画像: ロリンズが連夜のカーブストンプで日本公演を締めくくる【6・29 WWE】

ロリンズが連夜のカーブストンプで日本公演を締めくくる【6・29 WWE】

前日は中邑相手にUS王座を防衛
WWEのUS王者セス・ロリンズが6月28、29の2日間にわたって開催された日本公演「WWE Live Tokyo」(東京・両国国技館)の2日目もメーンに出場。6人タッグ戦でバロン・コービンをカーブストンプからの片エビ固めで破り、2日間の日本公演を締めくくった。
前日は中邑真輔を相手にUS王座の防衛戦を行い、白熱の攻防を繰り広げた末、カーブストンプで3カウントを奪い防衛を果たした。
この日はAJスタイルズ、ブラウン・ストローマンとトリオを結成し、コービン、ドリュー・マッキンタイア、ボビー・ラシュリー組と対戦した。
試合はベビーのロリンズ組とヒールのコービン組というコントラストがはっきりしたものとなる。
この日もコービンにはブーイング
コービンは前日に引き続き、入場するだけでブーイング。そして自ら用意した自らの紹介文をリングアナウンサーに無理やり読ませると、またもブーイング。
試合は小柄ながらも正統派のロリンズ、AJ、パワーで圧倒するストローマンにラシュリー、ずる賢いコービンにマッキンタイアというようにそれぞれの個性が爆発。メーンを飾るにふさわしい熱戦を展開した。
最後は6人が入り乱れる中、コービンにAJのフェノメナールフォアアームが炸裂。ダウンしたコービンにロリンズが必殺のカーブストンプを決め、3カウントを奪った。
「WWE Live Tokyo」(6月29日、東京・両国国技館)
◆第1試合「ロウ女子選手権トリプルスレットマッチ」(時間無制限1本勝負)
<王者>○ベッキー・リンチ(12分54秒、片エビ固め)アレクス・ブリス●<挑戦者>
※ダイビング・レッグドロップ。第15代王者が防衛に成功。もう1人の挑戦者はアスカ
◆第2試合 時間無制限1本勝負
○ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン(3分47秒、片エビ固め)ザック・ライダー&カート・ホーキンス●
※マジックキラー
◆第3試合「ロウタッグ選手権試合」(時間無制限1本勝負)
<王者組=ザ・リバイバル>ダッシュ・ワイルダー&○スコット・ドーソン(12分3秒、エビ固め)ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン●<挑戦者組>
※ロープに脚をかけて押さえ込む。第74代王者組が防衛に成功
◆第4試合 時間無制限1本勝負
トリプルH&○中邑真輔(18分48秒、体固め)ロバート・ルード●&サモア・ジョー
※キンシャサ
◆第5試合 時間無制限1本勝負
<カブキ・ウォリアーズ>○アスカ&カイリ・セイン(9分24秒、アスカロック)ビリー・ケイ●&ペイトン・ロイス<ザ・アイコニックス>
◆第6試合「US選手権試合」(時間無制限1本勝負)
<王者>○リコシェ(17分25秒、スワンダイブ式ドラゴンラナ)セザーロ●<挑戦者>
※第64代王者が防衛に成功
◆第7試合 時間無制限1本勝負
○セス・ロリンズ&ブラウン・ストローマン&AJスタイルズ(18分49秒、片エビ固め)バロン・コービン●&ドリュー・マッキンタイア&ボビー・ラシュリー
※カーブストンプ

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.