画像: トーナメント圧勝の武居「最低でも2階級制覇はしたい」【6・30 K-1】

トーナメント圧勝の武居「最低でも2階級制覇はしたい」【6・30 K-1】

決勝での蹴り上げは「とっさ」の一撃
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」(6月30日、東京・両国国技館)の一夜明け会見が7月1日、都内で開催された。
「スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント」で全試合KOで優勝を果たした武居由樹は前日の終始厳しい表情から打って変わって、いつもの穏やかな表情を見せながら「昨日はとにかく頑張った。いつもよりちょっと気持ちが前に出た試合で動きが硬かったが結果的には良かった」などと前日の激闘を振り返った。
個々の試合については「1回戦目のリーバス選手はパンチのスピードが速く1、2発くらいパンチをもらってしまったので、そこは反省。パワーもあったので結構強かった。準決勝の玖村修平選手はすごくダメージがあったのが分かったので、最初からいこうという気持ちでいった。修平選手がバックブローを得意ということだったので、自分もバックブローを狙いに行った。玖村将史選手との決勝は、倒そうという気持ちが出すぎて硬かった。KRUSHのチャンピオンだけあって強かった」、決勝で玖村将史に放った壮絶な蹴り上げについては「パンチが効いたのが分かって、パンチから蹴りまでつなげようと思っていて、蹴った時に“頭がここにある”と思って蹴りの軌道を変えたんだと思う。とっさです」と話した。
全試合KOも会長の採点は「20点」
圧倒的な結果にまたぞろ階級アップの話も出たのだが武居自身は「階級を上げるのも面白そうだが、後輩の江川もいるしどうしようかなって。それは会長と相談したい。でも自分の体格や体重的には今のスーパー・バンタム級がベスト。フェザー級だと小さい。でも挑戦という意味ではフェザー級に上げるのもいいのかなと思う」とのこと。
しかし試合後のマイクで上げた「格闘技界を引っ張る2人の選手」に知名度でも追いつくためには2階級、3階級といった複数階級を制覇していくことも必要。後輩思いの武居としてはK-1 KRUSH FIGHTフェザー級王者の江川優生の動向を見ながらとなりそうなのだが、「そのうち上げるとは思う。最低でも2階級制覇はしたいと思う」とも話した。またその2人の選手については改めて「自分も格闘家なので、いつかは越さないといけないと思っている。今はそれだけ」と話すにとどめた。
所属する「POWER OF DREAM」の古川会長は辛口の採点ですっかり有名なのだが、今回のトーナメントについても「20点」と超辛口だったそう。武居は「良くも悪くも気持ちが出すぎたのだダメだったのかなと思う。あと会長には“あんながちゃがちゃした試合だったらボクシングに転向しろ”と言われました」と苦笑いだった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.