画像: 【インタビュー】DOBERMAN INFINITY、初のベストアルバムに込めた熱い思い アリーナツアーへ弾み

【インタビュー】DOBERMAN INFINITY、初のベストアルバムに込めた熱い思い アリーナツアーへ弾み

ヒップホップグループのDOBERMAN INFINITYが6月26日にグループ初となるベストアルバム『5IVE』をリリースする。結成5周年の“いわゆる節目”にリリースされる本作について、KUBO-Cは「やっととか、ついにという感じはない」と落ち着いたトーン。でもやはり、熱さはあふれちゃって......。
――ベストアルバム『5IVE』のリリースが目前に迫ってきました。ベスト盤はグループ初ですが、やはり特別な思いが......
KUBO-C:うーん......、言うても、DOBERMAN INFINITYになって5年なのでね。「やっと」だとか、「ついに」という感じはないですね。僕らが5人であることとか、結成5年とか、5に関わりがあるってことだけです。
KAZUKI:アリーナツアーがあるからのベストなんですよね。5年だから、じゃなく。
P-CHO:スタートした時から、みんなで夢見ていたアリーナツアー、それを叶える年。
KUBO-C:節目っていうなら、アリーナツアーまでのいったんの節目でね......
P-CHO:そういう意味で、「勝負の年」です。自分たちが今までやってきたことを出し切って勝負をかけるっていう。それで、まずはベスト盤だろうって。
――誰の目にも見える「出し切る」のひとつなんですね。
P-CHO:ここまでの自分たちを見てもらいつつ、新曲も入れて、それから5年後のDOBERMAN INFINITYも見てもらう。それで、アリーナツアーに向けてさらに勢いをつけたいし。
GS:ベスト盤とアリーナツアーはセット、そう思って制作しました。去年も“DOGG YEAR”っていろいろやってきましたけど、そこからもう一段階なんです。目標であり夢であり、大きな壁でもあったアリーナツアーがあって、DOBERMAN INFINITYにとって今年は、もう1回挑戦の年。クリアしなければいけないテーマもありますし、そのためにも、もっとたくさんの人が手に取ってくださるような作品を作りたかった。振り返るだけじゃなくて、新曲をふんだんに入れて、過去と今がドッキングした作品を作れたんじゃないかと思っています。
KUBO-C:いい作品になったかなって思ってます。全然重たい感じはないです。
――制作中、いろいろな想いがあったと思います。
SWAY:このアルバムを作ることで、過去の自分たちに喝を入れてもらった気がしていて、リリックだったり、ゼロからセッションして作った作品もあるし、曲からその時その時に何を感じていたのか、何をもがいていたとかね。自分たちも思い出します。聞いてくれる方がその当時のことを思い出すいい機会になってくれればとも思います。アリーナツアーは楽をして上れるステージではなかったし、自分たちが作ってきた最大の武器を掲げて、臨んでいかなければと思っています。
KAZUKI:それに、アリーナツアーという夢だった場所まで来られた、自分たちをそのステージにあげてくれた曲たちを、発表した時には届かなかった人たちにも届けられるんじゃないか、って思うんです。
――届けられるという自信というか、確信みたいなものがある?
