画像: 小藪千豊主宰のコヤソニが10回目「今年も目玉なし」もPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅらが出演

小藪千豊主宰のコヤソニが10回目「今年も目玉なし」もPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅらが出演

お笑い芸人の小藪千豊が7月1日、都内で、「KOYABU SONIC 2019」(9月14~16日、インテックス大阪)の概要発表会見を開催、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅ、常連のスチャダラパーや曽我部恵一、小藪自身がメンバーに名を連ねる吉本新喜劇ィズとジェニーなど出演アーティストも発表した。
コヤソニの愛称で親しまれる、小藪が主宰するフェス。もともと、小藪とレイザーラモンが組んだビッグポルノで人気夏フェス「サマーソニック」に出演しようと試みたものの拒まれたことからスタート。スチャダラパーや曽我部恵一ら小藪と親交のあるミュージシャンが出演して初開催。開催回数を重ねるほどに人気を集めてきた。
小藪は「吉本新喜劇ィズとジェニーハイを広めるためのフェス。お笑いと音楽で楽しんでもらい吉本新喜劇のことを好きになってもらえたら」。
会見には、「僕の友達に死ぬほど記者会見に人を集めた人がいる」と登壇を依頼したという、ジェニーハイでのバンドメイトの新垣隆も出席。新垣自身は昨年はジェニーハイで、その前年には楽団を引き連れた現代音楽で出演しており、3回目の出演になる。「常連になれるように」と、話した。
今回で通算10回目開催。とはいえ、アニバーサリー的な特別な演出は考えていないという。
「毎年、目玉はない感じにしているんです。その人が目玉だって言ったら、他の人は違うのかってなるし、今年はこうなるといったら、去年チケットを買っていったのに去年しょーもなかったのかとなる。だから毎年同じを目標としている。出演者の上下はお客さんに委ねています。僕からすると、ガッキー(新垣)にお願いする気持ちと、スチャダラパーさんにお願いする気持ちと、Perfumeさんにお願いする気持ち、それと吉本新喜劇の今別府にお願いする気持ちはまったく同じ。失礼かもしれないですけど、僕としては、同じ協力していただく方」。
「KOYABU SONIC 2019」は、「音楽と笑いの融合」をテーマにしたフェスティバル。
現在、チケットの特割先行販売がスタートしている。
「早めに復帰を...」七夕の短冊に書くことは決まった
闇営業問題について率直な気持ちを聞かれると、「すでにうちの先輩と後輩と、他事務所のお笑いの先輩とか、お笑い芸人ではない人がさんざん言っている。だからこんな三文芸人がどうこういう事ではないですけれど、七夕の短冊に書くことは決まったなって思いました。“嘘ついてないし、先輩に頼まれて行って、知らんかったのに、謹慎になっている貧乏芸人で嫁はんと子どもがいる子は早めに復帰できたらいいのにな”って。それだけ。復帰した時はよろしくお願いします」
▼KOYABU SONIC:http://www.koyabusonic.com/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.