画像: 高畑勲監督の初の大規模回顧展『高畑勲展』

高畑勲監督の初の大規模回顧展『高畑勲展』

「高畑勲展ー日本のアニメーションに遺したもの」は、日本のアニメーションの草分けとしてさまざまな作品を世に送り出し、宮崎駿、鈴木敏夫とともにスタジオジブリを設立してからも世界が感動に震える作品の数々を送り出し、昨年82歳で惜しくもこの世を去った高畑勲さんの回顧展。高畑さんは絵を描かない監督として、初めての長編「太陽の王子 ホルスの大冒険」から、「アルプスの少女ハイジ」「赤毛のアン」「じゃりン子チエ」、「火垂るの墓」、そして「かぐや姫の物語」まで、作品ごとに表現方法を追求してきた。たくさんの歴史の残るアニーメーションをどのように作り上げたのか、演出というポイントに着目し、多数の未公開資料とともに紹介。クリエイターたちとの交流や、共同制作のプロセスを通じて、高畑さんの仕事の秘密が明らかになる。
会期中には記念講演会も行われる。
ローソン・ミニストップ店頭Loppiで発売中
【会期】7月2日(火)〜10月6日(日)10〜17時
※金・土は21時まで。入館は閉館30分前まで。休館日は、月曜(7月15日、8月12日、9月16・23日は除く)、7月16日、8月13日、9月17日、9月24日
【会場】国立近代美術館
【料金】一般1,500円、大学性1,100円、高校生600円
【チケットの購入及びお問い合わせ】 https://l-tike.com/event/takahata-ten/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.