画像: 乃木坂46 齋藤飛鳥 ✕ 与田祐希 4年ぶりのドキュメンタリー! 2人のお気に入りシーンは...

乃木坂46 齋藤飛鳥 ✕ 与田祐希 4年ぶりのドキュメンタリー! 2人のお気に入りシーンは...

映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』
Nogizaka 46 Special Interview
『悲しみの忘れ方』から4年、乃木坂46、待望のドキュメンタリー第2弾。結成から7年目を迎えた2018年9月。22枚目となるシングルの選抜発表の場で、エース西野七瀬の卒業が発表された。それを機に、少女たちはそれぞれの思いを胸に過去、現在、そして未来を見つめなおしていく...。本作で西野同様、印象的な姿を見せる齋藤飛鳥と与田祐希を直撃。
4年ぶりのドキュメンタリー! 2人のお気に入りシーンは...
与田祐希(以下:与田)「飛鳥さん、プライベートのときもけっこうみんなといるときそのままですよね」
齋藤飛鳥(以下:齋藤)「そうだね。でも私、この映画の中で1番か2番くらいに好きな場面が、与田のプライベートのシーンなんだよね」
与田「えー!」
乃木坂46、待望のドキュメンタリー映画第2弾『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は、2人にとっても特別な作品となった様子。劇中では、乃木坂46としてではない、2人のプライベートな時間も描かれている。互いのプライベートな表情を見て...。
齋藤「与田が地元に帰って、おばあちゃんが自分の記事をファイリングしてくれているのを見て泣いているシーン、すごく好き」
与田「私は、飛鳥さんが(自分に)“あまり期待しない”みたいに言っていたのが、だんだんそこに込めた想いが明かされていって...最後の言葉にグッときました。でもそれを言ったらネタバレみたいになっちゃうから(笑)。飛鳥さんって素敵な女性だな、って」
齋藤「怖いんだけど(笑)」
与田「でもそう思いました」
齋藤「ありがとうございます(笑)。与田はずっと泣いてたよね、出てくるたびに泣いているな、と思った(笑)。でも、その私の好きなシーンは、何の予兆もなく、しかもけっこう大粒の涙がぽろっと流れて、それが普通に画として美しいなと思ったんだよね。私はけっこう親とか家族系の話に弱いので、私もそこでちょっと泣いたし...」
与田「ええっ」
齋藤「やっぱりウソ。グッときた、くらい(笑)」
改めて気づいた!? 乃木坂46は「よくくっつく」
岩下力監督が撮影を始めた当初、これがドキュメンタリー映画になるとは知らなかったという。
齋藤「岩下監督は1年半近くいろいろな現場に来て、自然な感じでいてくださっていたので、最初のころは何を撮っているか分からなかったんです。ただいらっしゃるときもあったりして。どの画がどんなふうに使われる、とか私も他のメンバーも知らなかったし、私のシーンでも“ここ撮られてたんだ”みたいなところもあって。完成するまでどんな映画になるのか予想もつかなかったですね」
与田「すでに撮影されていて、何も知らない中で、ある日突然ドキュメンタリー映画になりますと言われたんですよね。ずっと自然に撮ってもらっていたから、私が活動してきて好きな乃木坂46がそのまま映っていると思いました」
齋藤「映画を見て、乃木坂46っていいグループだなと思いましたね。レコード大賞のときの様子も描かれていて改めてすごいなと思ったし、メンバーがけっこう深く自分の考えを話しているのを聞いて、こんな強い意志を持った人たちの集まりにいることができてよかったと思いました」
与田「前作のドキュメンタリーのとき、私はただの中学生で、そのときに感じた乃木坂46の良さも改めて感じましたし、自分がその中、映像の中にいることにうれしくも不思議な気持ちになりました」
映画で客観的に見た乃木坂46の特徴は...。
齋藤「よくくっつく(笑)。ちょっと怖いですよね」
与田「飛鳥さん、桃ちゃん(大園桃子)に髪を“食べられて”いましたよね(笑)」
齋藤「私も普通に触ったり自然にすることはありますけど、みんな、あまりにもそれが多い(笑)。結成からもう7〜8年経っているのに変わらない。むしろ増えてるくらい。それくらい距離が近いので、どうやってその人間関係が作られていくんだろうという怖さもあるし、自分がそこに含まれているということが、昔の自分を考えると不思議です」
与田「私も学校に通っているときには仲良しグループに入ったことが無かったし、人にくっつくタイプではなかったんですけど乃木坂46に入ってからは...。映画を見て“こんなに私、人にくっついてるんだ”と思いました(笑)」
