画像: “キュラソのー怪鳥”ジョーダン・ピケオー【格闘家イケメンファイル Vol.101】

“キュラソのー怪鳥”ジョーダン・ピケオー【格闘家イケメンファイル Vol.101】

2015年のKrush後楽園大会で佐藤嘉洋に衝撃KO勝利という鮮烈な日本デビュー戦を飾ると、カリブ海の魅惑の島で育まれた太陽のような “ピケオー・スマイル”と、リング上でのアグレッシブなファイトスタイルで一気に日本の観客のハートをわしづかみにした“キュラソーの怪鳥”ジョーダン・ピケオー。翌16年に第4代Krushスーパー・ウェルター級王座に輝いて以来、ついに今年6月には神保克哉に実力差を見せつける形でK-1 KRUSH FIGHT史上最多となる5度目の防衛を果たした。同時にVS日本人選手の無敗記録も更新。そんなKRUSH絶対王者が次なる標的として狙うのは同じく笑顔がチャームポイントの“微笑みスナイパー”久保優太が保持するK-1 WORLD GPウェルター級タイトルだ。
「KRUSHのベルトを防衛し続けるということは常に自分自身に課して対外的にも宣言してきているから、今回も有言実行できて最高の気分だよ。自分はいつだって“とにかくベストを尽くすんだ”ってことを心がけてやってきて、その結果こうして日本のリングで前人未到の記録を残すことができているというのは、特別な気持ちになるよね。しかもありがたいことに応援してくれるファンがいっぱいいて、外国人の自分に対して多くの日本人が“久保優太選手に勝ってK-1王者になってくれ!”なんてメッセージをくれるのは、すごいことだと思う。ユータ(久保優太)との対戦はかれこれ1年くらい首を長くして待ち望んできたことだから、彼とのタイトルマッチを組んでもらえるっていうなら、すぐにでもやりたい!って思ってる」
K-1 WORLD GPウェルター級タイトル獲得という目標の先ももう見据えている?
「さあどうしよう?(笑)武尊と戦ってみる? なんてね(笑)。実際のところK-1の67.5kgにも70kgにも戦うべき選手がたくさんいるし、城戸康裕と、まあ彼の場合いつも冗談めかしちゃうんだけど(笑)、マジでK-1がその機会をくれたら、彼とK-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級の王座をかけて戦うことにもなるだろうね」
K-1で戦うことや、そのタイトルを獲得することには特別な想いがある?
「オレにとって、K-1チャンピオンになることは格闘技を始めてから、ふたつ目に抱いた夢なんだ。最初の夢は“世界王者になる”ってことで、それはいろんな団体で実現できてKRUSHでも達成することができた。K-1は自分が格闘技を本気で始めたきっかけのひとつでもあるんだよ。まあ自分がテレビで見ていた当時のK-1と今は違うってことはさておいても、例えば2008年のK-1 WORLD MAXでは(アンディ・)サワーやブアカーオ(・ポー.プラムック)が活躍しててすごかったよね。熱があって。“オレも絶対強くなるんだ!”っていうモチベーションにもなったし、K-1に出てタイトルを獲ることはデカい夢だと思えた。それにオランダで格闘技やっててK-1王者になるというのは誇らしいことでもあるからね」
たしかにオランダはキックボクシングが盛んですが、とはいえサッカー大国でもあります。一方キュラソーは野球大国として有名。格闘技以外のメジャースポーツをやるという選択肢は?
