画像: 武田真治が藤原竜也や窪田正孝ら“殺し屋”たちに写真使用許可を求める「隠し撮りしたのでアップしても?」

武田真治が藤原竜也や窪田正孝ら“殺し屋”たちに写真使用許可を求める「隠し撮りしたのでアップしても?」

映画『Diner ダイナー』初日舞台挨拶が5日、都内にて行われ、藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、真矢ミキ、奥田瑛二と蜷川実花監督が登壇した。
元殺し屋の天才シェフが腕を振るう殺し屋専用の食堂を舞台に、平凡な女が迷い込んだことを機に、暗黙のルールが揺らぎ、究極の殺し合いゲームへと発展していくという物語。ダイナーの主・ボンベロ役に藤原、ダイナーに売られてきた女・カナコに玉城。窪田、本郷、武田、真矢、奥田ら豪華俳優陣が殺し屋を演じる。
最初のひとこと挨拶では、藤原をはじめ各キャストが「皆さん、いかがでした...と聞きたいところですがそれは武田さんにお任せします」と前フリ。期待に応え武田は会場にマイクを向け「皆さーん、いかがでしたかー?」とオーバーアクションで観客の反応を引き出し、会場を沸かせた。
1カ月半にわたる濃密な撮影を経て、共演者や監督に聞きたいことや言いたいことは、と質問されると、最初は「僕は特にありません」と言っていた藤原だったが、蜷川監督から「でも雨のシーンでブーブー言っていたよね」と突かれると「撮影で、12時間くらい雨にうたれていたんですが、最後に入ってきた真矢先輩に最後、全部持っていかれたんです。真矢さんが立ち回りすると現場のスタッフがみんな“おおー、すごい!”って拍手をするんです。ちょっと待て、と。僕は朝から雨にうたれているのに拍手の1つもないじゃないか、と」と本音を吐露。監督から「竜也の大変なところは、竜也ならできて当たり前、と皆から思われてしまっているところだよね」とフォローされていた。
本郷は「窪田さんが演じたスキンがめちゃめちゃカッコいいんです。長髪で傷だらけで、耳もちぎれていたりするじゃないですか。過去に何があったという設定なのか、監督にお伺いできれば」と役者ならではの好奇心をのぞかせたかと思いきや「僕の予想だとスキンは大きなピアスをしていて、セーターを着ようとしてひっかけて...」と大胆な予想を展開。すると蜷川監督も「あれはあの場のノリで、そうしたらかっこいいかなと思って...いえ、セーターのせいです(笑)」と話を合わせ、場を盛り上げた。
武田は「皆さんに聞きたいことがあるんです。実は僕、撮影中に皆さんのことをスマホで隠し撮りしていて、けっこうアーカイブがあるので、それを順次アップしていってよいでしょうか?」と共演者たちに写真使用の許可を求め、苦笑されながらも了承を得ると「皆さん、お楽しみに」と観客にアピール。奥田は「言いたいこと...以前、何かのおりに、これは女性にしか撮れない映画だと言ってしまったんですが、蜷川実花にしか撮れない映画だと言うべきでした。ここで訂正させてください」と蜷川監督の手腕をたたえつつ「映画では使われていないシーンなんですが、僕は真矢さんに思いっきり蹴飛ばされたんです。本番で2メートルくらい吹っ飛んで頭をぶつけた。元ヤンキーじゃないのかと思ったけど、宝塚でしたね」とチクリ。これには真矢も「本当にすいません」と恐縮しきり。
さらにこの日は七夕が近いことにちなみ、各自が本作のように“ぶっ飛んだ”願い事を短冊に書いて公開。藤原は主役らしく「“2”をオールメキシコロケで」と願ったが、玉城は「旅行好きなんですが女の子1人で行くと危ないよと言われるので、体格の良い男の人...武田さんに変身して旅行に行きたい」というユニークな願望を披露。すると武田は「玉城さんの魂が私の体に宿るということですか?」とやや動揺しつつ、窪田に「(その状態で)会ってあげようか?」と尋ねるも窪田は「大丈夫です」とつれない返事。また真矢は「学生になりたい。2年くらい前に大検を取ったのでキャンパスを歩きたいんです」と明かし、蜷川監督から「じゃあ次は学生役で」と誘われ苦笑していた。
映画『Diner ダイナー』は全国公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.