画像: エース海人が12年ぶりSB復帰の中島弘貴を迎撃「シュートボクサーとしてSBの強さを見せる」【6・23 SB】

エース海人が12年ぶりSB復帰の中島弘貴を迎撃「シュートボクサーとしてSBの強さを見せる」【6・23 SB】

中島「久しぶりにSBのリングに上がれることをうれしく思う」
シュートボクシング(SB)の後楽園ホールで開催されるシリーズ第3戦「SHOOT BOXING 2019 act.3」(6月23日、東京・後楽園ホール)の前日計量と会見が6月22日、都内で行われた。
計量は全選手が規定体重をクリアし、全10試合が行われる。
今大会では2006年9月、シュートボクシングのリングでプロデビューを果たした第3代Krush-70kg級王者・中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット)が12年ぶりにSBのリングに上がる。
日本シュートボクシング協会のシーザー武志会長は会見で「中島はアマチュアで優勝して、プロでも何戦かして、Krushでチャンピオンになった。素晴らしい。たまにうちに来て、坂本(優起)なんかと練習している。遠い選手じゃなくて、うちの選手かなと思うくらい。また盛り上げてほしい」などと期待の声をかけた。
中島も「明日は久しぶりにSBのリングに上がれることをうれしく思う。相手もいい選手。自分もいい状態に仕上げてきたので、いい試合を見せたい」と応えた。
海人「パワーは向こうが上。他はすべて自分が上」
迎え撃つのはエース海人。海人は「明日は自分が強くなった姿を見てほしいし、シュートボクサーとしてSBの強さを見せる試合をする」と話す。海人についてはシーザー会長は「前回惜しくも負けたが、負けたことによっていろいろ勉強したと思う。足りないところが分かったと思う。そこをトレーニングしてきて、以前とは違った素晴らしいものを今回見せてくれると思っている」とこちらも現エースの成長に期待を込めた。
中島は海人について「若いけど経験もあるいい選手」とその印象を話せば、海人は「自分より階級も上でやっている選手でパワーもある選手だと思うが、自分のテクニックやスピードで圧倒して勝ちます」。
今回は69kg契約で行われる。中島は主戦場は70kgで海人は65kgと階級では2つの差があるのだが海人は「パワーは相手が上かと思うが他はすべて自分が上回っているので、その他で圧倒してきっちり倒したい」、中島も「1kgくらいなんで、とくにどうということはない。相手もさっき見たら大きかったので、いい試合ができると思う」とともに意に介してはいないようだった。
元SB日本スーパーバンタム級王者の内藤大樹が約1年半ぶりにSB復帰
今大会では元SB日本スーパーバンタム級王者の内藤大樹が約1年半ぶりにSBのリングに帰ってくる。
内藤は那須川天心戦実現のため他団体のリングに上がり、実績を重ね、昨年11月についに3年ぶりの対戦を実現させたのだが、無念の敗退。それ以来、7カ月ぶりのリングとなる。
内藤についてシーザー会長は「内藤はSBの試合は1年半ぶり。帰ってきてくれてうれしい。またSBを盛り上げてほしい」と話した。内藤は今大会では現SB日本フェザー級王者の笠原弘希と対戦。シーザー会長は「実績のある内藤に笠原がチャレンジする。笠原は小学生の頃からジムに来ていて、子供の頃から見ているのですべてを分かっている。、今回の試合は面白い試合になる」とどうやら一筋縄ではいかない復帰戦となるもよう。
内藤は「名須川選手に負けてからの復帰戦。しっかり勝って復活します。SBのリングも1年半ぶりくらいなので非常に楽しみにしています。明日は盛り上げます。笠原選手は3年くらい前にシーザージムで練習させてもらったときに一緒に練習をしたことがある。その頃からいい選手だと思っていた。変わらず強くなっているし、すべてできるいい選手だと思う」
笠原は「明日はセミということでいつもより気を引き締めて会場を盛り上げたい。内藤選手はテクニックがあってスピードもある。どんな相手にも適した戦い方をするという印象。ただ、僕は内藤選手には負けないと思うので、明日はしっかり勝ちに行きたい」などとそれぞれ話した。
「SHOOT BOXING 2019 act.3」(6月23日、東京・後楽園ホール)
◆第10試合 69.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者)vs中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/第3代Krush-70kg級王者、K-1 WORLD MAX 2010日本トーナメント準優勝)
◆第9試合 59.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級王者)vs内藤大樹(BELLWOOD FIGHT TEAM/元SB日本スーパーバンタム級王者、SB日本フェザー級1位、RISE DEAD OR ALIVE -57kg王者)
◆第8試合 63.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
西岡蓮太(龍生塾/SB日本ライト級王者)vs増井侑輝(真樹ジムAICHI/MA日本ライト級4位)
◆第7試合 56.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
笠原友希(シーザージム/SB日本スーパーバンタム級1位)vs小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/WPMF世界スーパーバンタム級王者、ISKA K-1ルール世界バンタム級王者)
◆第6試合 SB日本ライト級(62.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
村田聖明(シーザージム/SB日本ライト級1位、元SB日本スーパーフェザー級王者)vs町田光(橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者)
◆第5試合 63.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
上田一哉(シーザージム新小岩/SB日本スーパーフェザー級1位)vs北井智大(チームドラゴン/RISEライト級2位)
◆第4試合 SB日本ヘビー級 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
斐也(チームドラゴン)vs山田二世(IRON Boxing Gym)
◆第3試合 68.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
村田義光(シーザージム)vs鳥居剛(夕月堂本舗)
◆第2試合 66.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
未奈(秀晃道場/SB日本女子ライト級1位)vsキム・ジュヒョン(韓国/Ace gym/Spirit Boxing Championship MVP)
◆第1試合 SB日本女子ミニマム級(48.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
MISAKI(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本女子ミニマム級1位、前J-GIRLSミニフライ級王者)vsパク・ユジン(韓国/Gunsan X-gym/MAX FCフライ級王者)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.