「ちっちゃい頃からヤンチャで喧嘩ばっかりしてたからね、キックボクサーになったのは自然の流れというか(笑)。とはいえ本気で始めたきっかけがあるんだよ。18歳の時のことで、想像つかないと思うけど当時のオレは体重が84kgくらいあって、(腕を見せながら)ほらストレッチマーク(肉割れ線)があるだろ。それで、今はMike’s Gymの仲間でもあるクリス・バヤと一緒に、当時あるジムでトレーニングしていたんだけど。自分たちは強いって思ってたこともあって、ふたりして下の階で練習してる40代のオッサンにちょっかい出したんだよね。“おい、強そうな奴がいるぞ、やっちまおうぜ”って。その結果ふたりまとめて返り討ちにあってしまったんだ(笑)。顔腫らして目には青アザっていうボロボロの状態で帰ったら、その時、家では母親が、ルンルン♪って感じで伯母と電話中だったんだけど、オレの顔を見るなり血相変えてさ、“ちょっと! どうしたのアンタ!? 戻ってやり返してきなさいよ!”って(笑)。勝気なキュラソーの女性の典型だね(笑)。まあオレも40歳過ぎのオッサンにやられるなんて信じられなかったけど要するにその彼はキックボクサーだったわけだ。それでオレも奮起して6カ月めっちゃ真面目に練習したんだ。キックボクシングの戦い方とかを丁寧に教えてもらって、そんな助けもあって日に日にメキメキと成長することができた。それで9カ月後になって、やられたジムに仕返しに行ったよ(笑)。で、それからもトレーニングを続けていた中で、リングで試合をするきっかけは、2年ほど前に他界した親友のダニエルが与えてくれた。彼はオレが練習する様子をずっと見ていて目をかけてくれてて“試合をしてみないか?”って言ってくれてたんだけど、試合すると負けるかもしれないじゃん? オレ、負けることが嫌だったんだよね(笑)。そしたらある時ダニエルが“よし、じゃあ試合して、勝ったら500(5万円相当)やるよ”って言うんだ。しかも、“KOしたら、その倍やる”って。“マジかよ”(笑)って感じで受けることにした。そんなわけでオレはKOするために手を尽くそうと頑張ったんだけど、なんだか知らないけど対戦相手がオレを前にしてすごいビビっちゃって。試合の流れがちょうどこの前の神保戦みたいな感じになってしまってKOできなかったんだけど、勝つことはできた。そうしたら、“お前には才能があるから、これからも試合をすればカネを払うよ”ってことで、試合を重ねていくことになった。これが格闘家としての出発点だよ」
いまや “ピケオー・スマイル”はKRUSH、K-1でもすっかり定着して、明るさと笑顔はピケオー選手のトレードマーク。しかし、これまで日本人にとってオランダの格闘家というのは大抵いかついデンジャラスな印象だった。
「そうだね、オランダの選手って自分をよりデカく強く見せようとしたり、そのために悪態つくようなイメージもあるけど、オレはそういう選手たちとは根本的に違うんだよね。素で明朗快活っていうのかな。周りからもジョークをよく飛ばすおもしろいヤツっていうふうに思われてて、見たまんまっていうか(笑)。で、もちろん試合ではきっちりしっかりと結果を出す。オランダで30戦くらいしてきて、“テメー、ぶっ殺す!”みたいに悪態で煽ってくる選手もたくさんいたけど、実際戦ったあとはみんないいヤツで仲良くなれるよ(笑)。オレは、自分の振る舞い次第で他人の見方も変わるものだと思ってるから、ありのままの明るい自分がいい。それから、自分はそもそも格闘技が大好きで、戦うことが何より楽しいんだ。だから、いつも笑顔でいられるんだよ」
戦績が輝かしいだけでなく、そんな明るいキャラクターと持ち前のルックスもあって、さぞかしモテるのでは?
「うんと、オレがモテるかどうかっていうよりも、キュラソーの男は大体こんな感じなんだよ(笑)。そういう意味では、むしろ女性はキュラソーに行ったら大変なことになっちゃうと思うから、気をつけてほしいかな(笑)」
出身地のオランダ領キュラソーではどんなふうに育ったのでしょうか?
