画像: 乃木坂46キャプテン桜井玲香「背伸びした目標も言えるようになった」新作ドキュメンタリー初日舞台挨拶

乃木坂46キャプテン桜井玲香「背伸びした目標も言えるようになった」新作ドキュメンタリー初日舞台挨拶

乃木坂46ドキュメンタリー映画 第二弾『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』の初日舞台挨拶が5日、都内にて行われ、秋元真夏、齋藤飛鳥、桜井玲香、堀未央奈、与田祐希と岩下力監督が登壇した。
アイドルグループ乃木坂46の4年ぶりとなるドキュメンタリー。完成作を見た感想を問われた秋元は「生ちゃん(生田絵梨花)は一般的には才色兼備で清楚でかわいい女の子というイメージですが、この映画の中だとすごくカッコよくて、支えになる言葉をくれる。映画を見終わったとき“私、生ちゃんと付き合っているんだっけ?”と思うくらい(笑)」と、自身と生田とのシーンが印象的だったと振り返った。一方、齋藤は西野(七瀬)と高山(一実)のシーンをあげ「2人が寝転がっている姿を上から撮っているシーンがとてもきれいなんです。そんな楽しそうな中でも少しだけ高山が寂しそうな顔をする瞬間が入っていて、胸がキューっとなる、好きなシーンです」とコメント。
さらにキャプテンから見てグループの変化や、変わっていない部分は、と聞かれた桜井は「責任感がものすごく増した」と回答。「最初のころは“紅白に出たい”とか“ドームに立ちたい”といった、ちょっと背伸びした目標を言えなかったんです。今はちゃんと自信を持って、自分たちのレベルよりも少し上のことも背伸びして言えるようになりました。それはグループにとって大きいことで、変われたから今こうしていろんなことが経験できていると思います」と胸を張り「でも進んではいるけど少し、つまずいたりして、また立ち上がっていくところは昔から変わらず、それがいいところだと思います」と笑顔。
すると堀も「自分が過去を振り返ってうまくいかなかったことや、あのときこうしておけばよかったという後悔など、後輩に自分と同じ辛い思いをしてほしくないので、なるべくメンバーのことを見てアドバイスをしたり助けてあげたいなと心がけています」と先輩としての自覚を語り、与田も「すごく緊張するタイプで人前に立つと手足や声が震えていつもガチガチになっってしまうんですが、今日このステージで震えていないのは成長したかなと思います。自分では気づかなかったけど映画を見て“変わったんだ”と感じた部分がありました」と、メンバーもそれぞれ自身の成長を感じている様子。そんな成長の証か、与田は「よく見ると2回ほど、私の家族である“ごんぞう”というヤギが出てきます。少し申し訳ない気持ちもありますが、そこも注目してもらえたらうれしいです(笑)」と劇中に登場する自分のヤギをアピールする余裕を見せ、会場を和ませていてた。
映画は全国公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.