KAZUKI:それは......まあ、あるかなあ。
GS:こうやったら、こうなるという保証はないですから、「今なら届けられる」というのではなくて、、「届けたい!」「見てほしい!」「伝えたい!」っていう強い気持ちですね。アリーナツアーがどれだけ高いハードルだったのかというのを、僕らは身を持って感じてきましたから、この大きな目標にトライするには、今の自分たちだけじゃなくて、これまで5年間すべての、DOBERMAN INFINITYの全部を出し切らないと、知ってもらわないとって思うんです。
――持っている武器は、全部使って。
GS:そのためにもたくさんの方に僕たちに興味を持ってもらいたい。、一人でも多くの人の目にふれるところにいたいし、話を聞いてもらいたい。周りの方に協力してもらって、今まで以上に多くのところに自ら出て行っています。それでDOBERMAN INFINITYの音楽はもちろん、そして僕らがどういう人間なのか、例えば、僕らがどうして音楽が好きになったのか、どうしてこのグループになったのかとか、本当にいろいろなところから、興味を持ってもらえたらと思っているんです。これでもかってほどに裸になろうと思ってます。
――ベスト盤を聞けば、みなさんがそうしたくなるのも分かると思います。リリースを目前に、作品の仕上がりについてはどのように受け止めていますか。
P-CHO:いい流れを作れたと思っています。ベスト盤なのに、1曲目はアルバムタイトルにもなっている新曲「5IVE」で、これまでのシングルは配信リリースを含めて順番に並んでいます。それで「YOU & I」まで行って、昨年の武道館公演で初披露した「D.I till Infinity feat.TOMOGEN, BALLISTIK BOYZ」。最後の「We can be the light」は、これまでライブの最後でやってきた「ON WAY HOME」に代わる曲を作れたらいいねと思いで作ったので、それでアルバムを締めくくれるというのにも、いい流れだったなと思っています。
――難しいと思いますが、収録曲から個人的に思い入れの強い曲を1曲ピックしていただきたいのですが。
KUBO-C:......「DO PARTY」にしていいですか?
KAZUKI:...変えるんですか......(笑)。
――この質問、やはり、いろんなところでされますか。少し気が楽になりました(笑)。
KUBO-C:(笑)。改めて、「DO PARTY」で。この曲以前にも、パーティーチューン、サマーチューンみたいのはやってきていたんで、1回今まで使った歌詞とか全部忘れて、思いきり振り切って、パーティーチューンを作ろうと決めて、制作したんです。お互いに気兼ねなく言い合い、ライブでパフォーマンスすることも意識して。そういうのがあって、思い入れが強くなっています。ミュージックビデオの撮影ではメキシコにいきましたね......ツアー中だったのに。
SWAY:とんでもないスケジュールですよ、本当のツアーでした。
KUBO-C:弾丸でね。ツアー中ですでに過酷だし、撮影スケジュールはもっと過酷だし。よくあそこに放り込んできたなって。今となってはいい経験だったっていえますけどね。行ったことない土地でしたし、しんどい中でも楽しかったし。いい曲できたし。
P-CHO:僕は新曲の「5IVE」で。アリーナツアーが決まって、ライブの1曲目でやりたいぐらいの勢いで作った楽曲です。自分が楽曲プロデュースに関わらせていただいています。
――ベストアルバムはもちろん、アリーナツアーのテーマともいえる曲ですね。
P-CHO:DOBERMAN INFINITYになって、みんなで多くの夢を叶えてきたし、みんなだからこそ見られた景色もあって、5人の力が重なり合うと、すごい大きな力になることを教えてもらってきました。俺らのこと歌ってますという曲なんですけど、“みんなの力が重なり合うと......”という部分を表現できたかなと思っています。この“みんな”って、メンバーもそうなんですけど、ずっと応援し続けてくれた人、いつもライブを見に来てくれる人、スタッフだったり、友達とかのことでもあるんです。みんなが力を合わせてくれて、この夢が叶うんだって。
――制作はどのように?