「生まれた場所はオランダなんだけど、赤ん坊の頃に両親の故郷であるキュラソーに移住して、その後、8歳の時に再びオランダに戻った。それからは2?3年に1回くらいキュラソーに帰るというような生活をしていたんだ。キュラソーは貧しい土地なんだけど、物価もすごく高くて服を買うにも何をするにもオランダよりも倍以上のお金がかかる。そういうハードな状況下で、みんな家族を養って生活していかなきゃいけないわけだから、そんな社会では必然的に犯罪も起きやすくなる。だから厳しい生活を強いられていたよ。今も母親はキュラソーで暮らしていて伯母の面倒を見ているから、オレも帰った時はサポートするようにしているし、自分が格闘技で稼いだ金は母親を支えるためにも使っているんだ」
現在はプライベートではどんな生活を送っている?
「ヤンチャ坊主が3人いるから大変だよ(笑)。暴れん坊なのは父親の仕事のせいなのかなあ?息子たちと遊ぶ時はサッカーから野球にテニスまでボール遊び中心に一緒にできることはなんでもやるようにしてるんだけど、いちばん上の8歳の子とはブルース・リーごっこみたいな感じで“アチョー!”とか言って遊んでて、オレは必ずヤラれたフリ(笑)。おかしいのはさ、いじめっ子ぽいヤツが通りかかるとそんなヤラれ役の父親の背中にサッと隠れたりするんだよね(笑)。下のふたりは2歳と1歳でまだ小さいんだけど、幼稚園にあがった時にいじめられたりしないように護身を覚えてもらおうってことで、オレがけしかけてこのふたりに戦わせてるんだ(笑)。チビたちがやり合ってるのって、すごい面白いんだよねえ(笑)。教育上は嫌がられているけどね。テレビで試合を見て“パパ! パパ!”って指差してくれたりして格闘家としての父親も認識してるし、憧れてくれているような様子だけど、ただ格闘技は大怪我する可能性もあるし脳の障害とか重大な後遺症につながることもあるような危険なスポーツだから、やっぱり父親としては子どもたちにはもっと安全な道を選んでほしいとは思ってる。もちろん本人たちが格闘家になることを望むというなら全力でサポートはするつもりだけど、できればスポーツは格闘技よりも安全なサッカーとかにしてほしい。それはそれでお金がかかるから頭が痛いけど(笑)。オレにとって何よりも大切なのは“子どもたち”だから。ファミリーというつながり以上に自分の子どもたちのことが一番大事なんだ。世の中には、お金をたくさん稼ぎたいだとか高級な家に住みたいだとか、いろんなオトコの願望みたいなのがあるだろうけど、自分にとって重要なことは大切な子どもたちの面倒を見るっていうことに尽きるよ、それが自分のすべてだと言ってもいい」
お子さんと遊ぶ以外にはフリータイムはどんなことをしている?
「そうだなあ。映画を見るのが好きかな。アクション映画が好きで、MARVEL作品とか『ジョン・ウィック』とか。あとはジェイソン・ステイサムが出てるような作品が多いかな。アクション・スターだと、上世代で言うところのブルース・リーみたいな存在がオレたちにとってはジェット・リーで、10歳くらいの頃は近所の子とよく見て、ごっこ遊びしたものだよ。Netflixあたりで配信されているドラマもよく見てる。『ゲーム・オブ・スローンズ』とかMARVEL作品とか。あと、日本のアニメも見てるよ!『DRAGON BALL』、『ONE PIECE』、『NARUTO』とかが特に好きだね」
持ち前のルックスも生かしてゆくゆくはアクション・スターという道も?
「え? オレが?(笑)想像つかないなあ。この先もしもそんなオファーがあったら、考えてみることにするね(笑)」
キュラソーの怪鳥 ジョーダン・ピケオー
2015年5月のKrush後楽園大会で初来日し、佐藤嘉洋にKO勝利の衝撃日本デビューを飾る。2016年4月に中島弘貴に勝利して第4代Krushスーパー・ウェルター級王座獲得。以降、防衛を重ねK-1 KRUSH FIGHT史上最多の5度の防衛に成功する。K-1ではウェルター級で野杁正明にも勝利を収めるなど現在、日本人相手に無敗の11連勝中。第4代K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級王者、WMTAベネルクス-70kg王者。戦績 54戦 46勝(20KO) 7敗 1分。Twitterアカウント:@JordannPikeur

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.