画像: 『ストレンジャー・シングス』主要キャストが日本を満喫!

『ストレンジャー・シングス』主要キャストが日本を満喫!

Netflix オリジナル作品祭が25日、都内にて行われ、ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 3』のメインキャストであるケイレブ・マクラクリン、ノア・シュナップ、セイディー・シンク、ゲイテン・マタラッツォの4人が登場した。
『ストレンジャー・シングス』は1980年代の架空の町・ホーキンスを舞台に、失跡した少年ウィルの友人たちが、想像を超える事態に立ち向かいながら事件の真相に迫るスペクタクル・アドベンチャー。
作品の世界的な人気について、ウィル役のノアは「誰もが共感できるキャラクターがたくさんいることと、80年代を経験した人にとってはノスタルジアがあると思う」。また、ダスティン役のゲイテンは監督のザ・ダファー・ブラザーズを「2人は天才で最高のストーリーテラー。完璧主義な姿勢にもインスピレーションを受けるよ」と絶賛した。
マックス役のセイディーは、撮影現場の様子を「私たちはカメラが回っていてもいなくてもとても仲がよくて、そのケミストリーが画面を通して伝わっているんだと思う。仕事ではあるんだけど、現場の雰囲気はまるでキャンプみたいなの」と語る。ルーカス役のケイレブは今回の滞在中に「スニーカーが好きで、(原宿の)WORM TOKYOやオニツカタイガーなどいくつかのスニーカーショップに行きました。あとはサヴォイというピザ屋さん。(司会のジョン・カビラに)知ってますか?」とすっかり日本を満喫した模様。
後半では『ストレンジャー・シングス』シリーズのファンだという写真家・映画監督の蜷川実花が登壇。作品の魅力を視聴者目線で「80年代の空気感がすごく細かいディテールで入っていて、私たちの世代にはすごく楽しめる」とアピールした。
Netflixオリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 3』は、7月4日より全世界同時配信される。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.