画像: 髙田延彦、横粂勝仁vs憲法学者・木村草太氏の対決が実現!?【髙田横粂の世相談義】

髙田延彦、横粂勝仁vs憲法学者・木村草太氏の対決が実現!?【髙田横粂の世相談義】

『髙田横粂の世相談義』がリニューアルで生配信復活
元総合格闘家で、総合格闘技イベント「RIZIN」での解説でもおなじみのタレントの髙田延彦とトークバラエティー番組「バイキング」(フジテレビ系)などでコメンテーターを務める、元衆議院議員で弁護士の横粂勝仁氏がMCを務める、インターネット配信番組『髙田横粂の世相談義』( https://www.youtube.com/channel/UC6pk9bSToNFTW8ehb5TXeYA )がリニューアルし、7月1日にその1回目が配信された。
この日はこれまでもたびたび話題となっていた「沖縄基地移設問題」をテーマにトークを展開したのだが、まさかのビッグゲストとして首都大学東京の教授で憲法学者としてさまざまなニュース番組や討論番組などで引っ張りだこの木村草太氏が登場した。
今年2月24日に行われた「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」について髙田が「政府は結果は受け止めますが、工事は粛々と進めていきます、って感じ。反対が7割あったが、聞こえているのに聞こえないふりをしている。何の影響もないと言っているようなもの」などと政府の対応に疑問を呈す。
一方、横粂氏は「沖縄の県民の意向は汲んでほしいし、トランプになった今がチャンスなので沖縄の地位協定に関しても毅然とやってほしいと思うが、辺野古については消極的には賛成。唯一の解決策とは思わないが苦渋の解決策。元政治家として言えば、鳩山総理という一国の総理が“最低でも県外”といって、その選挙に加わって戦ったので何とかしたいという思いはあるが、一国の総理がやるといってできなかったという結果もある。その時に加わった政治家の一人としては、総理がやると言ってできなかったことを、やるとは軽々に言えない」などと元政治家としての苦しい胸の内を明かした。
木村氏が「沖縄基地移設問題」を解説
木村氏は基地移設問題については「憲法上取られるべき手続きが取られていないという手続き的な問題があると思っている。具体的には取られるべき手続きを踏んでいないので、基地の工事には憲法違反の点があるのではないかという指摘をしてきた」などと説明した。
またこれまで番組では辺野古問題については基地の問題としてとらえていたのだが、木村氏は「地方自治の問題でもある」と新たな視点を投げかけた。木村氏によると「翁長前知事は、辺野古問題はいろいろな問題があるが地方自治の問題であると強調しておられた。基地が作られると、その自治体は自治権に、かなりの制限が加えられる」としたうえで「自治体の自治権を制限したり、他の自治体にはないような特別な制限をその自治体にかけるというときには、憲法92条に法律の根拠がないと自治体の自治権は制限してはいけないというふうに書いてある」などと説明。そして「米軍基地を設置した場所の自治権の制限する法律は実はない。ということは自治権の制限の根拠となっているような法律がない。そうすると自治権制限の根拠となるような法律を定めずに自治権を制限しているということ自体が憲法92条違反の疑いがある」などと問題点を指摘した。
またそもそも内閣が米軍基地の場所を決めていることにも疑問を呈する。
「辺野古に基地を造るということは鳩山由紀夫内閣と小泉純一郎内閣での2つの閣議決定が国内的には根拠になっている。米軍基地というのはその場所の自治権が大きく制限されて、周囲にも大きな影響を与えることになるから、そんな重要な事柄を内閣が勝手に決めていいのか、このような重要事項は法律で決定すべきではないかという問題もある。私は県民の前に国会に問い掛けなければいけないと思っている。国会という国の一番大事なことを決定できる、国民の代表が集まっている機関に“辺野古でいいですか?”ということをかけていない。この手続きがまず飛ばされている。国会がOKを出してもさらに場合によっては県民や住民への問いかけも必要」などと新たな問題を提起。「辺野古基地設置法」といった法律を作り、衆参で可決したうえで住民投票を行うといった憲法が要求している手続きを踏んでいないことが問題を大きくしているとした。
新MCとして麻生夏子が加わり横粂氏はコメンテーターに専念
「根拠となる法律」ということに関しては、かつて松田公太氏が安倍総理に参議院の予算委員会に質問したところ「今ある法律で十分だ」と答えたのだが「何法の何条なのかということは具体的に説明されなかった。何を根拠にやっていいと思っているかはよく分からないところはある」という。
木村氏は国と沖縄が争った訴訟で最高裁が出した判断についても解説。番組終盤では髙田の「こういう政府に憲法改正を任せて大丈夫なのか?」という問いかけに、現在の憲法改正論議についても一石を投じた。
同番組は、元総合格闘家の体育会系・髙田と、東京大学法学部出身の文化系コメンテーター・横粂氏が「今現在、髙田延彦が気になっている時事ネタ」を徹底討論するワイドショー番組。昨年4月の初回放送時から、「FRESH LIVE」で不定期で生配信されてきたが、今年の6月から配信プラットフォームをYouTubeに移行。それに伴い収録での配信となっていたのだが「やっぱり生の視聴者の反応を聞きたい」ということで生配信が復活。
主に社会ネタを扱う「世相談義」は生配信でこれまで同様、なるべく隔週で月曜21時に配信。スポーツについて語り合う「スポーツ談義」は収録で隔週で配信していく。
そして今回からタレントの麻生夏子がMCとして加わり、これまで進行役も兼ねていた横粂氏がコメンテーターに専念することとなった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.