画像: 横澤夏子、インスタ人気の美少年・翔くんにネタ“手首で汗をふく女”をやってみせるも...

横澤夏子、インスタ人気の美少年・翔くんにネタ“手首で汗をふく女”をやってみせるも...

「ビーズハーバリウム in ヒビヤアカリテラス2019」点灯式が11日、会場の日比谷公園にて行われ、お笑い芸人の横澤夏子と、SNSでブレイクしたハーフ美少年・翔くんが登場。幻想的なイルミネーションの点灯式を行った。
「ビーズハーバリウム in ヒビヤアカリテラス2019」は花王「ニュービーズ」の世界観を表現した夏のイルミネーション。ボタニカルな光るハーバリウム400個が日比谷公園を彩り、幻想的な空間を演出する。
結婚から約2年。「まだ幸せに暮らしています(笑)。頑張って奥さんをやっています」という横澤。洗濯にまつわるエピソードを問われると「旦那のワイシャツを洗って干すときにパン、パンとやるのが夢だったんですけど、旦那に“エリがちょっと...”とか“ソデがちょっとな...”と言われてワイシャツは1回しか洗っていません。他は全部、洗っていますけどワイシャツだけは洗わないぞ、と」とキッパリ。
そんな横澤を癒してくれる“ニュービーズの妖精”として、インスタグラムで話題の美少年・翔くんが登場すると横澤は「本当に妖精! インスタも拝見しているんですけど、生で見たらこんなにかわいいなんて...」と大興奮。
日本人の母とドイツ人の父を持つ翔くんは、ロサンゼルス在住の13歳。10歳のころに母がインスタグラムに投稿した写真から、一躍注目の的に。現在は34万人のインスタフォロワーを持つ。
息を合わせてイルミネーションを点灯させた2人。横澤は「夏のイルミネーションもいいですね。旦那と明日から来ます」とはしゃぎ、翔くんも「とってもキレイなので友達にこんな場所があるんだよって教えてあげたいです」。ガールフレンドは、と聞かれると「ガールフレンドはいません。友達と来たい」と照れ笑い。1年で10センチほど伸びたという翔くんに横澤は「男の子という感じだったのが、だんだん青年になってきて。今後が楽しみですね。こんな子がウチにいたら...」とうっとり。さらに、7月20日に誕生日を迎える横澤に、翔くんから花束が贈られると「20代のうちにこれ以上いいことはもうないと思う」と癒されていた。
点灯式後の囲み取材では、横澤の印象を聞かれた翔くんから「背が高くてモデルみたい」と言われメロメロ。「いつもは“手首で汗を拭く女”というネタをやってるんだけど...」と翔くんにネタを見せたり、ロサンゼルスの夏のおすすめスポットを聞かれ「ロサンゼルスの海」と答えた翔くんに「私なんて日本海の、新潟の海しか知らない。でも日本海の荒波もすてきだから見に来て」と地元アピールをし、やや苦笑されていた。
「ビーズハーバリウム in ヒビヤアカリテラス2019」は7月12日から21日まで、日比谷公園にて開催。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.