画像: 中村倫也がTCKの帝王賞を予想。まさかの人気薄「スーパーステション」に◎

中村倫也がTCKの帝王賞を予想。まさかの人気薄「スーパーステション」に◎

中村倫也がトークショー
ナイター競馬「ツィンクルレース」が開催中の東京シティ競馬(TCK)で6月26日、今年のイメージキャラクターを務める俳優の中村倫也がトークショーを行った。
TCKの今年のテーマは「夜遊び方改革」というもので、CMは賀来賢人、中村倫也、大谷亮平の3人が平日の夜の遊び方を指南するといった内容になっている。
この日は上半期のダート王決定戦ともいえる「帝王賞」(ダート2000メートル)が開催されるとあって場内には多くの競馬ファンが訪れたのだが、その中には普段は競馬とは縁遠そうな若い女性の姿も目立った。開門前から多くのファンが並んだという。
梅雨の合間のさわやかな晴天の中、場内の賞典台に現れた中村は「開門前から並んでいただいて、暑かったですか? でもこれからもっと熱いレースが待っているから」とメーンの帝王賞をアピールした。
「ちょっとした波乱というかドラマ性が欲しかった」と穴馬を指名
「ツィンクルレースは初めて」で「競馬のレースを見るのも初めて」という中村だったが、大一番の帝王賞には「今日はワクワクしている」とのこと。
最後に帝王賞のおすすめ馬を披露したのだが、中村の本命は人気薄の逃げ馬「スーパーステション」。その理由は「ちょっとした波乱というかドラマ性が欲しかった。逃げて勝ったらかっこいい。しかも北海道の馬。これまで地方の馬で帝王賞を勝った馬がいないと聞いたので、これは歴史に残るんじゃないかという期待を込めた」とのことだった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.