画像: 5度目の防衛ピケオーが試合中のまさかの事実を明かす【6・21 K-1 KRUSH】

5度目の防衛ピケオーが試合中のまさかの事実を明かす【6・21 K-1 KRUSH】

神保の「特攻魂」相手に打ち合いを想定も...
「K-1 KRUSH FIGHT.102」(6月21日、東京・後楽園ホール)の一夜明け会見が6月22日、都内で開催された。
ダブルメインイベント第2試合でK-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級タイトルマッチを行い、神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)を3-0の判定で破り5度目の防衛を果たしたジョーダン・ピケオー(オランダ/マイクスジム)が前日の試合について改めて振り返った。
ピケオーは判定勝ちという結果については「自分が試合前に予想していたような試合にはならなかった。勝つことができたが、KOできなかったのは残念だ」と話し、その理由について神保が「全然思った通りの試合をしてこなかったというのが率直な気持ち。もともと特攻魂とはお互いに立ち止まって打ち合うという、そういう試合をイメージしていたが、彼は試合が始まるなり、自分の周りを距離を置いて回るような形でポイントを取る試合をしてきた。自分が想像していたような試合ではなかった」とした。そして「ここ3試合、和島(大海)選手、木村(“フィリップ”ミノル)選手、野杁(正明)選手とは打ち合う試合をしてきた。そういう試合をすることでファンも盛り上がる。自分もそういう試合をしたかったので、それを期待していた。結果的に神保選手との試合はそういう試合ではなかった。それも戦略だったかもしれないが、最初に言っていた前へ出る、KOしに来ると言っていたのは、ファンの皆さんに嘘をついた試合だったと思う」などと神保の戦いぶりを評した。
リングサイドの木村とアイコンタクト「なんか俺にやってほしい?」
最終ラウンドはディフェンステクニックを見せつけるような試合展開だったのだが、「ああいう試合をしている中で、リングサイドに木村選手がいることに気づいて、試合中ではあったが、アイコンタクトで“なんか俺にやってほしい?”って合図をしたら木村選手もああいう動きをした」と試合中にロープを挟んで木村“フィリップ”ミノルとの“会話”があったことを告白。3Rに突如ピケオーが左ボディーブローに右フックとつないで神保がピケオーにしがみつきあわやダウンのシーンがあったのだが、これはまさにそのアイコンタクトが生んだ一撃だったよう。あのシーンについても「神保が自分に寄りかかってきたけれどもダウンはとられなかった」と冷静に振り返った。
試合後の会見でピケオーは「試合というよりスパーリングだった」と発言したのだが、この日も「自分が何かしようとすると神保は逃げる動きをして、試合というよりもスパーリングのような感じになってきた。それで最終的にスパーをしてパンチを当てるイメージに自分の中でなっていった」と話した。
K-1 2階級制覇にKRUSHのベルトという変則3冠王も
試合後にK-1 WORLD GPウェルター級王者の久保優太がリングに上がり、対戦に前向きな姿勢を見せたことから、近いうちに久保との対戦が予想されるのだがピケオーは「久保選手は打たれたら打ち返す選手。久保選手とは昨日のような試合にはならないと思う。昨日のような試合はやっていてもどかしかったし、久保とはそうならない。激しい試合になると思う」などと激闘を予想した。
そして久保には「タイトルを守るために自分にベストなことをしてこい。久保はそのベルトを守るためにしっかりトレーニングを積んで来たほうがいい」などとメッセージを送った。
今後は防衛した「K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級」の防衛を重ねつつ、久保の持つベルトを取りに行くというピケオー。城戸康裕が「ピケオーはまた70kg」に戻ってくると予想しているのだが、ピケオーは「まずはK-1ウェルター級のベルトに集中する。その次は70kgに焦点を向けたい。自分がそこで戦いたい相手は頭の中にいる」と話すなど、K-1の2階級制覇にプラスKRUSHのベルトという変則3冠王という偉業も見えてきた。
1RKOも会長からは「蹴りが出せていなかった」
ダブルメインイベントの第1試合で挑戦者のTETSU(月心会チーム侍)から1Rに3度のダウンを奪いKO勝ちしフェザー級王座の初防衛を果たした江川優生(POWER OF DREAM)は前日の試合について「TETSU選手は思ったより打たれ強かった。3回ダウンしても全部立ってきて、挑戦者にふさわしい選手だったと改めて思った。ベルトを足立区に持って帰ることができて内心ホッとしています」などと振り返った。
所属するPOWER OF DREAMの古川会長は勝っても厳しいことですっかり有名なのだが「試合前から会長には“あれくらい倒せないと先はないぞ”と言われていたので気合は入っていた。倒してうれしかったが、(試合後に)会長からなにか言われるかと思ったら(笑)、“蹴りが出せていなかった”と言われたので反省しています」と会長とのやり取りを明かした。
中村プロデューサーも「みんながK-1で見たいと思わせる内容だった」と評価
そして改めて「自分も無敗の王者というわけじゃない。負けて強くなっている。自分が初めて負けたのがちょうどあれくらい。TETSU選手にもめげずに頑張ってもらいたい」などと挑戦者のTETSUを称えた。
今後については中村拓己K-1プロデューサーが「K-1に出たいという意思表示があった。みんながK-1で見たいと思わせる内容だった」と前日の試合を評価。そして「6月30日にフェザー級の試合が3試合ある。みんなかなり刺激を受けたと思うので、そんな中でどんな結果、内容の試合をするかということも含めて今後のK-1タイトル戦線が見えてくると思う」などと話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.