画像: スーパー・ライト級新王者・安保瑠輝也がゲーオとの再戦について「いつでも」【6・30 K-1】

スーパー・ライト級新王者・安保瑠輝也がゲーオとの再戦について「いつでも」【6・30 K-1】

内容に不満「大阪大会でもどこででもいい」
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」(6月30日、東京・両国国技館)でゲーオ・ウィラサクレックを破りスーパー・ライト級王座に就いた安保瑠輝也が7月1日、都内で開催された一夜明け会見に出席した。
前日は延長にもつれ込む際どい勝負をモノにした安保だったが、ゲーオに組み付きによるイエローカードが出るなど内容的にはすっきりしないところがあった。安保自身、試合内容に不満があったことから試合後のマイクで再戦をアピールしていたのだが、この日も「昨日は応援の力のお陰で勝てた試合だと思う。ここにベルトがあることがうれしいが、試合内容は納得できない部分がある。リング上でも言ったが、再戦したいという気持ちはある」と改めてゲーオとの再戦に前向きな姿勢を見せた。
再戦については「いつでもやる。K-1はKOで倒してなんぼだと思っている。それを見せたいので、再戦したい。大阪大会でも。僕はどこででもいい」と話した。
とはいえゲーオに真っ向から勝負を挑みベルトを獲得したのは事実。安保は自身の考えるチャンピオン像として「K-1は9階級あって9人のチャンピオンがいるが、それぞれ個性があって、チャンピオンの中にもレベルがあると思っている。昨日優勝した武居選手はすごいなって自分でも思う。同じチャンピオンですが、自分もこのベルトと一緒にK-1の価値と自分の価値を高めていって、本当のチャンピオンになっていきたい」などと話した。
ペタス「KRUSHのベルトを獲って、武尊選手と戦いたい」
スーパー・フェザー級のスーパーファイトで小宮山工介をKOで破ったレオナ・ペタスが改めて武尊戦をアピールした。
試合については「久しぶりのK-1でインパクトを残すことができて良かった。小宮山選手は強い選手だと思っていたが、試合中のきれいなバックスピンキックを見て、やっぱり強い選手だと思った。その中でもきっちりKOできて、2月より強くなれていると思った」などと振り返った。
そして武尊戦については「今、(武尊は)手術して全然練習もできていないと思う。僕が目指していたのはKRUSHのベルト。そのベルトを獲って、最高の状態の武尊選手とK-1のタイトルマッチをやりたいというのが目標。今の状態だと僕が武尊選手の挑戦者にふさわしいとはいえないので、武尊選手が休んでいる間に僕がしっかりと獲るべきものを獲って、挑戦者にふさわしい形にして挑みたい」と意欲を見せた。
小澤は試合中に左拳を骨折「全治3時間くらい(笑)」
フェザー級のスーパーファイトで鷹大に判定勝ちを収め復活を果たした小澤海斗も前日の試合後の会見に続き卜部弘嵩との対戦をアピールした。
小澤は2017年に西京春馬に連敗を喫したところから歯車が狂い始め、昨年は本命と目された「第2代フェザー級王座決定トーナメント」でも1回戦負け、その後、芦澤竜誠にも判定負けと長く不調が続いていたのだが、今年3月の「K'FESTA.2」で覇家斗を破り復活ののろしを上げると、前日の大会ではKOこそ逃したものの内容で圧倒した。
この日、左手に包帯を巻いて登場した小澤は「ばちこーんと倒してやろうと思ったら2R目に自分の手をばちこーんと壊してしまった(笑)。全治3時間くらい(笑)。もう少しかかると思うがしっかり治したい」とジョークをまじえながら2Rの最後の攻防で左の拳を骨折したことを明かした。
今後については「自分が初めてキックボクシングをKrushで見させていただいた時に卜部選手がメーンでやっていて、“こいつ、かっけーな”と思ったが、今はそういうものはなくて世代交代させてやりたい。卜部選手とやりたい」と改めて卜部弘嵩との対戦を口にした。
また小澤は現在、ファイトスタイルをリニューアル中なのだが「全然まだまだ。意識としては山本KID選手みたいな出入りの速いスピードや野性味あふれるファイトだったりを目指しているが、まだまだ近づけてはいない。その中で冷静さも保って、試合をやっていこうと思っている」などとも話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.