画像: 武井壮、母校をサプライズ訪問!陸上部員にアドバイス「人生変わるから頑張って」

武井壮、母校をサプライズ訪問!陸上部員にアドバイス「人生変わるから頑張って」

東京2020オリンピック聖火リレーのグループランナーを公募する「#アクエリチャレンジ」PRイベントが17日、中央学院大学で行われ、タレントの武井壮が母校をサプライズ訪問。後輩の現役陸上部員と一緒に、オリンピック種目にちなんだゲームにチャレンジした。
このイベントは、スポーツ飲料「アクエリアス」が行なっている東京2020オリンピック聖火リレーのグループランナーを公募するサマーキャンペーンで、応募者がオリンピックで実施される33競技にちなんだ33のチャレンジから好きなものを選び挑戦。キックオフとして、アスリートの顔も持つ武井が登場し、陸上部での思い出を語ったほか、後輩である陸上部・駅伝部の現役部員19名と一緒に汗を流した。
この日、22年ぶりに母校の体育館を訪れた武井。会場となった体育館を見渡し「匂いまでなつかしい。実家に帰ってきたようです」と母校を懐かしんだ。中央学院大の教授によるスカウトがきっかけで進学を決めたという武井は、「ここで日本一を目指してました。(キャンパスにほど近い)国道356の坂道を1日も休むことなく走っていて。インカレで優勝もできたし、学費もタダだし!母校には感謝しかないですね。充実した学生生活」と当時を振り返った。
現在の中央学院大学について聞かれると、「ここ数年は箱根(駅伝)でも活躍していて、中継を見ると誇らしい気持ちになります。10種競技も学生チャンピオンを生んだチームだから、ぜひ後輩に受け継いでいってほしい。日本一質の高い練習を、日本一の量こなせば、絶対日本一になれます!人生変わるから頑張って」と部員を激励した。
学生からの質問では、ピンチの乗りこえ方について聞かれる場面も。アスリートはトップに行けば行くほど、苦しい練習を当たり前のようにするとした上で、「そこまでじゃ差はつかない。いつもそこからがスタートだと思って練習してました。苦しい時はチャンス」と、熱い武井節でアドバイスした。
イベントでは、自らの後輩でもある中央学院大学の陸上競技部・駅伝部の現役選手約20名と一緒に「#アクエリチャレンジ」にも挑戦!33種の中から2種類の種目にチャレンジした。
「シャドー葉っぱキャッチ」では、宙に舞う葉っぱをシャドーボクシングでキャッチすることに挑戦。制限時間10秒で、グループ全員で頭上から降ってくる10枚の葉っぱをキャッチできれば成功。1回目の記録は0枚と残念な結果に終わったが、 武井が持ち前の明るさで「みんな、頼むぞ!」と鼓舞し、2回目はなんと16枚ゲット。大成功に終わった。
つづく「エブリワンカップイン」では、グループ全員で一斉にパターを打つことにチャレンジ。全員連続でカップインすれば成功だが、みなゴルフ未経験であり、記録は8球中3球と失敗。「いやー残念!」と悔しそうな様子でゲームを終えた。
イベントを終えた武井は「みんなで何かやるのはいいですね。学生時代を思い出しました」と後輩との交流を楽しんだ様子。最後は「皆さんも仲間との絆を深めて、自分たちの新しい可能性を引っ張り出して」とキャンペーンをPRした。
「#アクエリチャレンジ」キャンペーンは、7月17日〜8月31日まで。Twitterに動画投稿した応募グループの中から、推薦された候補者を東京2020組織委員会が選考し、当選グループランナーを決定する。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.