画像: シュートボクシング新時代のエース海人インタビュー 「車と服が好き。でもSNSは苦手です」

シュートボクシング新時代のエース海人インタビュー 「車と服が好き。でもSNSは苦手です」

格闘技で「立ち技」というとだいたいキックボクシングのことを指すのだが、そこに絞め技や投げ技を加え、「立ち技ヴァーリトゥード」と言われるのがシュートボクシング(SB)。女子ではRENAが「SBの絶対女王」として君臨。メディアでもすっかりおなじみの存在となっているが、男子のエースとして活躍するのが海人。
SBは創始者のシーザー武志(現日本シュートボクシング協会会長)をはじめ歴代エースたちは武骨で男らしさを前面に押し出した選手が多かった。しかし海人はそういった雰囲気からは一線を引く、いわゆる“しゅっとした”タイプ。昨今の格闘技界はイケメンの選手が多いが、そんな中でも海人のイケメンぶりは群を抜く。そもそも格闘技を始めたきっかけは?
「小さい時から外で遊んだりスポーツをしたりというのが好きで。それでおばあちゃんになにかスポーツやってみいひんか?と勧められて、たまたま家の近くにあったジムに行って格闘技を始めるということになりました」
その中でもSBを選んだのは?
「たまたまそこのジムがシュートボクシングのジムだったんです」
ではそこが普通のキックボクシングのジムだったらキックの選手になっていたかもしれない?
「どうでしょう。SBのルールが好きなので、もしかしたらこっちを選んでいたかもしれないです」
投げや絞めがあるのがいい?
「投げとか絞めも割と好きなほうです。もちろん立ち技のパンチとかキックも好きですけど」
そのジムに入ったのはいつごろ?
「昔はグローブ空手に出ていたので投げとか絞めはなかったんですけど、遊びでそういうことをやっていて面白いなというのはだんだん感じてきていたんです。それでシュートボクシングのルールを聞いたら“あ、これ意外に好きやな”って思い始めたって感じです」
小さい頃にけっこう喧嘩をしていて、それで投げとか絞めがあるのが好きなのでは?
「そうですね、はい(笑)。割と多かったかもしれないです(笑)」
格闘技以外のスポーツは? 球技なんかは?
「全く。格闘技だけですね。球技はまあ普通にはできると思いますけど、そんなに得意なほうではないです」
ではやるべくして格闘技をやっている?
「今となってはそう思います」
海人は2014年にプロデビュー。一昨年が7試合、昨年は10試合に出場している。ほぼ練習と試合と休養の日々? アルバイトや仕事をしながらプロとして活躍する選手も多いが、このスケジュールだとそういうことをやっている時間はないのでは?
「そうですね、今は格闘技だけでやらせてもらっています」
現在はどういう生活パターンを?
「朝起きて、昼前から一部練習。そのあとご飯を食べたりゆっくりして、二部練習、そして夜に練習という感じ。それを週6でやって日曜日が1日休みという感じです」
練習漬けという感じ。若さゆえ?。
「そうですけどベテランの方でも週6やっている方は多いと思います」
「車と服が好き」という海人。そう聞くと“今時の若い子”と言われそうだが、どうやらちょっと違う。
「18歳で免許を取りました。運転するのもスピードも好きですけど、乗り回したりという乗り方ではないです(笑)。プロになってからは“ぶっ飛ばす”ということもないですね。今時の車というよりは旧車というか古い車が好きなので、そういうものを展示しているところに行ったり、友達が乗っていたらそれに乗させてもらったりとかしています」
旧車が好きというのは誰かの影響?
「誰かの影響とかではないですが、もともと『頭文字D』というアニメを見ていて、そこから入っていったら、古い車も好きになっていったという感じです」
世代的に旧車が好きというのは多い? ブームだったりする?
「この世代では少ないと思います。僕の周りの友達にこの話をしても全然伝わらなかったりするので。頭文字Dって言っても全然分かってもらえないですね」
海人にはいつもセコンドについている兄がいるのだがその影響?
