画像: 中谷美紀と池田エライザが蜷川実花の美意識を絶賛!『FOLLOWERS』

中谷美紀と池田エライザが蜷川実花の美意識を絶賛!『FOLLOWERS』

25日、都内で行われたNetflix オリジナル作品祭にて『FOLLOWERS』のトークセッションに監督の蜷川実花とキャストの中谷美紀、池田エライザが登壇した。
人気写真家として仕事が順調なリミ(中谷)と、女優を夢見てもがくなつめ(池田)。2人の人生が交錯することで、お互いの運命が変化していく。東京を舞台に世代の違う女性のリアルな姿を描く本作の感想を、中谷は「女性の、女性による、女性のための素晴らしい作品」、池田は「こんなセリフ、悔しくて言いたくないなと思うほど生々しい姿を描いている」と表現した。
蜷川監督とのタッグについて、中谷は「私自身の世界観が水墨画だとしたら、(蜷川)実花さんの世界観は極彩色の曼荼羅(まんだら)。その中にいかに自分が溶け込めるかを大切に演じました」、池田は「すごく無様ではあると思うけど、私たちなりにあがいて無様でというものが美しく映っています」とそれぞれ明かす。
登場人物のキャラクターに合わせ、ディテールまで作り込んだ部屋のセットも見どころのひとつ。「究極の足し算とかけ算の世界で、私の自宅と真逆なんですが(笑)、セットがリミを演じさせてくれた」と中谷が言えば、池田も「なつめは映画好きな女の子なんですけど、『絶対この映画が好きなんだろうな』と思えるものが置いてあって、お芝居がやりやすかった」と、蜷川監督の徹底した美意識への信頼を口にする。
これから編集作業に入るという蜷川監督は「脚本の中で書いていたことが現実に起こったり、とんでもないところでいろんな人がつながっていったり。今回はすごくアドリブや現場で変わることが多いですし、少しライブ感が強めの作り方をしているので、どんな仕上がりになるのか自分でも楽しみなんです」と手応えを語った。
リミとなつめを取り巻く仲間に夏木マリ、板谷由夏、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、金子ノブアキ、上杉柊平、ゆうたろうなど豪華キャストが花を添えるほか、追加キャストとして歌姫・sayo役の中島美嘉が発表された。Netflix オリジナル映画『FOLLOWERS』は2020年初頭、全世界190カ国での独占配信が決定している。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.