カメラが見つめた出会いと別れ。その中で抱えていた思いとは。
その仲の良さゆえに切なさや悲しみに包まれることもある。エース西野七瀬の突然の卒業発表に動揺する与田。自分の中にもいろいろな思いを抱えながら、不器用な大園を見守る齋藤。カメラはそんな2人の揺れる表情を通して乃木坂46の特別な結びつきを浮かび上がらせる。
与田「映画で、西野さんが私のことを話してくれているのを見て、もう朝から泣きました(笑)。あのときはもう西野さんが卒業するなんて想像もしていなくて。びっくりして、もういなくなっちゃうんだと思うとさみしくて。ずっと引きずって泣いていました。他のお仕事でも会うたびに悲しくなっちゃって。なんか、恋する中学生男子みたい(笑)」
齋藤「私も別に先に知らされていたわけではないですけど、同期なのでなんとなくそろそろかなと察することはできていたし、その前に少しだけ七瀬と将来の話をしたことがあったので、その時が来たんだなと受け入れることができました。そのときは次のシングルで自分がセンターになるとは思っていなかったので、明日から自分がどうしようという気持ちも特に無くて。ただ本当に決断したんだな、と。でも心の中は分からないけどいつもと変わらないテンションで発表していたので、やっぱり強いなあ、と思っていました」
与田「西野さんには『逃げ水』のとき隣で支えてもらったというより立たせてもらっていたというくらい助けてもらっていたので。どうしたらいいのか何も分からないとき、不安過ぎて泣くしかないときもずっと隣にいてくれて、いつも優しくしていただいていたんです」
一方、レコ大の後に感無量の大園を抱きしめた齋藤は...。
齋藤「大園とは特別仲がいいとかいうことでは全くないんですけど(笑)。でも考え方が近いなと思うことは多かったので気にはかけていたんです。彼女はすごく純真だけど、現実をまっすぐ見ていると思ったら俯瞰で見ているときもあったり、と思うとすごく感情的になったり、けっこう変わるので、この世界って、そうやって心をすぐに動かし続けていると疲れてしまうから、そういう意味で少し心配していました。大園自身は乃木坂のことがすごく好きで、だからこそ悩んでいる姿を、私は近くで見ていて。でも私は励ましたりするタイプじゃないからいつもうん、うん、と話を聞いているだけだったんです。大園からあの言葉が出たときは、その気持ちがすごく分かりましたし、レコ大という特別な場で私自身も高揚していたし、それと少し反省というか。あんなに話を聞いていたのに普段から私の言葉でそう思わせてあげられなかったな、と。意外と力になってあげられていなかった、ごめんねという気持ちもあったし。いろんな感情が渦巻いていました」
昨年、レコ大を受賞したとき“これを1度で終わらせちゃいけない”と話し合ったという。グループとしての思い、そしてそれぞれの思いを胸に、出会いや別れ、再会を経験していくメンバーたち。
与田「私が入ってきたときすでに乃木坂46は大きなアイドルでした。それが突然18枚目のシングルでダブルセンターを務めることになって、不安過ぎて。でもみんな優しいんですよ。スタッフはもちろん先輩や同期のメンバーたちもみんな優しいんです。だから頑張れたんだなと振り返って思いました」
齋藤「みんな、器が大きいなと思いました(笑)。映画の中でも私は、メンバーに本当の自分を見せるのが...みたいなことを話していましたけど、そんなの別に見せたらいいじゃないですか。7年も8年も一緒にやってきて、家族以上にずっと一緒にいるんだし、そこで別に気を使う必要はないのにずっとウダウダしている私のことも受け入れてくれるし、与田みたいなボヤボヤしている人にも優しく手を差し伸べるし(笑)」
与田「本当にありがとうございます(笑)」
齋藤「乃木坂46は本当に器の大きな人たちがたくさん集まったグループだと思います」
いつのまにか彼女たちが立っていたその場所はあくまで乃木坂46の通過点。その器の大きさで、さらに羽ばたこうとするその姿をお見逃しなく。(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)
『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』
監督:岩下力
出演:乃木坂46
東宝映像事業部配給/全国公開中
公式サイト... https://www.2019-nogizaka46.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.