P-CHO:JAYDEとNAOTHELAIZAと僕でやっているプロデュースチームOMWに任せてくれるということになって。メンバーといろいろ話をしてから、スタジオに入りました。もともとは楽曲だけの予定だったんですが、聞かせるにあたって、ある程度まとめたほうが伝わりやすいんじゃないかと思って、歌詞を書いてみたら、一気に書けちゃったんです。
――もう頭の中ででき上っていて、アウトプットするだけだったみたいな。
P-CHO:アリーナツアーにかけるそれぞれの思いも聞いていましたから、ペンが走ったんでしょうね。みんなに聞かせたら、それでいこうってなりました。
SWAY:直したところはほとんどなかったですよね。
P-CHO:今はもうみんなのものに生まれ変わっていますけどね。自分のパートは自分の色になりますから。
――SWAYさんのパートを聞いて思ったことがあって......歌詞はえんぴつで書くのかって(笑)。
SWAY:それはまあ、韻ですよね。シャーペンとか、ボールペンじゃ...(笑)
――ツールは別として、歌詞は手書きなんですか? 関係ないようで意外とこれって重要だと思っていて。
KAZUKI:CHOさんはノートを持っていますよね。
P-CHO:曲によるかな。「5IVE」はスマホで書いてる。
KUBO-C:紙です。SWAYはスマホ。
SWAY:現代っ子なので(笑)。文字数が合うのは便利ですよ
GS:ノートだなあ。書き始めた時そうやったから。そっちのほうがちゃんと残るし。ケータイだとときどき、消えちゃったりするでしょ。
KUBO-C:紙は、余計なものが残るのがええのよ。
SWAY:この5年で、GSさんが歌詞を書いているところを見たことがないかもしれない。
GS:見せたことはないと思う。家とか、書くと決めた環境じゃないと書けないんだよ。声を出さないと書けないっていうのもある。外で声出してたら、なるでしょ、「こいつ、どうなってるの」って。どうしたって、声でちゃう(笑)。
SWAY:それで、マスクですよ。便利ですよ。チャリでも、歩いていても、ずっと俺しゃべってるんで。口動いても見えないじゃないですか。最近はハンズフリーで電話してる人もいるし、一人でしゃべってても電話かなってなりますよ。
GS:それでもなあ(笑)。
――話が想定外の面白い方向に外れていってしまいました。戻すと、どう考えてもこの「5IVE」は心して聞きたいですね。
P-CHO:ミュージックビデオにも、僕らの思いが反映されていて、ツアーにもリンクしているので、ぜひ、見てほしいですね。
――さて、GSさん。思い入れのある曲は。
GS:「Do or Die」ですね。「HiGH&LOW」というプロジェクトは、俺たちのこの5年間のなかで、大きな起点になっているんです。「Do or Die」で山王連合会、親孝行というところで「JUMP AROUND ∞」、SWAYはMIGHTY WARRIORS、僕は達磨一家、CHOさんとKUBOちゃんはAKIRAくん演じる琥珀の曲と、「HiGH&LOW」の映画作品のほとんどに関わっています。ドームでライブもやらせていただいて、この曲でドーベルを知ってくださった方も多いでしょうし、僕らの顔になっている曲のひとつです。
――確かに「HiGH&LOW」の影響力はすごかったですよね。
GS:ドーベルが加速したポイントのひとつになっていると思います。
――たくさんの曲を書き下ろしていますが、スタンスとして、オーダーがあってそれに対して作るという作家的なものだったのか、もともと持っていたドーベルの世界観が「HiGH&LOW」と近いところにあって、ドーベルと作品がフィットしたといった捉え方もあると思うんですが。
GS:映画のために“書き下ろした”っていう感覚だったと思います。
KUBO-C:それが、ほとんどだったよね。
GS:「HiGH&LOW」で、本来なら作らなかっただろうと思うものに挑戦できたというところはありました。メンバーそれぞれがバラバラになって、SWAYは別のチームで、CHOちゃんとKUBOちゃんは2人で、僕もDARUMAさんと制作する。そういうトライができたことも収穫でした。違った形、違った角度でDOBERMAN INFINITYの存在や色を感じてもらえる楽曲を生み出せたのかなと思います。ああいう挑戦は、音楽をやっていて感じられる楽しい瞬間ですし、後々のドーベルの楽曲づくりに反映されてもいると思います。
――では、SWAYさんです。思い入れのある曲。
SWAY:...「GA GA SUMMER」ですね。これは後になって感じたことなんですけど、ライブで演奏するアレンジが多彩で、音楽的にいじりがいのある楽曲なんです。今も、これからもずっとやってきたいと思う曲ですし。それに......この曲を作った当時のこと、すごい思い出すんですよね......。
――夏ですし?
