画像: 夏フェスシーズン本格スタート「S2O Japan Songkran Music Festival」

夏フェスシーズン本格スタート「S2O Japan Songkran Music Festival」

7月に入り、2019年の夏フェスシーズンが本格スタートだ。この3連休には都内はもちろん全国各地で同時多発的にフェスティバルが開催される。
関東近郊でもさまざまな大型音楽イベントが開催されるが、そのなかで注目したいのが「S2O SONGKRAN MUSIC FESTIVAL (エス・ツー・オー・ソンクラーン・ミュージック・フェスティバル)」だ。タイの旧正月「ソンクラーン」に行われる水かけ祭りに由来するフェスで、2015年にタイのバンコクで初開催。2018年には日本に上陸した。
フェスでは、ステージから巨大ホースで水が撒かれる。オーディエンスは、その水しぶきを浴びながらダンスミュージックを体感できる。それが、世界一ずぶ濡れになるとされる音楽フェスとされる理由だ。
昨年は2日間で延べ2万人を動員するほどの人気で、今年は会場を千葉県立幕張海浜公園に移し、パワーアップして開催される。
出演するのは、世界で活躍するトップDJ14組。
S2O Japan Songkran Music Festival
【日程】 7月13日(土)、14日(日)12時開場/14時開演
【会場】県立幕張海浜公園 S2O JAPAN特設会場
【料金】1日券(防水携帯ケース付)1万5000円、VIP1日券(防水携帯ケース付、VIP特典付)3万円
【出演】Knife Party、Yellow Claw、Nicky Romero、Showtek 他
【URL】https://s2ojapan.com/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.