「お兄ちゃんも2つしか上ではないので『頭文字D』の世代ではないですね。お兄ちゃんは車とか全然興味ないですし」
じゃあなぜ『頭文字D』?
「なんでなんですかね(笑)? たまたま見ていたのが『頭文字D』やった。もともと映画でもカーアクションとかを見ることが多くて。そこから車が好きになったら『頭文字D』にたどり着いて、そこから古い車に行って、という感じ」
気になるものは深掘りしちゃう?
「行っちゃうと思います」
それが今は車とか服。
「格闘技以外の事でいえばその2つかもしれないです」
今の21歳が好きなファッションと、自分が好きなファッションは一致している?
「割と...。でも古着とかも結構好きでそういうものも着たりもするので、今時のもあれば、昔のものもという感じ」
特に決めたブランドがあるわけではなく?
「はい。ファションはいろいろなものを試していきたいという感じです」
今時といえば海人はそれほどツイッターなどでつぶやくこともない。SNSはあまりやっていない?
「普段から携帯をいじることが少ないんです。連絡が来たら返して、というくらい。SNSもちゃんと自分で見たことないですね(笑)」
格闘家は試合のお知らせやファンとの接点としてSNSを利用する人は多いのだが...。
「SNSはちょっと苦手やと思います(笑)」
炎上したことがあるとか?
「そういうのはないんですけど(笑)。文章を書いたり、載せるのにも悩んじゃって途中で辞めてしまったりとか。そもそもあまり携帯をいじることが少ないです」
みんなが携帯をいじっている時間はなにをやっている?
「ぼーっとしていたりとか、喋ってくれる人がいたらしゃべっていたりとか(笑)。昔からゲームとかも全然しないので、携帯にもひとつもゲームは入っていないですね」
もともとテレビゲームも?
「しないですね。DVDとかテレビを見ているほうが好きですね」
海人は2月からRENAのように芸能プロダクションとマネジメント契約を結び、試合以外の仕事もしながらエースとして世間にSBをアピールしていく役目も担う。芸能関係の仕事も増えそうなのだが、会ってみたいタレントとかミュージシャンなんかは?
「うーん...。パッと出てこないですね」
練習漬けでテレビもあまり見ない?
「DVDが多いです。テレビを見ることもほぼほぼないですし。練習ばっかりで、ちょっと空いた時間は寝てしまったりとか。そういうことが多いですね。DVDは映画が多いです。映画は携帯でも見ます」
そこは今時。でも見る映画が古かったりとか?
「古いのも見ているかもしれない。TAXiとか」
『TAXi』は1998年公開の映画。1997年生まれの海人からしたら十分古い。その辺の趣味は誰かの影響?
「車を見ていたらそこにたどり着いたというか(笑)」
最終的には車にたどり着く。
「そうですね(笑)」
取材の日は別の取材もあって多くの撮影をこなした。リングコスチューム以外でここまでたくさん写真を撮るのは初めてなのでは?
「初めてです。いろいろな服をたくさん着させてもらって、外での撮影もあまりしたことがないので、ちょっと新鮮でもありつつ、緊張してしまいました(笑)。それにポーズの仕方がよく分からない。基本的にずっとファイティングポーズですから」
今日の出来は?
「全然。20点とか。もっとカッコよくできるようになりたいです」
今後はRENAのようにSBを世間に向けてアピールしていかなければいけない。具体的には何かやりたいことは?
「具体的なものは特にないんですが、今は挑戦させていただけるならなんにでも挑戦したいとは思っています」
バラエティーなどへの出演もありそう。喋りは?
「喋りは苦手なんで(笑)。こっちも頑張りたいと思います」
関西の人は面白いことを言って当たり前みたいに言われがち。それってプレッシャー?
「プレッシャーにはなります(笑)。でもみんなできちゃったりするんですよね。僕はあまりできないほうです(笑)」
今の近い目標と長い目で見た目標は?
