はただでさえ聴いてみるまでどんな曲に仕上がっているのか分からない油断のならない曲ばかり。今回は寅さんといいAcoustic Kittyといい、曲のタイトルにも油断のならないアルバムとなっているようだ。
趣味人スガダイローが「もう蕎麦屋にいけない」そのわけは?
スガといえばこだわりの趣味人でもある。最近、スガのSNSをのぞくと「蕎麦」と「フィギュア」の話題が目立つ。
「蕎麦は最近減っているんですよ」
以前にも一度、蕎麦ブームが来てましたよね。
「来てました。で、あまりのコスパの悪さにやめた。満足するそばを食べるには1500円とかかかる。よく考えたら全然栄養ないんですよ(笑)。高いしで、頭にきてやめた。今回は結構続いていたんですけど、同じ所には二度行かないと決めているので、ついに行ける蕎麦屋がなくなった(笑)。結局、6時には会場に行ってリハをしなければいけないから、通し営業か5時くらいから始まっているところじゃないと行けない。5時半から始まっている店には行けないんですよ。近所だったら6時に始まってるなら、すぐに行って6時半からリハということもできるんですが、それができる店は全部行き尽くしてしまった。もう行く店がない(笑)」
うまい店でも1回しか行かない?
「そう。自分で決めたことなんで。同じ店に行ってもしようがない。ということで今はちょっとやめてます」
先日は下北沢で4軒回っていた。
「ざるだったら4軒くらい行けますよ(笑)。3000~4000円かかっちゃうけど」
ではしばらくお休み。
「もうこれ以上どうしようもないんで。あとは新しいライブハウスを見つけるしかない(笑)」
そう都合よくライブハウスの近くに蕎麦屋があるとも限らない。
「駅がかわればまだまだあるでしょう。今狙っているのが池袋。それに新橋にライブハウスがあったら出演したいなって思ってる。新橋には蕎麦屋はたくさんある。でもわざわざ蕎麦だけ食べに行く時間はないんですよ」
見るからに「これは...」という店でも行く?
「“うわ、これかよ”みたいな店もありましたよ(笑)。でもこれだけ回って分かったのは、うまい蕎麦はほとんど味が一緒。まずい蕎麦のほうが多種多様。まずさのほうが奥が深い(笑)。うまさには意外と深みがない」
歴史があるから、もう天井が見えてしまっているということ?
「そうそう。本当にちょっとの差。なんかちょっと違う、みたいな。ラーメンやカレーはいろんなところでいろんなうまさがあるんだけど、蕎麦はだいたい同じところに落ち着く」
シンプルゆえにですかね。
「そうだと思う。水の良さと蕎麦粉の良さとタイミングみたいなもの? 結局ほとんど同じような高みに到達しちゃうんじゃないかなって。だから中くらいの蕎麦屋のほうが面白い」
フィギュアは?
「前からやってるんですが、最近まとめてたくさん買っちゃった。一気に揃えちゃうタイプなんです。プラモデルもやりますが、どっちでもいいんです。形が良ければフィギュアでもプラモデルでも。自分で作って色も塗っちゃうし」
(TOKYO HEADLINE・本吉英人)
スガダイロートリオ「公爵月へ行く」
velvetsun products 6月19日(水)発売 CD 3240円(税込)
スガダイロートリオ NEW ALBUM RELEASE TOUR
6/19(水)盛岡 岩手銀行 赤レンガ館
6/20(木)八戸 デーリー東北ホール
6/21(金) 函館 あうん堂ホール
6/22(土)白老 しらおい創造空間 蔵 w/ マレウレウ
6/23(日)札幌 ザ・ルーテルホール w/ マレウレウ
6/25(火)秋田 THE CAT WALK
6/26(水) 酒田 Lush Life
6/27(木) 山形 Noisy Duck
6/28(金) 新潟 Jazz FLASH
6/29(土) 長野 バックドロップ
TOUR FINAL
7/8(月) 渋谷WWW

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.