SWAY:制作していたころって、BBQだとか夏っぽいことを楽しむ時間もないぐらい詰まったスケジュールの毎日を送っていて、この曲はみんなで夏への欲望をぶつけたんです。その欲望がいい感じに詰まった。「GA GA SUMMER」というワードがプロデューサーのSUNNYBOYの自宅兼スタジオで生まれたのも鮮明に覚えてますね。それに「YOU ARE HOTTEST CRAZYなBABYは夏が好き」っていうフレーズも、ジムでなんかわからないけど思いついて、フレーズから楽曲を作ったのも初めてでした。KUBOさんの口笛を入れてみようとか......いろんな初めてが詰まってました。なんか面白い作り方だったんですよ。ラフにやりたいことを書いて、それが曲になってっていく。前の曲ですけど、もっと聞いてほしいな......もっと売れてもいいんじゃっていう曲のひとつです(笑)。
――では、KAZUKIさん。
KAZUKI:僕は「あの日のキミと今の僕に」ですね。この曲も、もう1回、もっとたくさんの人に聞いてほしいなと思う曲です。バラードで歌で表現できるところが大きい曲だったのもあって思い入れが強いですし、曲が完成するまでの道のりがすごく険しかった。何度もやり直しましたし、みんなで集まって恋バナをしてね......。
SWAY:男子会ね~(笑)。そこまで、引きずります、って?
KAZUKI:当たり前のことかもしれませんが、みんなそれぞれ価値観が違うから、その状況に置かれた時の言葉の返し方とか、いろいろなんですよ。どんなものが流行っているからとか意識をせずに作った曲ですし、僕としては、よくあるじゃないですか、冬のコンピ盤とか。そういったものに入れてほしいぐらいに思ってます。冬の名曲のひとつって呼ばれるように、なってくれたらなあ。そういう曲だと思ってるんですよ。
――キラキラしていて切なくて、リリース時には、クリスマスツリーの点灯イベントもしましたよね。中目黒で。メンバーでツリーの飾りつけもしたりして。
KAZUKI:しましたね。
KUBO-C:もう懐かしい。
――5曲あげてもらっただけですけど、それだけでこの5年がどんなに濃密だったのかが伝わってきます。そのすべてを持ってのアリーナツアーですし、否応なしに高まっちゃいますね、期待が。
GS:まだそれぞれがこんなことしたいってアイデアを考えている段階ですけど、このアルバムが世に出るころにはそろそろね、見えてきてると思いますよ。
SWAY:まあ、......ポップアップはないと思います(笑)。
――飛び出す(笑)
KAZUKI:アルバム曲とピンポイントとなる曲はやって......
P-CHO:その、嵐やけどな(笑)。
KUBO-C:自分たちらしいライブをしたいですね。派手に“っぽくないこと”はやらずに。
――楽しみです。その前に、恒例の「D.Island 2019」がありますね。今年は7月開催。
SWAY:ワンマンと全然違うのでいいですよね、「GA GA SUMMER」じゃないけど、外でお酒飲んだりできるので。
――夏したいという欲望が......発散できますね。そちらも楽しみにしています。ありがとうございました。
■ベストアルバム『5IVE』6.24リリース
表題曲「5IVE」を筆頭に、フジテレビ系ドラマ「GTO」挿入歌「 INFINITY」を始めシングル曲と、新曲で、全18曲を収録。[CD+DVD]盤のDVDにはミュージックビデオ12曲分を収録した。(CD+DVD)は4700円、CDのみは3200円。ともに税別。TOWER RECORD、TSUTAYA RECORD、HMV・Loopi、楽天ブックスそれぞれの限定盤などがある。
■「DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2019 5IVE 〜必ず会おうこの約束の場所で〜」11月スタート
11月16日(土) 静岡・エコパアリーナ
11月19日(火)神奈川・横浜アリーナ
11月20日(水)神奈川・横浜アリーナ
11月26日(火)大阪・大阪城ホール
11月27日(水)大阪・大阪城ホール
すべて18時開場、19時開演。全席指定9000円(税別)
http://dobermaninfinity-ldh.jp

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.