画像: 乃木坂46齋藤飛鳥「過去を振り返ってもいいんだって思えるホッコリ出来る作品です」【映画『いつものまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』】

乃木坂46齋藤飛鳥「過去を振り返ってもいいんだって思えるホッコリ出来る作品です」【映画『いつものまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』】

乃木坂46のドキュメンタリー映画第二弾『いつものまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』の公開を記念して完成披露上映会が6月25日に都内で行われた。
7月5日に公開される本作は2015年に公開された『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』から4年ぶりとなるドキュメンタリー作品。エース的存在であった西野七瀬の口から自信の卒業発表。戸惑うメンバーたちの葛藤と成長をこれまでにない親密な距離感で構成されている。
完成披露上映会には乃木坂46より齋藤飛鳥、与田祐希、秋元真夏、高山一実、秋元真夏と本作の監督を務めた岩下力が登壇した。
前作に対しての本作の印象を齋藤は「各個人にフォーカスを当てていた印象でしたが、今回は割とグループの良さ、みんなでいることの良さが全面に出ていて、同じグループのドキュメンタリーでもまったく違うものになるんだなと感じました」とコメント。前作公開当時は加入前で乃木坂のファンだった3期生の梅澤は「姉と一緒に見た映画に4年後に自分が出ているなんて想像していませんでした。人生本当に何かあるかわからないなと思います。感慨深いです」。同じく3期生の与田は「いつのまにかここにいて、こんなに乃木坂のことが好きになれて、とても幸せです」と笑顔でこたえた。
岩下監督は「乃木坂のパーソナル部分はあまり知らなかったんですけど、ファンの気持ちになって被写体に近い手を伸ばせば届く画で全編構成できれば、素敵かなって思って撮影しました」と明かした。岩下監督に対して高山は「撮影当初に岩下さんにカメラが向けられている時点でドキュメンタリーなのか?とネガティブな発言もしてしまったし、本音をどこまで話してしまっていいのか悩んでいたんですけど、岩下さんは“僕はただ仲良くなりたいんです” という言葉をもらったので、いらんことまでしゃべってしまいました」と撮影を振り返った。
齋藤も「撮影中の監督との会話で、自分ってこんなこと考えているんだって思えることもありました」としみじみ。
今回の上映会のサプライズとして今まで公開されていなかった予告編が公開された。西野七瀬の卒業ライブのバックステージで、西野と白石麻衣が励まし合うシーンを中心に構成された内容で、鑑賞後に与田は「この数秒でもう涙が出そうになりました。もう泣きそうです...」と下を向いた。
上映会最後に秋元は「この映画は嘘がない作品です。どんな飛鳥も好きって思えます!」、梅澤「メンバー間の関係性など細かく表現されています。3期4期生の成長も見れると思います」とコメント。高山は「映画を見て、あらためて素敵なグループにいるなって思えました」与田「過去のことも、今もこれからも乃木坂46が大切だって感じました」とそれどれの感想を語った。
そして、齋藤は「卒業した西野もちゃんと出てきますので安心して下さい。今は変化が大きいので、みんな頑張って前にまえに進もうとばかりしていたんですけど、岩下監督のやさしさに包まれた映像を見て過去を振り返ってもいいんだって思えるホッコリ出来る作品です。ぜひ皆さんもホッコリしていただけたら嬉しいです」と舞台挨拶を締めくくった。
『いつものまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』
企画:秋元康 監督:岩下力 出演:乃木坂46
製作:今野義雄 北川謙二 大田圭二 秋元伸介 安齋尚志 エグゼクティブプロデューサー:石原真 磯野久美子
プロデューサー:上野裕平 金森孝宏 菊地友 中根美里 佐渡岳利 ラインプロデューサー:渡辺洋朗
監督補:菅原達郎 河本永 制作担当:宮田陽平 撮影:小暮哲也 岩下力 編集:岩下力
音楽:袴田晃子 熊谷隆宏 塩野恭介
制作:ノース・リバー 制作協力:パレード・トウキョウ
製作:乃木坂46合同会社 東宝 Y&N Brothers NHKエンタープライズ
配給:東宝映像事業部
2019年7月5日(金)ロードショー

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.