画像: 女子ウケ必至、夏には夏のBBQ! アウトドアビアガーデン「THE FARM TOKYO」で夏野菜とビールを楽しむ

女子ウケ必至、夏には夏のBBQ! アウトドアビアガーデン「THE FARM TOKYO」で夏野菜とビールを楽しむ

東京駅から徒歩2分の好立地な屋外飲食店「THE FARM TOKYO」が夏メニューを提供開始した。その名も「Spicy summer party at the farm」。夏野菜を使った前菜やお酒がすすむ辛味肉などを楽しむことができる。
THE FARM TOKYOは東京駅の八重洲中央口を出て、交差点を渡ってすぐのところにある。工事現場のクレーンをバックに光るガーランドライトが発展途上の都会、という雰囲気を際立たせていて、どこか2020前の今年らしさを感じる。
中はアウトドアな雰囲気で、木のテーブルと緑の多さが都会にいることを忘れさせてくれる。が、上を見れば立ち並ぶ超高層ビルと工事現場、という独特の景観だ。
今回加わったメニューは新鮮で甘い夏野菜を使ったメニューたちだ。カレー味でお酒もすすむ「茄子とズッキーニのマサラマリネ」や、こだわりの甘みの野菜を使った「焼き枝豆」や「揚げとうもろこし」など約13種類のメニューが追加になった。
THE FARM TOKYOではがっつりとバーベキューやビアガーデンを楽しむこともできれば、ふらりと軽食を購入することもできる(バーベキューは事前予約制)。
バーベキューコースは3時間とがっつり! 焼肉からシメのカレーまで満腹にかるまで楽しめる。もちろんアルコールは一杯からでも頼むことができるので、会社帰りにふらりと外飲みに興じるのもオツ。一杯550円~と手軽に飲めるのがうれしい。女性にも飲みやすいフレーバー系のビールもそろっている。
昼時にふらりと寄るなら、特製の「ベジスムージー」もおすすめ。しっかりと野菜をとることができるので、夏バテしがちなこれからの時期でもワンハンドでエネルギーチャージできる。その場で作って出してもらえる新鮮なスムージーだ。そのほかフローズンヨーグルトやライスソフトなども提供している。ベーカリーも併設されており、そちらでは焼き立てのパンやコーヒーをテイクアウトすることも可能。
ところでTHE FARM TOKYOの入り口には巨大なトラクターが鎮座している。実はこれ、農機や建機などの重機メーカー「ヤンマー」のもの。そしてこの土地は元ヤンマー本社ビルのあった場所なのだ。
実はヤンマー本社はこの後、再度この土地に本社ビルを構えることになっている。後ろにそびえる工事現場はそのためだ。
THE FARM TOKYOは新しいヤンマー本社の工事が着工されるまでの期間限定施設なのだ。農業関係に自信のあるヤンマー企画の野菜料理は絶品ばかりなので、肉だけでなく「ベジ」も存分に楽しんでほしい。バーベキュービアガーデンといえば肉が主役になりがちだが、THE FARM TOKYOでは前菜メニューも多く取りそろえているので、女性でも楽しみやすいはず!
平成最後から連鎖的に、にわかに「令和最初の夏」なんて言葉もささやかれ始めている。やはり、夏といえば恋の季節。平成ジャンプし損ねた人も、今年こそがんばってほしい。まずは会社帰りに一杯、誘いやすい駅近ビアガーデンに意中の相手を誘ってみてはいかが?
THE FARM TOKYO
【期間】2019年4月5日(金)~10月31日(木)
【場所】東京都中央区八重洲2丁目1−1
【予約・詳細】https://thefarmtokyo.com/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.