「近い目標は以前に敗れているザカリア・ゾウガリー選手、チャムアトーン・ファイタームエタイ選手、そしてチャド・コリンズ選手にリベンジすること。これは早ければ早いほどいいと思っています。長い目で見た目標としてはシュートボクシングを一番の団体にしたいと思っているので、世界にシュートボクシングと僕を広めていけたらなと思っています。なので3人にリベンジした後はもっと強い奴。世界のトップクラスの人たちともどんどんやらせてもらって勝っていきたいです」
一昨年に鈴木博昭に勝ってから新エースと呼ばれるようになったのだが、その直前のザカリア戦の敗戦が大きなきっかけとなって鈴木に勝てた部分もあるのでは?
「ザカリア選手に負けた時は悔しい気持ちが強くて、“この人が今の自分の目標。世界のトップの人なんやな”と思ったんですけど、そこから格闘技に対しての思いとか考え方とかも自分の中で変わって、練習への取り組み方なんかも自分の中で変えて行った。そして鈴木選手と戦うことになったんですが、そこで新しい挑戦でもあるヒジありルールで試合をして、そこからですかね。以降、ヒジありのルールでの試合が増えたんですが、自分の武器が増えたなと思います」
ヒジの練習は?
「鈴木さんの時は全く練習していなくて、『マッハ!!!!!!!!』というムエタイの映画があるんですけど、それを見てちょっと勉強したくらいです(笑)」
イメージトレーニング?
「映画を見ながら“ああ、こうやって打つんだ”と思って、それが鈴木さんの時は試合に出せたという感じです」
シーザー会長は「負けないと強くならない」「負けを糧に」といったことをよく言うのだが、ザカリアに負けた時に言われた?
「試合が終わった後にシーザー会長に挨拶に行かせてもらった時に“ここからやぞ”と言われました。確かにその言葉で考え方が変わったというのはあると思います。それからより練習に取り組むようになりました」
昨年12月にはKNOCK OUTにも参戦し、水落洋祐にTKO勝ちを収めた。
「会場はS-cupと一緒だったんですが、全然雰囲気が違っていたし、ファンの皆様の空気感も全然違っていて新鮮なものを感じました」
敵地に乗り込むときにプレッシャーは?
「なくはないですけど、それを力に変えて頑張る気持ちになれるので、いいプレッシャーをもらえています」
もともと感じない?
「格闘技に関しては試合とかのプレッシャーはあまり感じないです。他のことになるとちょっと弱いかも」
他のこととは?
「テレビとか(笑)。“関西人やから面白いこと言うんやろ”みたいなのには結構やられるかもしれないです(笑)」
そこのメンタルが今後の課題?
「そうですね」
エースの自覚はいつごろから?
「エースとしての自覚...。鈴木さんとやらせてもらったときに新旧エース対決といわれていたこともあって、そこで勝って“自分が代わりに背負っていかないとあかんねんな”とは強く思いました。そしてそこから強い選手と対戦させてもらって、その中には他団体からSBに乗り込んでくる選手との対戦もあったので、だんだんですね。“自分がエースとして頑張っていかなあかん。シュートボクシングを盛り上げていかないとあかんな”と思ったのは本当に強い人とやらせてもらうようになってからだと思います」
鈴木選手に勝った時は「よしこれで俺がエースだ」とは?
「いやあ、その時はそこまで思っていなかったです。エースだなんて偉そうに言える立場じゃなかったので。それは今でもです。もっともっとみんなに認めてもらえるように自分でしていかないといかんなと思います」
理想のエース像って?
「自分らしく作って行けたらいいなとは思っています。誰かの真似をするのではなく、自分らしいシュートボクシングを見せていけたらなと思っています」
SBに限らず、日本の格闘技界でも今までいなかったようなエース?
「自分で新しいものを作って行けたらなと思っています」
となると一番の問題はやはりリング外の活動。そういうことに関してRENA選手からアドバイスなんかは?
「RENA選手には“カットされてもいいからとにかく喋る”“開き直ってやる”といったことを言っていただいたんですが、それが一番難しいですよね(笑)」

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.